サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 高校生からわかる「資本論」

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

高校生からわかる「資本論」
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 78件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:高校生 一般
  • 発行年月:2009.6
  • 出版社: ホーム社
  • サイズ:19cm/287p
  • 利用対象:高校生 一般
  • ISBN:978-4-8342-5159-3
  • 国内送料無料

紙の本

高校生からわかる「資本論」 (池上彰の講義の時間)

著者 池上 彰 (著)

世界的大不況の中、今あらためて注目されているマルクスの「資本論」。そこには何が説かれているのか。実際に授業形式で解説したものをもとにまとめ、高校生にも理解できるよう口語文...

もっと見る

高校生からわかる「資本論」 (池上彰の講義の時間)

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「高校生からわかる「資本論」」が含まれるセット商品

池上彰のそうだったのか&講義の時間シリー 7巻セット

池上彰のそうだったのか&講義の時間シリー 7巻セット

  • 池上彰 著
  • 税込価格:12,096112pt
  • 発送可能日:購入できません

商品説明

世界的大不況の中、今あらためて注目されているマルクスの「資本論」。そこには何が説かれているのか。実際に授業形式で解説したものをもとにまとめ、高校生にも理解できるよう口語文で説明する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

池上 彰

略歴
〈池上彰〉1950年長野県生まれ。フリージャーナリスト。NHK入局、記者、「週刊こどもニュース」のお父さん役等を務めた。著書に「そうだったのか!日本現代史」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

 マルクスの『資本論...

ジュンク堂

 マルクスの『資本論』が見直されている。なぜ、今再びマルクスが読み直されているのか、から始まり、マルクス自身と、マルクスの生きた時代をわかりやすく解説。
 難解な『資本論』の文言を平易な文に置き換えることによって、『資本論』の本質を高校生でも理解できるように講義してくれる。

みんなのレビュー78件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

池上さんの口語調の解説でわかりやすい!

2016/04/30 20:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:森のくまさんか? - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルにも書きました通り、池上さんの解説で

資本論が非常に理解しやすかったです。

140年前の内容が今現在のことと同様のことが起こっていることを

マルクスが資本論にて 資本主義を分析したんだと思いました。

共産主義国は現状ほぼ崩壊してしまいました。一方、西側諸国は

資本主義の勝利と浮かれてしまって、急激な新自由主義によって

140年前の状況に戻ってしまったとのこと。資本主義がまた

行き過ぎてしまっています。

 繰り返しますが、大変わかりやすい内容でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

概要がつかめます

2015/08/29 11:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tow - この投稿者のレビュー一覧を見る

難解な資本論1巻目の概要がつかめます。これを読んでから、資本論を読むと
理解が深まると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/10/29 21:29

投稿元:ブクログ

経済学と全く縁のない人間の視点なので、もしかしたらかなり優しく解説されているのかもしれないが「高校生から」ということだが、やはり「資本論」は難しい。
でも、少しでも分かりやすく説明しようとしている池上さんの気持ち(模範授業を文章化)はよく伝わって来た。

2010/12/27 22:40

投稿元:ブクログ

現役高校生です。高校生から「わかる」と書いてありますが、一回読んだだけでは「理解」はできませんでした。

引用されている文章は「こういうことかな?」と見当を付けるのに3回読んでもまだ足りないぐらい分かりづらいので、『資本論』を自力で読もうとしたら多分読み切れなかっただろうと思います。
池上さんの噛み砕いた解説があったからこそ読み切ることができました。
それでも高校生だと、自分の経験まで下りて実感することができないため、「わかった」という感覚にはなりづらいです。
ただ、政治や経済のことについて読む以前より理解しやすくなった気はします。

資本主義と社会主義のことや、今起こっている派遣切り等の問題、この本を読むとそういったことについて殆ど知らない自分に気付きました。
私も今はまだ高校生ですが、もちろん大人になるわけで、その時そういった問題を理解できている大人になりたいです。

2010/01/18 21:56

投稿元:ブクログ

(2010.01.18読了)
「学生時代には、「『資本論』が読み進めないのは自分の力がないからだ」と思っていたのですが、いまになって読みなおすと、単にマルクスがわかりやすい説明をしていなかったからだと思うようになりました。」と池上さんは、「おわりに」に書いています。
的場昭弘さんの「超訳資本論」全3巻を読んだのですが、簿記を使って説明してくれたら随分わかりやすくなるのでは、と思ったりしたのですが、どうなのでしょうか?
的場さんの本を読んでもよくわからないので、池上さんならわかるかと思って読んでみたのですが、それなりのまとまりをもった構成にはなっているようですが、あまりにも現代に引きつけ過ぎているように思います。高校生にもわかるように、という狙いなので、やむを得ないことなのでしょう。もう一冊ぐらい別の本にあたってみましょう。

「資本論」は、全三巻になっているのですが、この本では、第一巻だけを扱っています。使用したテキストは、筑摩書房刊のマルクス・コレクションⅣ・Ⅴ「資本論 第一巻」(上・下)2005年発行です。

●金融恐慌は、新自由主義のため(21頁)
マルクスが「資本論」を書いていたころの時代には、恐慌というのがひっきりなしに起きていた。東西冷戦時代で社会主義にならないようにと資本主義の国々が労働者の権利を守り、経済がひどい状態にならないようにといろんな仕組みを作ったことによって、恐慌というのは起きなくなっていたのに、新自由主義によって、すべてを自由にした途端に、再び恐慌が起きるようになってしまったのではないか、ということなのです。
●「資本論」を要約すると(41頁)
人間の労働があらゆる富の源泉であり、資本家は、労働力を買い入れて労働者を働かせ、新たな価値が付加された商品を販売することによって利益を上げ、資本を拡大する。資本家の激しい競争により無秩序な生産は恐慌を引き起こし、労働者は生活が困窮する。労働者は大工場で働くことにより、他人との団結の仕方を学び、組織的な行動ができるようになり、やがて革命を起こして資本主義を転覆させる。
●使用価値(57頁)
人間の労働が受肉されて使用価値を持っているということは、人間の労働こそが尊いもので、人間の労働があってこそ世の中すべての商品には価値があるものなんだよ、労働が受肉されているから使用価値なんだよ、とマルクスは言いたいのです。
●貨幣の機能(81頁)
貨幣には三つの機能があります。
貨幣は、まずは価値尺度になります。
それから、お金の価値は保存することができます。
それから支払い手段になります。
●金儲けの仕組み(106頁)
資本家というのは、工場を建てたり、機械を買ってきたり、原材料を買ってくるのと同じように、労働力を買ってきてここで製品を作らせる。するとその製品は、買ってきたものよりも高くなる。こうやって資本家は金をもうけているんだ
●先のことなど(147頁)
洪水は我れ亡き後に来たれ!これがあらゆる資本家と資本主義国家の合言葉である。だからこそ資本は社会によって強制されない限り、労働者の健康と寿命に配慮することはない。
●労働者の能力を高める(210頁)
資本主義というのは、何も悪いことばかりではない。みんなが一緒になって働く、協力して世の中を動かしていく、協力して働くとそういう力を身につける、そういう生きがいを身につけると同時に、子どものころから様々な教育を受けられるようになってくる。資本主義というのは資本家は金儲けのためにいろいろやるんだけど、それは結果的に労働者が能力を高めていくことにもなる

☆池上彰の本(既読)
「池上彰のこれでわかった!政治のニュース」池上彰著、実業之日本社、2006.09.15
「池上彰の「世界がわかる!」」池上彰著、小学館、2007.10.01
(2010年1月19日・記)

2010/03/25 00:44

投稿元:ブクログ

○2010/03/22 
それでも少し難しかったなあ。これ直接高校生が講義を受けていてかつそれを飲み込んで理解できていたなら羨ましい。
たしかにマルクスの引用文を読んでいると目が滑って滑ってしょうがない。まあまず手に取ることのなさそうな本だけど、こういう形で触れる程度でも知っておければいいかなあ。世界のしくみ、経済の仕組み、政治にも触れていたり、知らないことをたくさん読んだ。でも書き方もあるし、特別難しいことを題材にしているとは感じなかった。砕き方がうまいのか。すごいなあ。まあ言ってることは簡単でも内容は難しかったけど。
もう一度時間をかけてゆっくり読み込んでいきたいと思った。この本を理解したと自信を持って言えるくらいになったら、資本論の元の方にも手が出せそう。…いや、でもないかな(笑)
現代のこの情勢について、池上さんはフォローもしてるけどどうしてもバッシングが先行しているイメージ。投げかけをするのは講義だからなの?
昔の人は内も外も無駄に着飾るのが好きだったんだろう。最後に池上さんが、読みにくいのはマルクスの書き方が悪いって断言しているところに笑った。

2009/08/28 13:34

投稿元:ブクログ

読みやすくてよかった。
なんつかお金の仕組みって不思議よね。
行き過ぎた資本主義の構造こそが現在叫ばれる貧困の問題や
経済危機の問題に大きく関わっている。

2011/02/27 22:58

投稿元:ブクログ

現代の格差社会をマルクスは言い当てている。
資本というのは利益を拡大するという一点のみが存在理由。

限られた法定労働時間内で高密度の労働を行わせるためには、
教育。社会主義革命を防ぐためには、労働者権利の保障が必要。
労働者への教育や権利保障は、資本側の都合も良いから、
認められ普及してきた。
特に労働者にとって、教育はそれを利用して、
様々な分野の学習するチャンスが生まれた。

「洪水は我亡きあとに来たれ!」資本家の合言葉である。
社会によって強制されない限り、労働者の健康と寿命に配慮する事はない。
賃金を安く抑えるためには、失業者が適度に存在してくれた方が
企業としてはありがたい。

出来高制にすると、必要以上にがんばっちゃう。
企業側からすると有利。

つまり、企業は我々労働者の事なんか守ってくれない。
まずは利益第一で、自分達にとっても利になる範囲内でしか
労働者の待遇を向上させようとはしない。
企業にぶら下がっている限り、言いようにいわれ、
手のひらの上で搾取され続けてしまう。

かといって、独立が全てではないが、
資本家が労働者を搾取する事で成り立つ資本主義社会において、
企業に様々な厚遇を期待する事自体が間違い。
企業に捧げる労力は最小限にし、プラスアルファの自分の強みを
磨き続けるしかない。

がむしゃらに働く企業戦士は、美徳とされてきたが、
実は資本家の策略にはまった一労働者の姿ではないだろうか。
皆資本家の作り出した精神論や哲学に感化され、
激務に疑問を感じなくさせられているのだろうか。

そう考えると、世の名経営者達が単なる奴隷商人に見えてくる。
そういえば、彼らは社員への待遇より、
叱咤激励して自分の会社のために、成長し成果を出せしか言わない。
そうじゃなきゃ会社は成長しないから分かる。
だが、社員は単にその指示を妄信するのではなく、
それを利用して、自分を高め、資本家側に回れる努力をしないと、
大きな富は得られないのではないだろうか。

彼らは本気で我々の事を思ってくれてるわけがないんだ。
いや、個人的にはあっても、社長の立場上、
自分の会社の利益がまず第一の考えに基づいて行動しないと会社はつぶれるからそうせざうをえないから責めることはできない。

2010/05/07 13:04

投稿元:ブクログ

資本論に出て来る重要な概念をこんなにわかりやすく解説した本が他にあるだろうか。池上さん本人が学生の頃に挫折した本であるってところもあるし、高校生に講義したのを本にしたものであるってのもあるし、とにかくわかりやすい。もちろんあくまで入門書であって時間や興味のある人は原典に当たっていくべきですけど。
さらにマルクスが述べたことが現代をどれだけ予見していたかってことも改めて感じてマルクスの天才さにはちびるばっかりです。
一般にはマルクス主義ってばソ連やチャイナを思い浮かべるんでしょうが、それが誤解であることもこの本を読んでいただければすんなりわかってもらえると思う。

2013/01/12 16:34

投稿元:ブクログ

この本を読む前に「いまこそ資本論」という本を読み非常に興味がわいたが
ほんとうの「資本論」は非常に難解らしい。
そこで池上さんの登場!
高校生でもわかっていうけど、社会人にもよくわかる1冊です。
とりあえず「資本論」のあらすじだけなんとなくかじったので
死ぬまでに本当の資本論を読んでみたいと思います。
無理もしれんが・・・・

2015/03/17 20:40

投稿元:ブクログ

W→G→W
→G→W→G’
→G’→G’’→…

死んだ労働(+生きた労働)→新しい怪物(資本)→繰り返し

2009/12/02 22:07

投稿元:ブクログ

学生時代を思い出した。
経済学部の私は当然資本論にも挑戦したが、理解出来なかった部分が多かった。
分かりやすく書いてあり、十分理解できた。
成程、著者の言うように、現在の新自由主義とやらは、マルクスの想定した資本主義の末期に近いのかもしれない。

2009/11/15 17:06

投稿元:ブクログ

やはり池上さんの説明は分かりやすい。
金融危機で新自由主義が見直され、資本論が最近読み直されている理由がよくわかった。
以下自分のメモ用のまとまってないコメント。

冷戦の間は、東側の脅威に対抗するため西側諸国の労働者(待遇が悪ければ社会主義革命を起こしてしまう恐れがある)が様々な法・規制・福祉により守られていた=資本主義が行ききっていなかった。
東側が崩壊したことで資本主義は社会主義よりも優れた形態だという認識に至り、より経済を発展させられるよう新自由主義が台頭したが、失敗。
今また修正され始めた。

最近格差が広がり、豊かな先進国でも労働者は貧困状態。これは、労働市場にまで新自由主義が導入された結果であり、まさにマルクスが資本論で述べていたこと。

民主主義が成立していれば平和裏に社会主義に移ることができる。例えば日本でもアメリカでも政権が交代し、弱者に重点をおく政策をとる政権になった。これを修正資本主義と見るか、社会主義への第一歩であり平和裏になされた社会主義革命と見るか。
ベーシックインカムは社会主義思想に近いところがあるのではないか。

よくマルクス・レーニン主義という言葉を耳にするが、これは実際にはマルクス主義ではない。マルクスは民主主義・資本主義が十分発展してから社会主義に移るとしたが、ソ連等では民主主義・資本主義が発展して労働者が革命を起こす前に、社会の上位層の人が共産主義の考えを知って共感し、革命を起こしてしまった。十分に発展して豊かになってから社会主義になれば、皆が豊かになれるかもしれない。

2012/08/11 21:05

投稿元:ブクログ

なぜお金を出せば物が買えるのか?お金そのものの価値とは?商品の値段は何を基準に決められるのか?などお金に関する疑問にやさしく答えてくれる
お金に関する歴史ももちろん、働くこととは?資本主義社会はどんなシステムで動いているのか?といった疑問も解決される
目からうろこ、という感じではなく、なんとなく知っていたことを改めてしっかり納得する感じ

資本家になりたい!

2015/03/13 22:41

投稿元:ブクログ

高校生への授業形式の解説をもとにしただけあって、かなりざっくりしたところはあるが、『資本論』のポイントが、いつもの池上彰口調でたいへんわかりやすく解説されている。また、『資本論』を読んでどう受け止めるかを読者に託すなど、『資本論』を扱う書物として中立的であろうとしている姿勢にも好感が持てる。
『資本論』の内容そのものについては、そもそも労働価値説に疑問があり、この本を読んでもそれは変わらなかったが、一つの考え方の前提としてそれを受け入れたとしたら、資本主義社会での労働者の状況をよく説明できる理論ではあると感じた。確かに、現代にも与える示唆は結構あると思った。
それにしても、池上氏も強調しているとおり、「該博な知識の披瀝、華麗なレトリック」にあふれたマルクスの文章はわかりにくいと思う。簡単に説明できることを、わざとわかりにくく書いているように感じる。その点で、本書のような本はとてもありがたいと思う。

経済学・経済理論 ランキング

経済学・経済理論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む