サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 経済・ビジネス
  4. 経営・ビジネス
  5. 日本経済新聞出版社
  6. 記事トレ! 日経新聞で鍛えるビジュアル思考力

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

記事トレ! 日経新聞で鍛えるビジュアル思考力
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 42件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.5
  • 出版社: 日本経済新聞出版社
  • サイズ:19cm/189p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-532-35368-1
  • 国内送料無料

紙の本

記事トレ! 日経新聞で鍛えるビジュアル思考力

著者 板橋 悟 (著)

新聞の読み方ひとつで、人生が劇的に変わる! ヒト・モノ・カネというビジネスの3要素を押さえて『日経新聞』を読み、関係性をつかむリーディング術と、それを図解で表現するビジュ...

もっと見る

記事トレ! 日経新聞で鍛えるビジュアル思考力

1,512(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

新聞の読み方ひとつで、人生が劇的に変わる! ヒト・モノ・カネというビジネスの3要素を押さえて『日経新聞』を読み、関係性をつかむリーディング術と、それを図解で表現するビジュアル術を教えます。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

板橋 悟

略歴
〈板橋悟〉1963年東京都生まれ。東京工業大学理学部物理学科卒。インディペンデント・ビジネスプロデューサー。エクスアールコンサルティング(株)代表取締役CEO。エデュテインメント・ラボ代表。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

 「君は、何のために...

ジュンク堂

 「君は、何のために日経を読んでいるのか」
 ただ漫然と新聞を読み流している人には耳に痛い言葉かもしれない。かつてそう問われたことのある著者が、「ビジネスに活かす」ための日経の読み方を、「記事トレ」を通して伝授してくれる。さあ、今日から日経を読んで、思考力、発想力をも手に入れよう。

みんなのレビュー42件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

毎日、ちょっとずつビジネス発想を鍛える方法

2009/12/17 13:47

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かつき - この投稿者のレビュー一覧を見る

右脳型教育メソッドをビジネス思考に活かした
「ビジュアル・シンキング」を一般読者向けに書き下ろした一冊。

日経新聞というと「読み方」や「情報源」として使いますが
それを<「学習メディア」として活用>します。

わたしもそうですが、日経新聞は消費面と企業面がおもしろい。
本書は、記事を<ヒト×モノ×カネ>の要素で切り取って、
そこにどんなビジネスが隠れているかを<想像>します。
その想像がビジネス発想に繋がります。

これがとっても簡単。
実際に自分で表と図を作成します。

記事を切り取る作業は、3W1Hに落とします。
3W1Hとは「Who Whom What How much」。

また、ただ好きなように想像するのではなく、
ロジカルに想像します。
このヒト・モノ・カネを切り取り、想像する過程を
リーディングと呼んでいるのですが、これが3段階あります。

レベル1はみんなが新聞から読みとれること。
レベル2は隠れている要素(多くは収入源)を想像すること。
レベル3はヒト・モノ・カネのそれぞれの軸で発想を動かし、ビジネスにすること。

最初のステップが誰もができるので
次のステップに行きやすく、
また隠れている要素を見つける作業は
知識や経験が活かされるので、おもしろい。

本書に例題がいくつか掲載されているのですが、
夢中でやってしまいました。

実際には3W1Hシートが必要になりますが
「記事トレ公式サイト」で無料でダウンロードできます。

若いビジネスパーソン、日経新聞を読んでいる人に
お薦めの思考ツールです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/08/08 08:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/11 22:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/12 06:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/21 20:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/29 11:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/12 18:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/03 01:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/19 19:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/29 13:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/28 21:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/14 22:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/09 16:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/25 08:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/29 13:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

経営実務 ランキング

経営実務のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む