サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

発達障害 境界に立つ若者たち(平凡社新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.6
  • 出版社: 平凡社
  • レーベル: 平凡社新書
  • サイズ:18cm/246p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-582-85470-1
  • 国内送料無料
新書

紙の本

発達障害 境界に立つ若者たち (平凡社新書)

著者 山下 成司 (著)

一見普通だけれど、簡単な計算ができなかったり、ちょっと変わっていたりする。だから理解されにくく、「居場所」が見つからない…。そんな「普通」と「障害」のはざまにいる彼らが今...

もっと見る

発達障害 境界に立つ若者たち (平凡社新書)

799(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

一見普通だけれど、簡単な計算ができなかったり、ちょっと変わっていたりする。だから理解されにくく、「居場所」が見つからない…。そんな「普通」と「障害」のはざまにいる彼らが今悩んでいること、これからのことを語る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

山下 成司

略歴
〈山下成司〉1953年山口県生まれ。フリーランスのイラストレーター。イラストレーションの仕事のかたわら、LD児、境界児のための私設学校で美術・英語などの授業を受け持つ。音楽活動も行う。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

よりよい世の中に。

2009/09/28 18:56

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みらくる - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者は、18年もの間、発達障害や自閉症をもつ子どもたちの
「先生」として、英語や音楽などを教えてきた経験をもつ人。
本業はイラストレーターだ。

教えてきた学校というのは、「A学院」という、高校卒業の
資格を得ることが出来る私設の学校。
この本は、ここで出会ってきた子どもたちのなかから、6人
にインタビューして、当時の学校のことや、卒業したあとの
ことを、生の声のまま書き記している。

それぞれの子どもたち(というより、タイトルの通り、もう
若者たち)は、計算ができない算数障害や、漢字がよくわか
らななってしまう識字障害、アスペルガー症候群であったり、
学習遅滞であったり、さらにはそれらが合わさった状態であ
ったりと実にさまざま。それぞれが、少しずつ違った障害だ
ったりする。

彼らの困難は、著者が彼らに尋ねている「三つの願い」に象
徴されている。免許がほしい、彼女がほしいなどなど、ささ
やかなものだ。彼らがこうしたささやかな願いが実現できる
ような、そんな世の中を実現する、これが著者の願い。
これが、少しでも実現できれば、われわれは、もっといい社
会を作れるのではないか、と思う。ただただ思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

興味があって

2016/12/29 17:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しげぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

もしかして母には発達障害があるのでは、という思いもあり興味を持つようになりました。正直この本を読んだからといって母に関しては参考になりませんでしたが、様々な発達障害の方のエピソードが盛り込まれていてとても読みやすく益々この分野に興味をもつようになりました。保育に携わるようになったことで、さらに理解を深めようと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/11/27 16:25

投稿元:ブクログ

20年近く、情動に動かされてA学院を支え続けた著者ならではの視点。もちろんかたよりはありますけどね。

2009/09/30 23:06

投稿元:ブクログ

実際の教育現場において、発達障害をかかえる生徒がどのような場面で不便さを抱えるのか
ということがとてもよくわかる本。

2009/12/14 20:17

投稿元:ブクログ

軽度な発達障害を持ち、外見は「普通」の子。

ちょっと不適応なところがあるけれど(例えば、極端に空気が読めないとか)、特別支援学級や特別支援学校に行くまででもない。そういう狭間にいる人たちのインタビューで構成された書。

教師が決して言ってはならない言葉の一つに、「こんなことも分からないのか」というのがあると思う。これは何も発達障害のあるなしに関わらず言ってはいけないと思うのですが、特に本書に書かれているような「境界児」には特に言ってはダメだと思います。

「できないことはできない」と受け入れることも大切なことだと思います。「障害は個性である」と受け止められるような世の中に、なっていったらいいと思う。ただ、やはり障害児、境界児の置かれた現状は厳しい。

普通クラスでどう彼らを教育していくか、じっくりと考えてみたい。

2014/08/10 09:35

投稿元:ブクログ

見た目はなんら他の人と変わらないのに、周りからの理解がないためにみんなと一緒にすごすのが難しい子供たち。私設の学校に通っていた子供たちの今昔。

2011/12/20 00:01

投稿元:ブクログ

「発達障がい」とは何か。何でもかんでも「アスペルガー」とか「アスペ」と呼び、決めつける人が身近におり、悲しくなってこの本を手にとった。
発達障がいと、勝手に決めつけることはできない。「○○の傾向がある」と言うことはできても、「○○」だと診断しきることは難しい。それほど線引きが曖昧な障がい。だからこそ「境界児」という言葉はストンときたし、その曖昧さを抱えながらも、それを「個性」とする本の中の人たちの生き方に共感できた。
そうだ。「障がい」なんて言葉をつけるのは、少しおかしい。

2011/04/02 22:20

投稿元:ブクログ

 健常者と障害者の境に立つ若者の悩みが描かれている。健常者に見られてしまうので、何か人と違うことをすると、周囲から白い目で見られてしまう。学校や職場でも上手くいかないことが少なくない。しかし、そんな若者は決して悲観的ではない。明るく、前向きに生きている。それが救いだった。

2011/10/31 11:42

投稿元:ブクログ

発達障害シリーズも、とりあえずこの本で一区切り。
二十歳を超えた発達障害の人へのインタビュー集。一見普通に見えるけど、ちょっと違う、その人たちが大人になってどうしているのか、元先生が、元生徒たちへのインタビューして回っている。

心に残ったのは、単なる成績不振対策として始めた塾の先生が、どうしても分からない、理解できない子供がいることに気づいた、と。その子たちは、四則演算すら難しい、漢字も全然読み書きできない、など、普通の子供との間に深い溝がある。さらに、頑張ってもできない、分からない。
これから小学校へ上がる私の甥は大丈夫だろうか。。。

それから、インタビューの子たちが、非常に就職に苦労していること。周囲の人とコミュニケーションがうまくとれない、あるいは、空気が読めなくて次々仕事を辞めさせられる、などなど・・・。
大人になって、自分を養えるだけの仕事をして、家を出て一人で暮らせることは、当たり前ではない。。。一方で、親はいつか死ぬし、日本の福祉制度は「一見普通に見える」人達に、それ程甘くはないだろう。

2009/09/05 20:31

投稿元:ブクログ

発達障害 といいながら たぶん 知識のない人から見たら 障害があると わからない レベルの 若者たち最近 事件報道などを見ていても この事件 障害(見た目にはわからない程度の障害)のある人が起こしているのでは? とよく思います人とはちょっと違う ちょっと足りない でも 特別扱いされないし 手助けもない っていうような

2012/02/01 16:32

投稿元:ブクログ

著者は特別支援学校に入学するほどではないけど、一般の学校には着いていけない「はざまの子」(高校生ぐらい)の「学校」で講師を18年間務めたかた(専門家でもなければ免許を持った教員でもない)。多様な発達障害の若者のすがたを教えてもらう(ノーマライゼーションについて考えるきっかけにもなるだろう本)。「やってもできない」を「ま、そうだよね」と返せる気構えは、やはり一対一のプロセスがないと難しいということか。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む