サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

パラドックス13
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 482件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.4
  • 出版社: 毎日新聞社
  • サイズ:20cm/474p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-620-10739-4
  • 国内送料無料

紙の本

パラドックス13

著者 東野 圭吾 (著)

13時13分からの13秒間、地球は“P‐13現象”に襲われるという。何が起こるか、論理数学的に予測不可能。その瞬間—目前に想像を絶する過酷な世界が出現した。なぜ我々だけが...

もっと見る

パラドックス13

1,836(税込)

ポイント :17pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

13時13分からの13秒間、地球は“P‐13現象”に襲われるという。何が起こるか、論理数学的に予測不可能。その瞬間—目前に想像を絶する過酷な世界が出現した。なぜ我々だけがここにいるのか。生き延びるにはどうしたらいいのか。いまこの世界の数学的矛盾を読み解かなければならない。【「BOOK」データベースの商品解説】

13時13分からの13秒間、地球は“P−13現象”に襲われるという。何が起こるか、論理数学的に予測不可能。その瞬間、目前に想像を絶する過酷な世界が出現した! 崩壊した東京で繰り広げられる究極の人間ドラマ。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

東野 圭吾

略歴
〈東野圭吾〉1958年大阪府生まれ。大阪府立大学工学部電気工学科卒業。エンジニアとして勤務しながら「放課後」で江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。「容疑者Xの献身」で直木賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー482件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

流石、リーダビリティーあるなあ。絶望的な状況下での人間ドラマを描いて、はらはら、ぞくぞくさせてくれました。

2009/04/19 18:25

9人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:東の風 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 最初のほうは分かりづらくて、これはちと期待ハズレだったかと心配したのですが、複数の登場人物のキャラが立ちはじめ、作品を貫く太い芯が見えてきた中盤から面白くなってきて、結局、最後まで読まされてしまいましたね。期待以上のリーダビリティーで、はらはら、ぞくぞくしながら、一気に読んでいくことができました。

 突然、自分の周りから、人間が消えていなくなる異常事態に面食らう複数の男女。彼らが、3月13日の13時13分13秒から13秒間にわたって発生した「パラドックス13」現象、略して「P-13現象」に巻き込まれるんですね。で、未曾有の大災害(大地震、道路の陥没、建物の倒壊、大雨による水害)が立て続けに起きる無人の東京を舞台に、様々な危難、人間関係の衝突を乗り越えて、必死に生き抜いていこうとするストーリー。そういうSF風パニック小説の顔をしているのですが、小説の底を貫いているのは、絶望的な状況に直面した複数の人間たちが繰り広げる人間模様、その決死のドラマです。途中で、映画『ポセイドン・アドベンチャー』のこと、思い浮かべたりしました。

 複数の登場人物の個性も無理なく、自然に描かれていて、馴染みやすかったです。なかでも、集団のリーダー的存在として皆を引っ張っていく誠哉(せいや)と、優秀な兄に複雑な感情を抱いている冬樹(ふゆき)、久我兄弟のふたりのキャラが印象に残りました。人を救う使命感に異常な熱意を傾ける超人的な兄と、人間らしい過ちや性急な行動に走る傾向のある平凡な弟、という構図。危機的な状況のなかで、ぎくしゃくしていた兄弟の間に信頼の絆が生まれていきます。この信頼関係が築かれていくテーマは、久我兄弟のふたりだけでなく、ほかの男女の間にもあって、そこに本作品の一番の妙味、読みごたえを感じました。

 エンディングは、タイムトラベル映画の素敵なシーンを彷彿させるもの。新味は薄いけれど、すっきりとして心地よい余韻でしたね。私は好きです、このラスト。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

反転する善と悪、倫理、常識

2009/07/18 12:11

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かつき - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本時間で3月13日午後1時13分13秒、
世の中の人々が消えてしまいます。
その後も宇宙の超常現象のため、地球の気候も激しく、
地殻変動もかつてないほどの規模で起こり始めます。

そんな世界に生き残ったのは11人。
警視庁キャリア久我誠哉と、ノンキャリアの弟冬樹。
シングルマザーの白木栄美子と娘のミオ。
フリーターの新藤太一に、看護師の富田菜々美。
大手建設会社専務の戸田正勝と部下の小峰義之。
老夫婦の山西夫妻に、女子高校生の中原明日香。
そして生後4か月の勇人。

天変地異に襲われる東京で、サバイバル生活が始まりますが
わずか11人という人間が誰もが何かの役に立ち、
それぞれの思いを抱いていることを、改めて知らしめます。
ふだんの生活では見過ごしてしまう、
その人の誇り、生き甲斐、生きる意味、生きる力。
それらが随所に、さまざまな形で現れます。

また極限の状態で人の常識も善悪も変わってく真実。
何が正しくて、何が理想なのかが変わっていきます。
それは人の倫理観さえも変えていきます。
安楽死も一夫一婦制も踏みにじる現実が立ちはだかります。

SF的要素の構築がいまいちで、
素人が考えても、日本時間の13時13分13秒に
宇宙的規模の超常現象が起こることの意味がありません。
同時に、世界は、他の国はどう動いているのかといった
グローバル視点がポカンと抜けているので
真実味が薄れてしまい、物語も薄味になってしまったのが残念。

でも極限状態を想像してみるいい機会になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「パラドックス13」大作映画として実現して欲しい

2009/10/02 17:13

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:soramove - この投稿者のレビュー一覧を見る

「予測されていたのは、
13時13分からの13秒間、
地球は“P‐13現象”に襲われるということだけ、
その13秒後の世界の物語」


ー 運命の13秒。人々はどこへ消えたのか? ー

地下鉄の往復と、
映画を待つ僅かの時間、
しまいには久し振りに家で本だけを
真剣に読む時間まで作って
あっと言う間に読破した。

微妙な心の動きや、
鬱だったり人とうまく接することができない等々、
そんな小説が多い中
全くの想像の世界で
読みながら常に自分だったらと考えながら
終わりの見えない主人達の
陥った極限状態を頭の中で描いた。


これを映像に出来たらなと思いながら
東京の街が廃墟になる様子や
地震、水に飲み込まれる人々など
映像的にわくわくするようなシーンが
たくさんあり、ただ安っぽい出来上がりだと
残念なことになるので
是非大作として映像化して欲しい。

10人弱の行動を共にする人々を
描いているため、どうしても定型的に感じる
部分もあるが、なにより読ませてしまう
スピード感は文句なしだった。

ただ極限状態を描いてる場面で
誰もが思ったとおりの行動をとるので
人間ってもっと訳のわからない存在じゃなのかなと
突っ込みを入れたくなる所も。

しかし作品の価値を下げてしまうほどじゃなく、
長編の本を持つときの喜び、
本のラストをめくる名残惜しいような
あの切ない気持ち
本好きで良かった!

本好き心を満足はさせてくれたが、
内容的にはもう少しということで評価点は
少し厳しいです。

★100点満点で70点★

http://yaplog.jp/sora2001/

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/09/10 21:12

投稿元:ブクログ

ミステリではなく、SFパニック小説。
突然、人間が、動物が、消えてしまった世界で、いかに生きるか。
設定が面白く、どんどん読み進んだ。
機能が麻痺すると、都市はこれほど脆いものなのか。
壊れっぷりがすさまじく、おそろしい。
いかにサバイバルするかが、メイン。
イブの提案だけは、いただけない。
http://koroppy.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/13-98c6.html

2009/06/09 22:42

投稿元:ブクログ

SF好きで物理好き、そして東野圭吾さんもスキなので、
評価が甘くなっているのでしょうか。
と、自分の満足感を振り返ってしまうくらい、
amazonでは辛口コメントも多いようです。
かなり楽しかったですけどね。
個人的に東野圭吾さんの作品から暫く離れていたので、
先入観なく楽しめたのもよかったのかなと思います。
難癖をつけてみるなら、各人物のキャラクターをもっと肉付けしてほしかった。
あとはもっとみんな錯乱していいと思う。
リーダー格の誠哉が最後まで理性的なのはいいとして、
他の人たちが大人しいなあという気もする。
最後は確かに予想通りかなというオチでしたが。
多世界解釈、パラレルワールド・・・。
面白い。

2009/04/25 12:30

投稿元:ブクログ

13時13分からの13秒間、地球は“P−13現象”に襲われるという。何が起こるか、論理数学的に予測不可能。

そんな中、実際にその時を迎えたときに、特定の人間を除いてすべての生き物がこの世から消えてしまいます。なぜ我々だけがここにいるのか・・・・(って言っても、その理由は予想通りなんですけど)。

東野さんの珍しくSFパニック映画を思わせるような作品です。1970年代にさまざまなパニック映画がありました。「ポセイドンアドベンチャー」「タワーリングインフェルノ」「大地震」「大空港」などなど。そんな映画のシーンが思い浮かぶほど、てんこ盛りのビジュアルストーリーって感じです。特に生き残っていくための姿や行動、考え方は「ポセイドンアドベンチャー」にある主題とほぼ同じ感じです。

P-13までの過去が次第に暴かれて、それがまた別の世界でつながるというあたりは、ネタばれにもなるので詳しく書かないけど、作品でももう少しそこにスポットを当ててくれてもよかったかな?

東野さんですから、さすがに読ませる物語に仕上がっている感じで、スムーズに楽しく読めました。でも、その分、目新しさは少ないような感じも。期待が大きい分、不利だったかな?

でも、映画化されたら見に行くけど(^^;

2012/03/07 20:34

投稿元:ブクログ

東野圭吾なので当然殺人事件が起こり・・・だと思ったが全然違った。
途中で誰の作品を読んでいるのかわからなくなった。
っていうぐらい、すごい勢いではまりながら読めます。

主人公は主体性が無いようでいて、直感と本能で乗り切れる強い男だと思った。

そのお兄さんは、リーダーのような存在で、実際仕切ってはいたけれど、
最後まで何となく・・・魅力を感じられない人だった。
そしてラストに近づいたら、アダムとイヴ論。
作者は物語を書いているうちに、このお兄さんが嫌いになっていったんじゃ
ないかと思ってしまった。途中、すごくいい事言っているのに。
でも、絶対好きになれないタイプ。

こんなトラブルになったら誰かが仕切らなければならないんだけど、
上も下も無いと言っている割には、弟をなじるし、非難するし、お前が
一番そこから抜け切れてないんじゃないの?と思った。

結局、この悲惨な状況の中で、一番筋が通っていて、わかりやすかったのは河瀬。
最悪なのは、コミネ。何度でも死んで欲しい。

話は、面白いです。映画やドラマになったらいいな。

2012/03/10 11:37

投稿元:ブクログ

13秒間の矛盾

結構意外性もあり面白かった。
大震災もあった後なので非常時のこととかちょっと考えた

2010/04/14 23:40

投稿元:ブクログ

「ドラゴンヘッド」と「漂流教室」を掛け合わせたような作品。
東野圭吾らしくないね?

息を呑む程の予測不可能な展開・・・のはずなんだけど、鬼気迫るものが感じられない。伝わってくるものも、あまりない。
そもそも登場人物の誰一人として魅力が感じられない。
なんだかなぁなラストにも、イマイチ納得出来ない。

色々と中途半端な印象。

2010/05/12 02:02

投稿元:ブクログ

3月13日13時13秒に何かが起こる。日米の宇宙物理学者が発見した。
その時間内に死ぬと何が起こるかわからない。
死んだのは警察官の兄弟。クレーン事故のデブと看護婦。
飛び降り自殺の母と娘。ヤクザ。交通事故の運転者と上司。ひかれた女子高生と老夫婦。母に殺された赤ん坊。
自分達以外の人間はいない世界。キャリア警察官のリードで内閣総理大臣官邸に避難。しかし大地震で倒壊。36日にPG13の揺れ戻しがくる。
その時に生き残った、キャリアの弟、母と娘、女子高生、看護婦は寸でのところで死をまぬがれる。
ヤクザの生死は不明。
キャリアの兄は生き残ることが、戻れることを予想していた。

2010/11/23 17:43

投稿元:ブクログ

こんな感じの映画なかったでしたっけ?ある日自分一人になってるみたいな。東野 圭吾さんは理系の人なんだなってことを改めて思い出しました。小難しい話が書いてある感じだけど、わかりやすかったです。中盤くらいから続きが気になって夢中で読みました。

2010/12/07 17:50

投稿元:ブクログ

ドラゴンヘッドをイメージしながら読み進めました。登場人物は極端に少ないですが。どうしても何通りか先を予想してしまう。裏切りはしないけど・・・うーん。。しかも誠哉の見通しが、彼の性質上冷静沈着・現実的なはずなのに、日本全土もしくは全世界の土地が使い物にならない可能性を無視しているようで矛盾を感じる。冬樹も稚拙で、しかも女子高生と恋愛って・・・それは極限世界ではなくもないのかもしれないが。興味深く読めますが、腑に落ちない感は否めない。

2010/03/31 14:13

投稿元:ブクログ

2010年3月読了。いつもと違ってSF。さすがに読みやすいし楽しめるとは思う。映像化を前提に書かれたのかなと思った。私も知らないうちにP-13現象を通り過ぎてるのかもー。と楽しんでみた。

2009/06/09 14:55

投稿元:ブクログ

冒頭で行われる、重大会議。
これが、政府のお偉いさんがたも、理解しがたい事実なのだという設定なので
なかなか移入できず、読み進むのに時間がかかったけれど。。

場面が移り変わり、刑事が犯人を追いかけるシーンへ。。

さらに場面は移り変わり、
とてつもない、廃墟と化した「東京」へ・・・
ビルは倒壊、地面は突起したり、崩れたり。
おまけに天候も不順。
人が、いない・・・

やがて、見つかる人と人。
しかし、あまりに少ない人数。

「自然」が起こす、巨大な異変。
心を通わせ、力を合わせて、なんとか生き延びる。
が、それが、どういう事実なのかを知ることになる
元刑事管理官、誠哉。

冷静沈着、物事を一歩は慣れてみることができ、
的確な判断を瞬時に行うことが出来る誠哉。
その全く反対の弟、冬樹。

その世界は、たった13秒間の間に起きた、ブラックホールのしわざで起きた
時間のひずみ。。。
果てしなく続く過酷な状態での生き方。
これまでの「常識」が通じない世界。

最後には、いったい何が起きるんだろう・・・・
と、とてもSFチックなストーリーで、
目新しい東野圭吾作品でした。

いつものミステリーな、大ドンデン返し的なものではなかったけれど
たくさんのメッセージのこもった作品だったな〜

2009/05/03 14:10

投稿元:ブクログ

異質な感じがした。テーマの大きさに対して、書き手が持て余しているような印象を受ける。発想の転換を着眼点にもってくるあたりはさすが。わかりやすいキャラと展開で、あっと言う間にレールに乗って進んで行く。
何らかの大きな決断をしないことには、話が終わらない。そしてその決断を読者に納得させるには、それに至るプロセスが必要不可欠。このプロセスの部分が一番重要ではないかと思う。非日常的な経験の中で消耗し、それでも成長していくキャラたち。しかしその過程が、タイプの違うエピソードを焼き増ししてるだけにしか見えないのだ。この中盤の単調さに飽きがきて、東野作品には珍しく読書が停滞してしまった。崩壊していく東京の様子も淡々としており、作中と読み手の温度差は広がるばかり。好きな要素であるシンプルな筆致も、本作品においては説明不足に拍車をかけるだけ。
しかし何だかんだ言っても、この時期にこのテーマを持ってきたことは大きいと思う。荒唐無稽な設定だが、自分だったらどうするかどうなるか、とにかくいろいろ考えさせられた。

SF ランキング

SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む