サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ザ・ベスト・オブ・アーサー・C・クラーク 1 太陽系最後の日

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ザ・ベスト・オブ・アーサー・C・クラーク 1 太陽系最後の日(ハヤカワ文庫 SF)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.5
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 SF
  • サイズ:16cm/511p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-011713-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ザ・ベスト・オブ・アーサー・C・クラーク 1 太陽系最後の日 (ハヤカワ文庫 SF)

著者 アーサー・C.クラーク (著),中村 融 (編),浅倉 久志 (ほか訳)

太陽は七時間後にノヴァと化し、太陽系全体の壊滅は避けられない運命だった。だが、一隻の銀河調査船が、その星系の第三惑星に住む知性体を救うべく全速航行していた!人類のために奮...

もっと見る

ザ・ベスト・オブ・アーサー・C・クラーク 1 太陽系最後の日 (ハヤカワ文庫 SF)

1,080(税込)

ポイント :10pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

太陽は七時間後にノヴァと化し、太陽系全体の壊滅は避けられない運命だった。だが、一隻の銀河調査船が、その星系の第三惑星に住む知性体を救うべく全速航行していた!人類のために奮闘する異星人たちを描いた表題作のほか、名作『幼年期の終り』の原型短篇「守護天使」、作品集初収録の中篇「コマーレのライオン」、大戦中の空軍士官クラークの体験をつづるエッセイ、年譜などを収録した日本版オリジナル短篇集第一弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

収録作品一覧

太陽系最後の日 中村融 訳 7−56
地中の火 中村融 訳 57−75
歴史のひとこま 浅倉久志 訳 77−94

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

昔の名前で出ていません

2011/06/27 23:53

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Tucker - この投稿者のレビュー一覧を見る

「2001年 宇宙の旅」で有名なアーサー・C・クラークの日本版オリジナルの短編集。
過去に出版された短編集に収録されているものもあるが、新訳となっているので、以前の訳と比べてみる楽しみもある。

中でも印象に残ったものは「守護天使」「コマーレのライオン」「破断の限界」の3作品。


「守護天使」は、後にほとんどそのまま「幼年期の終わり」の第1部になっている。

この作品では、「オーバーロード」と呼ばれる異星人が登場する。

その最高責任者の名前は「カレレン」
以前の訳や「幼年期の終わり」では「カレルレン」だったのだが・・・。

どちらが英語の発音に近いのか分からないが、「カレルレン」で刷り込まれている自分にとっては、「アレレ」という感じが終始、つきまとった。
ロバート・A・ハインラインの「夏への扉」に出てきた「文化女中器」(hired girl:ハイヤードガール。作中では、お掃除ロボット「ルンバ」の高級版のイメージ)という言葉を初めて見た時と逆の衝撃に近いものがあった。


「コマーレのライオン」は、はみ出し者の主人公の行動が停滞しているユートピアに大変化をもたらす、という話。
巻末の解説によると、こういう話はクラークお気に入りのネタらしい。
映画「マトリックス」によく似た部分があるが、発表されたのは1949年。パクッたとしたら「マトリックス」の方だ。

そういえば、映画「インディペンデンス・ディ」の冒頭は、「幼年期の終わり」の冒頭に非常によく似ている。
(ちなみに「幼年期の終わり」の方がはるかに先に発表されている)
予告編を見た時、「幼年期の終わり」が映画化されたのか、と思ったほどだ。当然、パクリ疑惑が囁かれた。

狙われているのか、偶然の一致なのか・・・。


「破断の限界」は極限状態に陥った人間の葛藤が描かれている。
事故で酸素の大半を失った宇宙貨物船。酸素の量は2人で20日間分、目的地へは30日かかる。救助の船はとても間に合わない状況。
「2人」で20日間、「1人」だったら?。

クラークの作品では、登場人物の心理描写は淡々としていることが多いのだが、珍しくドロドロ系だったのが印象に残った。
どちらをとってもイヤな選択肢しかない、という状況になったら、どちらかを選択できるだろうか。


クラークのSFは、随分、読んだが、それでも初めて読む短編が多かった。このシリーズは後2つある。
そちらも気になってしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

若いころから、ほとんど変化なし クラーク。

2011/01/26 23:33

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読み人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 日本独自で編集した、アーサーCクラークのオリジナル短編集です。
 一応、時系列に沿って編集していくそうで、1である本書は、若い頃の作品が中心です。

 「幼年期の終わり」の元ネタというか、その短編版である「守護天使」や、
技術士官だった、第二次世界大戦中のエッセイなど収録されております。
(このエッセイなんか、洒脱に書かれていて、これもなかなか面白い
 彼の技術バカぶりがモロ出ています) 

 ズバリ、一言感想をいうと、変わらんなぁ、、クラークって。
 若い頃から、作風に変化殆どなしです。
小説なんだけど、科学論理とか、技術論理がすべてに置いて超越する感じ、、。
そして、どこまでも、汚れや、人間的悩みなんか超越する、技術上プレーンな感じも、、。
 仲間内の中で若い頃のあだ名が、EGOだったというのも、今回初めて知りましたが、
さもありなんです。
 圧倒的に面白かったのは『破断の限界』。
 リミットの迫る限られた中での二人宇宙飛行士の死闘を描くもので、多分、同じねたは、
ミステリにもSFにもたくさんあると思うし、読み終わると、これまた、
ありがちなオチなんだけど、「2001年宇宙の旅」以前に、
ある意味、クラークと同じ波長があるキューブリックが、映像化の権利を買っていたというから、
なんとなく、笑っちゃうぐらい、納得してしまいます。
 キューブリックって「現金に、、」とか、みたいに、この手の作品好きなんですよ、、。

 古い作品が多いわけですが、変わらぬクラークを感じられて、
わりと満足した文庫でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/03/09 17:01

投稿元:ブクログ

2009年5月25日 初、カバスレ、帯なし
日本版オリジナル短編集
2014年3月8日 伊勢BF

2011/08/16 18:02

投稿元:ブクログ

夏になるとSFが読みたくなる。
どれも読み応えが良くて満足したけど、特に破談の限界、海にいたる道がよかった。

2011/06/03 17:41

投稿元:ブクログ

SF短編集。巨匠アーサー・C・クラークの傑作集だけあって粒ぞろいの名作たち……と思いきや作風が思いの外幅広く、良く言えば「よりどりみどり」悪く言えば「当たり外れが大きい」って印象です。
わたしはアイディア勝負のからっとした作風が好きなので「地中の火」「かくれんぼ」「時の矢」が大当たりでした。
「幼年期の終り」を読んだことがなければリメイク前の「守護天使」も素晴らしい評価になりそう。
1冊で平均すると星4つ、だけどお気に入りを見つけるために読む価値はありありです。

2010/04/12 22:27

投稿元:ブクログ

昨年からやたらとクラークを読んでいる気が・・・いや、これまであまり読んでなかったってだけなんですけどねヽ( ´ー`)ノ
表題作「太陽系最後の日」は、SF史上に燦然と輝く巨匠クラーク初期の代表作です。太陽の大爆発を目前にして滅びつつある太陽系に急遽派遣された異星人の救助チームが目の当たりにした、人類の取った行動とは・・・鴨も若い頃に一度何かの短編集で読んだことがあります。人類の無限の可能性とバイタリティを表現した、力強い傑作です。と、紹介したいところなんですが・・・この歳で読み返すと、「幼年期の終わり」同様に受けるイメージが全く異なるんですね。手放しの人類讃歌にそこはかとない違和感を覚えるんですよ。まぁ、これも古き良きSFの典型例と言っていえないことはないかとヽ( ´ー`)ノ

この短編集は、クラークの作品の中でも最初期のものを中心に編集されています。そのせいか、まだまだ荒削りで小説としての完成度は今ひとつの作品もあります。が、如何にもクラークらしい人類そのものを主人公に据えた巨視的なスケール感は既に健在で、決してハッピーエンドだけではない突き放したような視点も感じられます。今読むとちょっと物足りないところもありますが、後に巨匠と呼ばれるようになる片鱗は十分感じられますよね。
他にも「ベスト・オブ・アーサー・C・クラーク」と銘打たれた短編集が刊行されているので、機会があったら読んでみたいと思います。

2014/03/28 12:42

投稿元:ブクログ

<ザ・ベスト・オブ・アーサー・C・クラーク>第一巻は、1946年から51年にかけて発表された小説9編を収録。いわゆる初期傑作集となっているようです。初期といえど、第一級の作品として誉れ高い表題作や「幼年期の終り」の原型短編「守護天使」など傑作揃い。

ちょうど一年ぶりのクラーク本です。以前読んだ「白鹿亭綺譚」がアイデア一辺倒の作品でして、本書では、そういった純然たるSFの典型である「かくれんぼ」がかなり面白い。こういった作品を読めるのがクラークの魅力のひとつですね。

クラークの魅力のもうひとつは、特有の未来視です。これまで読んできた「幼年期の終り」や「2001年宇宙の旅」、「都市と星」に見られる未来視=ヴィジョンは、初期の作品でも健在。個人的に、クラークのヴィジョンは、不安を駆り立てられたまま投げっぱなしにされる印象が強く、とても冷酷です。本書表題作なんて、その片鱗を垣間見たようで、読後は寒気がしました。
冷酷というのは、言葉をかえれば現実視かもしれません。作品で描かれる華々しい未来の姿は、諸手を挙げて賛美されるものではなく、「本当にそれでいいのか」、「実際のところ、どうなんだろう」といった疑問が投げかけられます。こういった現実的な目線での批評が、ヴィジョンに程よく差し込まれることで、果てしない不安をうむのでしょう。
「海にいたる道」は、そんな未来視と現実視がひとりの若者の葛藤に描かれます。ところで、本作ではクラークの科学者としての残酷さが伺えます。常に発展をし続ける科学の歴史からすれば、「不変を許さない社会システム」はその信念どおりなのでしょうけれど、個人的には戦々恐々です。

さて、一年ぶりに読んだクラーク本は、やっぱり面白い!なんだか正統派SFを読んでいる感じでした。

2012/03/04 14:17

投稿元:ブクログ

SF読んだの久しぶり。二年前に買ったまま放置してた。クラーク氏死後に再編された短編集。冒頭の「太陽系最後の日」がやはり一番面白い。

2009/08/12 18:25

投稿元:ブクログ

クラークさんは昨年亡くなっていますが、発表順に再編した短編集が最近でました。表題にもなっているデビュー作「太陽系最後の日」が最高。超新星化する太陽から人類を救おうと、銀河種族混成チームが地球にやってきますが・・・最後の一行で人類の苦い一面と可能性を見事に表現しているのではないでしょうか。その他、「幼年期の終わり」の原型となっている「守護天使」、「銀河帝国の崩壊」の原型である「海にいたる道」など納められており、面白さにばらつきはあるものの、若いクラークって感じで好ましく★は甘めになりました。真正面から宇宙を舞台にした作品群は夏の夜にぴったり!

2012/06/23 18:20

投稿元:ブクログ

太陽系最後の日は、前哨、2001年のビーコン残した側の話で、ザ・クラークという話。面白いなぁ

海に至る道は、晩年の作品っぽい
久しぶりです、ずいぶん待ちましたよ、という挨拶は気がきいている

2011/09/03 15:56

投稿元:ブクログ

 とっても楽しみなベスト。タイトルの「太陽系最後の日」こそ最高傑作だと思っているから、それをオープニングに持ってきた編者に感謝(もっとも時代順だとこうなるのだが)。

 「太陽系最後の日」を読むと思う。人類でよかった。夢と希望と、何よりも強力な生存本能に満ちる人類でよかった。そして、こんな本を読むことができる人類でよかった。ラストは明日に架ける橋とか、ファイナル・カウントダウンとかがBGMに流れそうな感じがする。最高のエンディングだ。
(ラスト1行が余分かもしれないが・・・)

 もちろん、「守護天使」も最高だ。「幼年期の終わり」の原作だということになっているが、それをもしのぐ出来だと思う。

 ユーモアたっぷりの「歴史のひとこま」「かくれんぼ」もいいし、後世に影響を与えたと思われる「コマーレのライオン」「時の矢」も素晴らしい。

作品は以下の通り。ラストのエッセイは無用だと思うが、どれも素晴らしい作品だ。本作で発見したクラークが感動したという「最初にして最後の人類」を図書館で借りることにしよう!
太陽系最後の日
地中の火
歴史のひとこま
コマーレのライオン
かくれんぼ
破断の限界
守護天使
時の矢
海にいたる道
貴機は着陸降下進路に乗っている-と思う

ハヤカワ文庫 SF ランキング

ハヤカワ文庫 SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む