サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 39件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2009/06/12
  • 出版社: 白泉社
  • サイズ:21cm/1冊(ページ付なし)
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-592-76135-8
絵本

紙の本

BとIとRとD

著者 酒井 駒子 (作)

ちいさな女の子の澄んだまなざしにうつるもの、心に生まれるもの。昼寝の蒸気機関車、図書館、お友達、スイレン…。8編のショートストーリーがつづる、やわらかい夢と現実。『MOE...

もっと見る

BとIとRとD

税込 1,870 17pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ちいさな女の子の澄んだまなざしにうつるもの、心に生まれるもの。昼寝の蒸気機関車、図書館、お友達、スイレン…。8編のショートストーリーがつづる、やわらかい夢と現実。『MOE』隔月連載を全面改稿。【「TRC MARC」の商品解説】

ちいさな女の子の、澄んだまなざしの先にあるものは…。その女の子のこころの中に生まれるものは…。8編のショートストーリーで綴る、夢と現実のあわいの“不安"と“温もり"。珠玉の傑作絵本。 2009年6月刊。【商品解説】

収録作品一覧

昼間の蒸気機関車
図書館
お友達

著者紹介

酒井 駒子

略歴
〈酒井駒子〉1966年兵庫県生まれ。「きつねのかみさま」で日本絵本賞、「くまとやまねこ」で講談社出版文化賞絵本賞受賞等受賞多数。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー39件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

キャラメル色の絵本の扉を開けてみると、そこには

2009/07/19 17:15

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:東の風 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 白い煙を吐く蒸気機関車を見つめる女の子。頭に小鳥をのせたまま、静かに、じっと。
 椅子に腰かけて絵本を開いている女の子。おっと、立ち上がったぞ。「なに、なに?!」と、飛び立つハト。
 窓の外を見つめている女の子。空から、真っ白なものが落ちてくる。あとから、あとから。しんしんと、音もなく。
 指しゃぶりしながら寝てしまった女の子。「ウォー、ウォー」 夢の中では、オオカミになって歩いてる。どこか、暗い森のほうへ。
 男の子がふたり、女の子がふたり。四人の子供が肩寄せ合って、壁にもたれている。ピカッ・・・・・・ゴロゴロ・・・ドーン。外では、カミナリが鳴ってる。カミナリは、リンゴにも落ちるかな?

 絵日記みたいな八つの短いお話と、それぞれにつき、一枚から二枚の絵を収めた絵本。酒井駒子さんの絵の雰囲気が、とにかく素敵。とりわけ、女の子の表情、眼差しがいいですね。「その視線の先にあるものはなにかな」「今見ている夢はどんなだろう」と、絵の中の女の子に吸い込まれてゆく気持ちになります。落っこちるかもしれないけどやめられない、白い雲の上に乗って遊んでいるみたいな、そんな気持ちにもなります。

 本書は、『MOE』の2004年12月号~2006年12月号に隔月掲載された「BとIとRとD」をもとに全体を再構成し、全面改稿したもの。

 たぐいまれな才能を持つこの絵本作家の世界にもっとふれてみたくなった方には、まず、『Pooka+ 酒井駒子 小さな世界』(Gakken)をおすすめしたいな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/01/25 17:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/04 20:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/14 22:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/19 17:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/07 21:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/11 21:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/26 14:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/24 21:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/23 00:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/11 21:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/15 00:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/23 13:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/25 00:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/11 22:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。