サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(1115-17)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

キップをなくして(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 30件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.6
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/279p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-382003-0
文庫

紙の本

キップをなくして (角川文庫)

著者 池澤 夏樹 (著)

改札から出ようとして気が付いた。ないない、キップがない!「キップをなくしたら駅から出られないんだよ」。どうしよう、もう帰れないのかな。キップのない子供たちと、東京駅で暮ら...

もっと見る

キップをなくして (角川文庫)

税込 616 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

改札から出ようとして気が付いた。ないない、キップがない!「キップをなくしたら駅から出られないんだよ」。どうしよう、もう帰れないのかな。キップのない子供たちと、東京駅で暮らすことになったイタル。気がかりはミンちゃん。「なんでご飯を食べないの?」。ミンちゃんは言った。「私、死んでいるの」。死んだ子をどうしたらいいんだろう。駅長さんに相談に行ったイタルたちは—。少年のひと夏を描いた鉄道冒険小説。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー30件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

日本版行きて帰りし物語

2016/05/04 18:00

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:更夜 - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の池澤夏樹さんは、イギリス児童文学を目指した(『ホビットの冒険』『指輪物語』
『ナルニア国ものがたり』など「行きて帰る」物語)との事ですが、池澤夏樹さんらしい
スマートさがあるけれど、イギリスの児童文学はもっとしつこくて、こってりしているかも。

 時代は1980年代。
小学生のイタルは趣味の切手コレクションの為に有楽町へ行こうと山の手線に乗るが
降りる時にキップをなくしていることに気がつきます。
その時、年長の少女に声をかけられ、ついていくと東京駅に。
東京駅には「キップをなくして外に出られない子供たち」がステーション・キッズとして
集団生活をしていました。

 イタルも仲間になって、東京駅での生活が始まります。
大体の子は、キップをなくした子ですが、ミィちゃんという女の子はホーム転落事故で
死んでしまった女の子。

 物語はミィちゃんが天国に行くという決心をして函館にみんなで行く所までひろがります。
東京駅からは日本各国どこへでも行けるのです。
ここら辺は北海道出身の池澤さんが子供の頃大好きだったという鉄道の様子が生き生きと
描かれています。

 後半、生と死という児童文学(特に日本)ではタブーとされている事柄について
触れていますので、完全子供向けではないかもしれません。
死んでしまったらどうなるのか?子供たちの素朴な疑問。
それについては、少々、理屈っぽくなっていて、それでも嫌味ではないからさらりと
読めます。

 朝の通勤ラッシュの駅のホームで、目に見えない子供たちが走り回っているのかも
しれません。ネバーランドのピーターパンのように。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/01/07 14:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/18 01:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/02 18:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/27 17:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/07 00:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/08 23:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/28 23:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/04 17:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/13 00:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/16 00:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/16 13:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/08/15 17:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/30 10:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/21 20:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

角川文庫 ランキング

角川文庫のランキングをご紹介します一覧を見る
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。