サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

古レールの駅デザイン図鑑
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.6
  • 出版社: 鹿島出版会
  • サイズ:19×19cm/164p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-306-04528-6
  • 国内送料無料

紙の本

古レールの駅デザイン図鑑

著者 岸本 章 (著)

古レールの再利用によって造られている、駅のホームにある上家の構造物。鉄道史からも建築史からも取り残された存在の、デザイナーと呼ばれなかった人々のデザイン行為によるそれら「...

もっと見る

古レールの駅デザイン図鑑

税込 3,024 28pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

古レールの再利用によって造られている、駅のホームにある上家の構造物。鉄道史からも建築史からも取り残された存在の、デザイナーと呼ばれなかった人々のデザイン行為によるそれら「近代化遺産」を発掘し、写真と共に収録。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

岸本 章

略歴
〈岸本章〉1956年東京都生まれ。東京藝術大学美術学部大学院修了。多摩美術大学環境デザイン学科教授。建築家。岸本章設計所主宰。日本民俗建築学会理事。日本建築学会会員。道具学会会員。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

古レールの魅力と著者の根気に圧倒される写真集

2009/09/23 09:48

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おもにあ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 山手線内の駅には古レールでホームの上屋を組んだものが多く、いずれまとめて写真を撮ろうと思いながら、そのままにしている。で、それを全国に渡って実践したのが本書。古レールそのものに対する研究は鉄道雑誌やインターネット上で見ることができるが、それを建築・デザインの観点から捉えた本は初めてではないだろうか。

 「まえがき」と帯に書かれているように、「デザイナーと呼ばれなかった人々のデザイン行為による近代化遺産」である古レール組み上屋のモノクロによる言わば「形式写真」が、164ページの本のほぼ隅から隅までびっしりと並んでおり、ぱらぱらとめくるだけでも圧倒される。

 著者は多摩美術大学環境デザイン学科の教授であり、デザイン・建築・鉄道史それぞれの視点での解説が写真に添えられている。これが的確かつ軽快で、ややもすれば無味乾燥な本にもなりかねないところなのに実に面白く、見れば見るほどどんどんと古レールの魅力にとりこまれていく。おそらく鉄道だけが好きな人、建築やデザインだけが好きな人、それぞれに楽しむことができるだろう。

 それにしても、乗降客が行き交うはずのホームでの写真なのに、ほとんど人が写っていない。「あとがき」によると、列車の先頭に立って古レールの構築物を見つけると下車し、人がいなくなるのを待って写真を撮るという行為を繰り返されたとのことで、とてつもない根気の集大成でもある。

 なお、著者のサイト「環境デザインマニアック」によると、11月に写真展が予定されているとのことで楽しみである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/02/14 10:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/01 21:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

鉄道 ランキング

鉄道のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。