サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. LLブックを届ける やさしく読める本を知的障害・自閉症のある読者へ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

LLブックを届ける やさしく読める本を知的障害・自閉症のある読者へ
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2009/04/07
  • 出版社: 読書工房
  • サイズ:21cm/327p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-902666-20-5
  • 国内送料無料

紙の本

LLブックを届ける やさしく読める本を知的障害・自閉症のある読者へ

著者 藤澤 和子 (編著),服部 敦司 (編著)

読むことが苦手な人のために読みやすく書かれた本「LLブック」の考え方や、LLブックを作り提供する活動についてさまざまな事例を紹介し、それらを基に今できること、これからする...

もっと見る

LLブックを届ける やさしく読める本を知的障害・自閉症のある読者へ

2,592(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

読むことが苦手な人のために読みやすく書かれた本「LLブック」の考え方や、LLブックを作り提供する活動についてさまざまな事例を紹介し、それらを基に今できること、これからするべきことを提唱する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

藤澤 和子

略歴
〈藤澤和子〉1955年京都府生まれ。京都府立聾学校に勤務。「知的障害や自閉症の人たちの読書活動を進める会」代表など。
〈服部敦司〉1962年大阪府生まれ。枚方市立中央図書館に勤務、障害者サービスを担当。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

本を読みたい気持ちは同じ

2009/04/06 23:17

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wildcat - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、「LLブック(やさしく読める本)」を、
知的障害や自閉症のある人へ届けたいと
考えて活動している人たち(15名)の
思いと実践をまとめたものである。

「LLブックという考え方」「LLブックを作り提供する活動」について、
さまざまな事例を紹介し、それらを基に今できること、
これからすべきことを提唱している。

LLは、スウェーデン語のLattlast(aにはウムラウトがつく。)の
略である。

LLブックは、わかりやすく書かれた本であるが、
幼児や子供向けのものではなく、
青年、成人という生活年齢に合った内容が、
読むことが苦手な人のために読みやすく書かれた本である。

この「生活年齢に合った内容」というところがポイントである。

なぜなら、知的障害や自閉症のある人たちが
平等に読書の機会を得ることができない状態にある原因のひとつは、
「生活年齢と知的年齢の差が歳を重ねるとともに大きくなるため、
読める本と読みたい本が一致しなくなる」からである。

  生活で身につけてきたことは多く、
  恋愛への興味も当然あるでしょうし、
  テレビで見たスポーツや歌、旅行などにも関心があるでしょう。

  恋愛小説、スポーツ選手や試合の情報、
  旅行記などが読みたいとしても、
  彼らが自分で読んで理解できるように書かれた本が
  見つからないという問題が起こります。

  (p.9)

そして、もう一つの理由は、
「読書する機会や環境が貧困であること」である。

  私たちは、図書館や書店、インターネットなどから好きな本や
  必要な本、雑誌を選び、借りたり買ったりして読みますが、

  知的障害や自閉症の人の中には、
  図書館や書店へ一人では行けない人や、
  行ってもどうすればいいのか分からない人、
  本を選べない人がいます。

  また、コンピュータの操作ができない人も多くいます。

  彼らには、わかりやすい本を薦めたり、
  内容を理解するために助言してくれる人、読んでくれる人、
  図書館や書店へ行って利用の仕方、
  本の買い方を援助してくれる人が必要です。

  (p.9)

知的障害や自閉症のある人たちには、LLブックと、
そのLLブックに結び付けてくれる人の存在が必要ということである。

本書は、次の5章と巻末資料から構成されている。

1 はじめに
・本書を出版した目的やその背景にある課題、
 表題にあるLLブックという図書の解説

2 ヨーロッパから世界へ
  -やさしく読める本の出版と図書館サービスの潮流
・海外で取り組まれているLLブックや読書権の保障のための活動の報告
・スウェーデンのやさしく読める図書センター、
 オランダの公共図書館の事例、
 「世界のバリアフリー絵本展」

3 どうなっている? 知的障害や自閉症の人にとっての読書環境
・日本における知的障害や自閉症のある人の読書環境の実態
・本人たちの読書へのニーズ
・公共図書館における障害者サービスの変遷

4 読書環境を改善するための取り組み
・日本で始まっているLLブックの制作やわかりやすい情報提供、
 読書を推進するための活動の報告
・サポートセンター、施設、特別支援学校、公共図書館の取り組み

5 わかりやすさを支援する方法
・読みやすくわかりやすい本や新聞を制作するための具体的な方法
・マルチメディアDAISYの学習障害や知的障害のある人たちによる活用事例
・読みやすい文章とはどのようなものか、その書き方、
 写真・絵・シンボルの利用のしかた

巻末資料
・おすすめの本
・LLブック・マルチメディアDAISY図書リスト

特に興味深かったのは、
読書経験や本についての本人たちへのインタビュー(p.90~p.99)と
通所施設における絵本の読み聞かせや紙芝居の実演の実践
(p.158~p.173)と
知的障害のある人への図書館サービス(p.196~p.214)である。

私は、マルチメディアDAISYの普及に関わっているのだが、
利用する人の前ではなく、パソコンの前で仕事をしてることが多い。

旅立たせたDAISY図書たちが、
実際どのように読まれているのかは大いに気になる。

ひとりの本の虫として、DAISYにこだわらず、
どんな本が愛されるのか、どうしたら届くのかもまた大いに気になる。

本に対する各人の好みには個性があり、その反応の仕方もそれぞれ。

障害のない人なら当たり前のこのことが、
相手が障害のある人と言うだけで、一瞬、忘れそうになる。

でも、ねっこは、おんなじなんだということを
この本は思い出させてくれる。

椅子をそろえた客席には座らなくて
自分の世界に入って聞いていないようでも、
好きなお話には、自分なりの方法で好きを表現する。

読み聞かせの途中でやってきて、
はじまりの合図に使うコンガを鳴らしに来ちゃうのだって、
彼女が、今日何度目かの『まゆとおに』を気に入っている証拠だったりする。

『はらぺこあおむし』が好きという子も、何人も登場する。

『はらぺこあおむし』の本を見せると個別学習の時間だと分かって、
自分で図書館に行くようになり、好きな本がどんどん増えた子もいる。

『赤いハイヒール~ある愛のものがたり~』は、
スウェーデンで出版されたLLブックで、
知的障害者をおもな対象としてつくられた
ヤングアダルト向けの写真絵本である。

この本のマルチメディアDAISY版は、
32画面あり、再生に20分近くかかる作品なのだが、
墨田区立図書館でこのDAISYを見た知的障害の方は
みんな最後まで見てくれたそうで、
半数以上の方は真剣にパソコンに見入って
物語を楽しんでくださったそうである。

繰り返すが、知的障害や自閉症のある人たちには、
LLブックと、そのLLブックに結び付けてくれる人の存在が必要である。

これは車軸の両輪なのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/05/23 20:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/18 01:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/30 14:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/11 14:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/11 21:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/21 22:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/06 19:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

社会病理・犯罪 ランキング

社会病理・犯罪のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む