サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

会員555万人突破&8周年 ポイントUPキャンペーン

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

夢見るレンタル・ドール 色の章
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.3
  • 出版社: 徳間書店
  • サイズ:19cm/309p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-19-862696-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

夢見るレンタル・ドール 色の章

著者 森 奈津子 (著)

恋人同士でありながら、肉体の交わりを持たない。少女の倒錯の蕾は、今、大きく花開こうとしているのだった。官能小説史上、最高の純愛。【「BOOK」データベースの商品解説】恋人...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

恋人同士でありながら、肉体の交わりを持たない。少女の倒錯の蕾は、今、大きく花開こうとしているのだった。官能小説史上、最高の純愛。【「BOOK」データベースの商品解説】

恋人同士でありながら、肉体の交わりを持たない愛理と雪彦。少女の倒錯の蕾は、今、大きく花開こうとしていた…。限りなく官能的で、限りなく甘酸っぱい、最高の純愛小説。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

森 奈津子

略歴
〈森奈津子〉1966年東京都生まれ。立教大学法学部卒。女流官能の旗手として性愛と笑いをテーマとした作品を多く発表。著書に「西城秀樹のおかげです」「からくりアンモラル」「電脳娼婦」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

正直、こんなにエロいとは思っていませんでした。いやはや、本物の18禁です。ま、面白いっちゃあ面白いんですが、娘に読ませるわけにはいきませんです、はい・・・

2009/09/12 20:21

6人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初に断っておきますが、エロイです。いえ、ジェイムズ・エルロイじゃなくて、シンプルにエロイです。同性愛だけのつもりで手にしたんですが、濡れ場の連続です。最初は普通の男女のシーン、いえいえ、完全に被虐的なショー形式で、それが次はレズ。その後は乱交、SM、ホモとまあ毎回毎回手を変え品を変え、正直、隠れての実演以外は、小説を除けば再現不可能。とうていわが家の結婚前の娘たちに読ませられるような内容ではありません。

それを出版社がどのように宣伝しているかといえば
                *
「愛里、本当に、どんな目にあわされても、いいんだね?」「ええ」「わたし、雪彦兄様を愛しているもの」「愛里、ぼくは理由まで訊いてないよ」スッと冷えた雪彦の声に、たちまち愛里は身を堅くする。「余計なことは喋るな。イエスかノーか、それだけをこたえればいい。今日からおまえは、ぼくの奴隷なんだからね」
18歳の乙女・愛里の恋人は、10歳年上、従兄の雪彦。でもその関係は、普通じゃない。愛里は雪彦の奴隷だったのだ。愛里はさまざまな性癖を持つ雪彦の知人たちに「レンタル」され、性の調教を少しずつ受けていく。そして雪彦はその代金で、愛里にひとつずつ、性愛のための道具を買い与えていくのだった……。
「特選小説」に長期連載された、性愛の夢想人・森奈津子の「妄想の集大成」
                *
がそうで、カバー折り返しの主な登場人物リストをコピーすると
                *
・愛理……本書のヒロイン。十八歳の大学生。雪彦に恋するあまり、“特別な関係”を受け入れる。

・雪彦……二十八歳。脚本家。愛理の従兄にして“恋人”。愛理を性の奴隷として扱う。

・静子……初老の婦人。バー〈ディオニュソス〉の経営者。「サチュロスの会」の世話役。

・城之内…老紳士。「サチュロスの会」会員。

・藤川……バーテンダー。「サチュロスの会」会員。愛理にとって初めての男性となる。

・美和子…フライトアテンダント。「サチュロスの会」会員。レズビアン。

・恵………愛理の親友。

・花奈子…恵と同じサークルに所属する少女。

・光………美少年。花奈子のクラスメイト。
                *
となりますが、これに少し補足しましょう。愛理は東京の私立大学の国文科に入学したばかりの一年生で、雪彦に性の奴隷、レンタル・ドールにされる時まで男を知りませんでした。で、彼女に最初に性的な触れ合いをするのが静子で、その次が城之内です。城之内は老人ということでもあり、男性としての機能は失っていますが、女性を喜ばせる技術と優しさでは若い人に劣りません。そういう意味で、最初に性の喜びを愛理に教えるのは、城之内です。

交わる、という意味で最初の男は藤川ですが、愛理はその男が藤川とは知りません。藤川は二十代後半のがっしりした体つきの男性ですが、職業柄か極めて人当たりがよい人間です。それと美和子ですが、レズビアンであっても、男がダメというわけではありません。年齢は二十代後半です。

恵はこの話の中で性的なことで語られることはありません。あくまで学校の友達です。でも花奈子は違います。この美少女はその美しさと無邪気な言動で愛理を戸惑わせ、魅了します。一応、ノンセクシャルとなっていて、愛理の思いには気づきません。そして愛理の前で、花奈子に手を出そうとするのが色事師てきな言動をする光です。

あとは読んでもらうしかありません。

この本のカバーのストイックさは、一見、これが奔放な女子大生の性を扱うほとんどポルノといってもいい小説のしれとは思えません。ほとんど真っ黒なところにピンクの細い文字があるだけのシンプルさで、ちょっと妖しいのは背で目立つピンクのマークです。何でしょうか、子宮のデザイン化したものでしょうか。でも、そのカバーから表紙のピンク色がチラっと見えるとこれがなんとも艶めかしい。そんな Design 岩郷重力+WONDER WORKZ。普通、装幀家は一応本の内容に目を通すそうですが、岩郷さんはこれをどう読んだのでしょうか。

最後に、もくじを写しておきます。

1――夢見るレンタル・ドール
2――銀の首輪の少女
3――顔も知らない想い人
4――女主人の愛し方
5――乙女の祈り
6――アマゾネスの罠
7――虜囚アリス
8――ソドムの男
9――もう一つの愛すべき部分
10――裏切りの饗宴

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/08/07 15:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/09 22:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。