サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. ミレニアム 2上 火と戯れる女 上

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ミレニアム 2上 火と戯れる女 上
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 78件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.4
  • 出版社: 早川書房
  • サイズ:19cm/462p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-209019-5
  • 国内送料無料

紙の本

ミレニアム 2上 火と戯れる女 上

著者 スティーグ・ラーソン (著),ヘレンハルメ美穂 (訳),山田 美明 (訳)

背中にドラゴンのタトゥーを入れた女性調査員リスベットにたたきのめされた彼女の後見人ビュルマン弁護士は、復讐を誓っていた。ビュルマンはリスベットの過去を徹底的に洗い、彼女を...

もっと見る

ミレニアム 2上 火と戯れる女 上

1,749(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

背中にドラゴンのタトゥーを入れた女性調査員リスベットにたたきのめされた彼女の後見人ビュルマン弁護士は、復讐を誓っていた。ビュルマンはリスベットの過去を徹底的に洗い、彼女を心の底から憎む人物を探し出した。彼はその人物と連絡を取り、リスベットを拉致する計画が動き始める。その頃、月刊誌『ミレニアム』の発行責任者ミカエルらは、重大な決断をしていた。ジャーナリストのダグとその恋人ミアが進める人身売買と強制売春の調査をもとに、特集号を刊行し、書籍を出版することを決定したのだ。ダグの調査では、背後にザラという謎の人物がいるようだった。旅行先から帰ってきたリスベットもダグの調査を知り、独自にザラを追い始めた。だがその矢先、彼女の拉致を図る者たちの襲撃を受けた!話題沸騰!今世紀最大のミステリ『ミレニアム』三部作、激動の第2部に突入。【「BOOK」データベースの商品解説】

人身売買・強制売春を告発すべく、調査を進めるジャーナリストのミカエル。女性調査員のリスベットも、人身売買・強制売春の背後にいる謎の人物を独自に追い始めたが、その矢先、彼女の拉致を図る者たちの襲撃を受けた!【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー78件

みんなの評価4.3

評価内訳

高福祉国家・スウェーデン。弱者にやさしい、安心と安全、友愛精神、そんなイメージがくつがえされるショッキングノベル、これがこのシリーズの値打ちであることにかわりない。

2009/07/05 17:50

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

「背中にドラゴンのタトゥーを入れた女性調査員リスベットにたたきのめされた彼女の後見人ビュルマン弁護士は、復讐を誓っていた。ビュルマンは彼女を心の底から憎む人物を探し出した。彼はその人物と連絡を取りリスベットを拉致する計画が動き出す。その頃、月刊誌『ミレニアム』の発行責任者ミカエルらはジャーナリストのダグとその恋人のミアが進める人身売買と強制売春の調査をもとに特集号を刊行し、書籍を出版することを決定する。ダグの調査では背後にザラという謎の人物がいるようだった。」

第一巻『ドラゴン・タトゥーの女』と同様、リスベットとミカエルはまったく別の事件に巻き込まれるが、やがてそれが交差してくる。
弱者にやさしいはずの国なのに、舌なめずりをして女性に性的虐待を加える男がこれほどまではびこっているのかと、前作に続いて、驚くというより、気味が悪くなる。
謎めいたヒロイン、リスベットの生い立ちが明らかになる主軸があって、第一巻を発展させている、とはいえ内容的には同工異曲。謎解きの面白さではむしろ前作のほうがすぐれているように思われた。
過激度はますますエスカレートしている。リスベットの変身ぶりも見所のひとつである。リスベットはターミネーターを思わせる不死身の敵を相手に死闘を演ずる。
ここまでやるかリスベット!
まるで劇画である。

2~3日まえに、TVで久しぶりのイタリア製西部劇、『続 夕日のガンマン』を観た。そう、西部劇といえば当然にアメリカ映画だったときだ。マカロニウェスタンはまったく異質な過激さで一世を風靡したものだ。私はこれらが好きだった。1週間ほど前には『シェーン』を観ていた。二つを比べると歳のせいだろうか、『続 夕日のガンマン』のバイオレンスよりは『シェーン』の情感に魅かれるのである。

たたみこむような連続活劇を主眼にしたエンタテインメントの本場であるアメリカのむこうを張った、これはスウェーデン製の冒険活劇小説といえるだろう。
『ミレニアム』第一巻では、はじめて観たマカロニウェスタンなみに、その過激さに魅力を感じた。
第二巻もそれなりに満足感はあったが、第一巻の延長線にすぎないことで、不安を感じた。
第三巻が同じ様なものであるなら、きっと不満を感じるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/02/18 12:07

投稿元:ブクログ

リスベットやミカエルたちの反撃を楽しみに、多少我慢しながら前半を読んだが、後半は加速度的に面白さが増し、途中でやめられなくなった。

2009/04/24 21:06

投稿元:ブクログ

『ドラゴン・タトゥーの女』よりも面白かった。シリーズとして、その世界観が確立されてきたのかもしれない。スピードが安定し、堅実な構成でストーリー展開にも飽きがこない。黒幕の正体を最後まで引っ張るというシンプルさは意外と吸引力がある。殺人事件の謎解きよりも、サスペンス性を前面に出したスタイルの方が本シリーズには合っているようだ。贅肉はかなり落とされたとは言え、まだまだ無駄なシーンが目立ち、話の拡がりに比例して関係キャラもどんどん増えてくる。この辺りの膨張具合がもっと抑えられれば、全体の印象もかなり違ってくるのではないか。衝撃的なラストからどのように第三部へとつながっていくのか。そしてその最終作でどんな決着をつけるのか、大いに期待したいと思う。

2011/03/30 22:09

投稿元:ブクログ

上巻は事件の説明。っていう流れみたい。
でもハリエットを探す1巻の話より面白いかも。
主人公自身の話だからかな。

2010/08/25 16:26

投稿元:ブクログ

面白かったです。
新たな展開になってきました。

サランデルが殺人犯なのか?
まあ、そんなわけはないけど・・

まだまだ波乱がありそうだな・・・・

2009/11/19 17:22

投稿元:ブクログ

雑誌ミレニアムに降りかかった火の粉を1作目で見事に払った編集者ミカエル。
ミカエルに協力した女性調査員リスベットは、事件の後にミカエルが何度連絡しても答えようとせずに行方をくらます。
リスベットは本当は非常に有能なのだが社交性を欠き、自閉症気味ということで後見人のついている立場。
リスベットを誤解して性的虐待を試みた後見人の弁護士は返り討ちに遭い、深く恨んで復讐計画を練る。
一方、ミレニアムでは人身売買の組織を暴こうと調査してきたダグのレポートを取り上げることに。
だがダグが殺され、なせか殺人事件の容疑者として、リスベットが全国に指名手配されてしまう。
1作目でかいま見えた彼女の複雑な生い立ちが全貌を表してくる。スリリングで非常に面白い。

2010/10/17 22:54

投稿元:ブクログ

リスベットバカンス中。
男主人公が笑えるほど女にもてている。
リスベットが大変な事に巻き込まれていく……!


面白い!

2011/10/03 16:55

投稿元:ブクログ

第一部終了時の金融操作(詳しくは理解できてない私)によって一生働かなくても食べていけるようになったリスベット。優雅な生活を楽しむ様子を微笑ましく読む。超高級アパートメントを収得するわけだが、IKEAで家具を揃えるってのは・・・庶民的・・・エリカとの対比でもあるのだろうな。

一方、ミカエルは少女売春を追っているフリーランスの記者とそのパートナーで同じ内容を扱った学術論文を書いている大学院生のカップルと知り合い、売春組織の解明を手助けし始めるのだが、その矢先、彼らが自宅で銃殺されてしまう。

そして、その犯人としてリスベットが指名手配される。

主人公たちの暮らしぶりを整理して時間の流れ、関係の変化を示しながら突然の事件でクロスさせるセンセーショナルな展開。

ハッカーされたままのミカエルのパソコンを通じ、再び協力して推理していくリスベットとミカエル。
リスベットの無罪を信じて援護行動をとるミルトン警備会社の社長。脳卒中(だったかな?)を患い不自由になったが生きていたパルムグレン(リスベットとパルムグレンの暖かな交流が描かれたシーンも良かった)など前作の顔ぶれも適材適所で出演する。

その一方、リスベットを追う側として警官たちが新しく登場。個性豊かに描き出されていく。警察組織の頑迷さや女性に対する偏見、冤罪が起こり得る構図も読ませる。

これだけでも十分盛り沢山なのに・・・売春組織の追求から「ザラ」というキーワード、更に秘密警察、亡命スパイなどリスベットの過去に繋がる大きな謎が立ち上がってくる。

2010/05/21 17:02

投稿元:ブクログ

今回の主役はリスベット。彼女の過去にあった「何か」が焦点となります。前作で活躍したメンバー達も健在、勝るとも劣らぬエンターテインメント度でワクワクします。

2010/04/18 21:18

投稿元:ブクログ

シリーズで一気読み。とは言え図書館でも人気なのか1と2を読んだ後ずいぶんと続きまでに間が開いてしまいました。それでも面白い。海外小説を読んだ時、とても面白いものは原書で読みたくなりますが、これもその1冊です。が、残念ながら本当の原書は英語ではないのです。

2012/04/15 10:48

投稿元:ブクログ

優秀な調査官リスベットに復讐を誓うビュルマン弁護士は、彼女の過去を調べ始める。
一方、ミカエルは月刊誌『ミレニアム』で新たな特集号を計画する…

ミレニアム三部作の第二部です。
はじめは平穏な生活をしていたリスベットにだんだんと暗い影が…上巻ラストではあんなことに\(◎o◎)/!
目が離せない展開です!
ビュルマンが調べた過去も気になります。
下巻で明らかになるのかな(・_・)
続きが楽しみです!!

2009/07/12 15:39

投稿元:ブクログ

第二弾(あらすじなど)人身売買・売春組織の取材を進めていたジャーナリストが射殺され、現場にあった銃からリスベットの指紋が見つかる。同じころ、リスベットの後見人であったビュルマン弁護士も射殺死体で発見され、同じ銃が使用されたことが判明、リスベットは全国指名手配になる。

2009/09/14 16:20

投稿元:ブクログ

サイコーです。
1には「火遊びする女」って2の紹介がのってましたが、
訳す人って大変なんですね。

2010/03/17 08:32

投稿元:ブクログ

リスベットに何が?
そう言えばリスベットの父親
については何も触れられてない。
この後に出てくるのか?

2011/01/30 17:40

投稿元:ブクログ

ミレニアム・シリーズ2作目。

前作に比べると…さらにハードにスケールアップしてる。
そして物語の中心がリスベット・サランデルに集約してる。
謎解きの面白さは1作目の方があったかな。
なんせ今作は巻き込まれぶりが(いや、当事者か)ハンパなくって
そんな余裕もない。

生まれたときから激しく虐げられ、傷つけられ、
一方でごく少数の人に強く愛されるリスベット。

理解できる、とは言わないけど
好きだ。