サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

読書一生分プレゼントキャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 漫画・コミックの通販
  4. 男性向けコミックの通販
  5. 実業之日本社の通販
  6. マンサンコミックスの通販
  7. 裁判員の女神 1 知らずに人を裁くのですか? (マンサンコミックス)の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2009/05/15
  • 出版社: 実業之日本社
  • レーベル: マンサンコミックス
  • サイズ:19cm/1冊(ページ付なし)
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-408-17185-2
コミック

紙の本

裁判員の女神 1 知らずに人を裁くのですか? (マンサンコミックス)

著者 かわすみ ひろし (画),毛利 甚八 (作),井垣 康弘 (監修)

裁判員の女神 1 知らずに人を裁くのですか? (マンサンコミックス)

税込 628 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

裁判員の女神(マンサンコミックス) 5巻セット

  • 税込価格:3,19329pt
  • 発送可能日:7~21日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

教育的でなく娯楽的に面白くできている

2018/08/08 18:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:melon - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルとコンセプトからは教育的なものに思えたが、中身は娯楽的に考えても十分に面白いものであった。合議体の評議は外部の人には公開されないので、どんなことが行われているのかわからないが、本書のような形で進んでいるのだろうか。ただ単純な多数決ではないと思うのだが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

漫画的?制度いよいよスタート

2009/05/20 09:24

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ダブルディ - この投稿者のレビュー一覧を見る

裁判員制度が、始まれば、このオンライン書店においても
【書評フェア】で、取り上げられることだろう。
 そして、その裁判員制度に関する本は、きっとこちらの
想像する以上に、多く出版されていることだろう。
 そのような本は、裁判員制度は、どのような制度で、
何のために導入されたのか、どういった問題点が
あるのか等知るために必要である。
 裁判員制度について、さらに深く知り、
深く考えるためには、その制度を小説・映画そして
本作品のように、漫画等のエンタテイメント化することが、
効果的ではないだろうか。

 本作品のように、裁判員制度を漫画化したものとして、
「サマヨイザクラ」(双葉社)や「ジキルとハイドと裁判員」
(小学館)等を挙げることができる。
 その二作品と比較すると、本作品「裁判員の女神」は、
より現実的な作品である。
 本作品は、裁判官になりたての者を通して、裁判員制度とは
どういったものかということを描くという
漫画の普遍的な手法が、採られている。
 この1巻で取り上げられている事件に関しても
単純すぎず、複雑すぎず、現実の世界で起きている
残忍な事件よりもよっぽど現実的である。
 そして、被告人・被害者・被害者の遺族・裁判員・
裁判官が、実にしっかり描かれている。
 特に、裁判員6人のうちの特に1人を際立たせるための
それぞれのキャラクター設定と裁判官3人のうちの
本作品の主人公である勇樹美知子を際立たせるための
他の2人のキャラクター設定が、本当に見事。

 パッケージ的にもこの巻の最初の話と最後の話で、
主人公勇樹美知子が、釣りに立ち会うことになるところが、
漫画の文法を押さえていて、基本に忠実である。

 2巻以降は、裁判員制度の問題点や毒のあるストーリーが、
描かれることを大いに期待する。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/05/21 17:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/20 14:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/07 10:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/13 01:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。