サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

ブックオフ宅本便 バナー・LP修正(2021/3/1~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.1 30件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.4
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/214p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-314431-1

紙の本

三人姉妹

著者 大島 真寿美 (著)

大学を出ても就職せず、ミニシアターでバイトしながら仲間と映画作りをしている水絵は三人姉妹の末っ子。長女の亜矢はある日子連れで実家に戻って離婚騒動に、次女の真矢は不倫を脱し...

もっと見る

三人姉妹

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

大学を出ても就職せず、ミニシアターでバイトしながら仲間と映画作りをしている水絵は三人姉妹の末っ子。長女の亜矢はある日子連れで実家に戻って離婚騒動に、次女の真矢は不倫を脱し、奇病にもまけず転職に成功。水絵は映画合宿がつぶれて、好きな彼とはうまくいかず、夜中のドライブを楽しんだけど、今度は家族の危機が!三姉妹のゆるやかな毎日を瑞々しく描き心温まる長編小説。【「BOOK」データベースの商品解説】

お互いの恋愛事情も、昔の恥ずかしい失敗も、ぜーんぶとっくにバレている!? 時には友だちよりも親密で、恋人よりも頼りになる? 三姉妹の恋と仕事の物語。『yomyom』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

大島 真寿美

略歴
〈大島真寿美〉1962年愛知県生まれ。92年「春の手品師」で文學界新人賞を受賞しデビュー。ほかの著書に「ふじこさん」「やがて目覚めない朝が来る」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー30件

みんなの評価3.1

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (16件)
  • 星 2 (5件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

作者の個性を味わう。

2009/11/13 05:58

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kumataro - この投稿者のレビュー一覧を見る

三人姉妹 大島真寿美 新潮社

 読点(とうてん「、」)が続き、ひとつの文章が長い。句点(くてん「。」)を入れてくださらないと読みにくい。その点で、この本は読者に対して書かれたものではなく、作者本人のために書かれた作品だと誤解もします。
 短編集です。冒頭の「三人姉妹」はいい出来です。同作者の「香港の甘い豆腐」は読んでよかった作品でした。この本では、三人姉妹の長姉が祖父江亜矢さん(既婚こどもあり)、次姉が福地真矢さん(未婚)、そして主人公が姉ふたりからは歳の離れた大学生福地水絵さんです。父親はタイ国へ単身赴任中で、わけありで夫の帰国を望まない母親がいます。ひとつの文章が長すぎる嫌いはありますが、味わいがある文章です。結婚というものは、愛し合うふたりだけであれば問題は少ないのですが、親兄弟その他親族がからんでくるとぐちゃぐちゃになります。入籍しなければ長くつきあえたのにということはあります。以下短編の感想ですが、三人姉妹のやりとりを中心にして書けば、もっと水準が高い作品に仕上がっただろうにと、残念な面があります。
「ジ・エンド」主人公の水絵さんと恋人未満の右京くんとの恋の様子です。こういう書き方はこの作家さんでしか表現できない個性です。
「恋の季節」上手ではあるけれど、50歳のわたしにとっては内容が幼い。
「調和の幻想」何十年も前にしでかしたエラーを、つい今しがた起こったことのように話題にして相手を責めるのが夫婦です。
「セカンドチャンス」「ゴーストシネマ」もう30年ぐらい前に流行った(はやった)桜田淳子さんの「しあわせ芝居」(作詞作曲中島みゆきさん)という歌を思い出しました。
「天国は待ってくれる」世の中にはいつまでも同じ場所にいる人とそうでない人がいる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/02/23 11:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/23 10:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/07 15:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/26 21:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/22 00:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/16 15:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/09 23:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/14 18:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/16 20:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/06 09:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/13 00:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/18 18:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/27 20:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/25 07:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。