サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

1,000円以上送料無料キャンペーン  ~5/23

1,000円以上送料無料キャンペーン  ~5/23

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.5
  • 出版社: 朝日新聞出版
  • サイズ:26cm/337p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-02-214022-7
コミック

紙の本

火の鳥 1 黎明編

著者 手塚 治虫 (著)

永遠の命とは何か? 古代から超未来まで、あらゆる時空を飛翔して、生命の素晴らしさを高らかに謳う手塚治虫の傑作が、雑誌連載当時のサイズで復活! 1は、黎明編を収録。【「TR...

もっと見る

火の鳥 1 黎明編

税込 1,210 11pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

火の鳥 12巻セット

  • 税込価格:17,160156pt
  • 発送可能日:7~21日

火の鳥 12巻セット

  • 税込価格:17,160156pt
  • 発送可能日:7~21日

火の鳥 12巻セット

  • 税込価格:17,160156pt
  • 発送可能日:7~21日

火の鳥 12巻セット

  • 税込価格:17,160156pt
  • 発送可能日:7~21日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

永遠の命とは何か? 古代から超未来まで、あらゆる時空を飛翔して、生命の素晴らしさを高らかに謳う手塚治虫の傑作が、雑誌連載当時のサイズで復活! 1は、黎明編を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

手塚 治虫

略歴
〈手塚治虫〉1928〜89年。大阪府生まれ。大阪大学医学専門部卒業。医学博士。漫画家。漫画やアニメーションの世界で大きな業績を残す。代表作に「鉄腕アトム」「ジャングル大帝」「ブッダ」など多数。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (9件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

大きいサイズなので読みやすかった

2020/09/09 10:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:えぐちよ - この投稿者のレビュー一覧を見る

雑誌くらいのサイズなので、収納には不便かもしれませんが、読みやすいです。

以下ネタバレを含みます。

ナギもヒナクもかわいそう、ヒミコもニニギも嫌なやつ!
と思いながら読みましたが(これはフィクションだし、手塚治虫なりの解釈なので史実とは勿論違うけれど)
ふと、私たちもヒミコやニニギ側の人間、侵略者の、人殺しの子孫なんだよね、ということに思いいたりました。
平和の難しさなんかを考えさせられます。
あともう1つ印象的だったのは、手塚治虫は女であること=子どもを産めることを「強み」「利点」としてポジティブに描いていますね。
ヒナクもウズメも子ども産めることをすごく誇りに思っている。
私も見習って、母として強く生きることにしたいなと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/10/14 00:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/12 10:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/02/15 20:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/25 03:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/22 18:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/01/07 23:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/27 17:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

1989/09/10 13:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/04 02:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/03 14:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/13 06:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/04/07 20:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/26 10:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/06/19 16:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。