サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「人生と幸せとお金」ポイント5倍キャンペーン(~6/26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

春情蛸の足(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 23件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2009/06/12
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/351p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-276395-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

春情蛸の足 (講談社文庫)

著者 田辺 聖子 (著)

「熱、つつ、つ」。偶然たどりついた店で出会った、いとしのお好み焼き。初恋の相手に連れて行かれた理想のおでん。彼女の食べる姿に惚れたきつねうどんにたこやき。妻が味を再現でき...

もっと見る

春情蛸の足

税込 648 6pt

春情蛸の足

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 3.7MB 無制限
Android EPUB 3.7MB 無制限
Win EPUB 3.7MB 無制限
Mac EPUB 3.7MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「熱、つつ、つ」。偶然たどりついた店で出会った、いとしのお好み焼き。初恋の相手に連れて行かれた理想のおでん。彼女の食べる姿に惚れたきつねうどんにたこやき。妻が味を再現できないすきやき。そして離婚相手と一緒に味わうてっちり…。読むと幸せになれる、食と恋の短編集。笑って恋して腹がすく。【「BOOK」データベースの商品解説】

文化勲章作家による食い倒れ熟年恋愛短編集高すぎず安すぎず、食べたいおでんを求め歩く表題作をはじめとした、食と恋にまつわる短編8編。読めば必ず食べたくなる、大人の恋もしたくなる!解説・小川糸。【「TRC MARC」の商品解説】

「熱、つつ、つ」。偶然たどりついた店で出会った、いとしのお好み焼き。初恋の相手に連れて行かれた理想のおでん。彼女の食べる姿に惚れたきつねうどんにたこやき。妻が味を再現できないすきやき。そして離婚相手と一緒に味わうてっちり……。読むと幸せになれる、食と恋の短編集。笑って恋して腹がすく。


食べ物のある所には、人間だけに許された喜怒哀楽、笑いや涙がある。
「あー、美味しかった。ごちそうさまでした。」――小川糸(解説より)

「熱、つつ、つ」。偶然たどりついた店で出会った、いとしのお好み焼き。初恋の相手に連れて行かれた理想のおでん。彼女の食べる姿に惚れたきつねうどんにたこやき。妻が味を再現できないすきやき。そして離婚相手と一緒に味わうてっちり……。読むと幸せになれる、食と恋の短編集。笑って恋して腹がすく。【商品解説】

目次

収録作品一覧

春情蛸の足 7−49
慕情きつねうどん 51−90
人情すきやき譚 91−131

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー23件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (11件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

お腹が空いて困った!!

2009/10/11 21:45

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オクヤマメグミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

目次を眺めただけで、じんわりと食欲がわいてくる。
読めばなおさら、だ。美味しいものを囲む男女の場面が実に見事で、その味わいはもちろん、漂う湯気まで伝わってきた。
ああ、私もそのテーブルにつきたい!
8つの物語は全て「食べ物」と「情」が絡んでいる。
薄情、多情、無情、同情…。
人と人が出会うとき、食事を無しに語ることは稀だろう。
同じ食卓で美味しいものを味わう。
共有する時間は、2人の中を深めるか否か?
そんな駆け引きも読んでいて楽しい。
食べるという日常不可欠の、ありふれた行為が、こんな世界を生み出すこともあるのだ。
食べられるって、幸せなことなんだなあ…。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あの時代の気分を思い出しながら読むと、さらにいい

2018/05/23 15:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

昭和が終わる少し前(1987年)に編まれた、食べ物と恋をテーマにした短編集の表題作となったのが、この作品。
 あるいは「24時間戦えますか」という栄養剤のCMが流れたのが1988年だから、そんな時代の気分が、この作品の主人公杉野にはある。
 かといって、あのCMのようにバリバリの企業戦士でもなく、39歳、4歳と2歳半の男の子を持ついたってどこにでもいる男だ。
 ただこの小説の場合、この時代の雰囲気がとっても生きている。

 さて、この杉野であるが、奥さんとは最近とんとご無沙汰なのである。
 田辺サンはそのあたりのことを「淡泊」と書いたり、「寝てるほうがエエ…」なんていう奥さんの台詞で表現しているが、この作品全体がこういう際どい表現で書かれていながら、ちっとも不快も欲情もわかない。
 田辺サン、さすが。
 その杉野がある日ばったり幼馴染のえみ子と出会う。
 久しぶりに会った二人が向かったのがこじんまりしたおでん屋。
 「大根が薄いべっこう色に煮えて行儀よく重なっている。じゃが芋は、だしに煮含められて琥珀色である」と、おでんを表現する田辺サンの名人芸にしばし舌なめずりしよう。
 きっとこの短編は、このおでんを味わうだけで、半分以上満足できる。

 何十年ぶりかで再会した杉野とえみ子だが、やけぼっくりに火がつきかけて、杉野はするりと身をかわす。
 なぜか。
 杉野はおでん鍋の具材を眺めつつ、じっくり味わいたい男だったのだ。
 きっと彼は「24時間戦う」気など毛頭ない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

食べ物、酒、恋愛、いずれも自分好み。

2016/02/29 11:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:雲絶間姫 - この投稿者のレビュー一覧を見る

関西育ちのため、言葉、食べ物が非常にフィットしていて好きな作家さんです。あとは主人公の女性の多くが自立していて(懐かしいフレーズですがハイミスのキャリアウーマン)自分と重なる所も多いので読みやすい。田辺聖子さんの描く食べ物は、いずれ劣らぬおいしそうな関西の食べ物。関西と言えば今では粉もん、串カツのイメージですが、そうではない、関西の人が普段食べている物やちょっと「ええもん」まで生き生きと描かれています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おいしい

2013/03/22 02:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふわふわ - この投稿者のレビュー一覧を見る

食べるの大好きな人にはお勧め。読んでいくとだんだん食べたくなる。そして人と人の付き合いの中で、食べ物を共に楽しめるのはホントに大事なんだなあと納得。今日も腕によりをかけてダーリンのご飯を作ります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

味だけではなく、味わうという行為

2010/12/14 23:04

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きゃべつちょうちょ - この投稿者のレビュー一覧を見る

とにかく、食べものの描写が美味しそう。
たこ焼き、お好み焼き、すき焼き・・・・・。
あっついところをはふはふしながら
頂くのが最高!という食べものが出てくる。

物語の主役は、この食べものたち。
そして、あっついと言いながら
食べる男たち、女たち。
いつもは脇役になりがちな、
おとなしめの中年男性たちにスポットを当て、
彼らの気持ちを代弁しながらも
女性側の本音をのぞかせる手腕は鮮やかだ。

「慕情くじら」
独身時代に母親がよくつくってくれた鯨肉の鍋。
木津は所帯を持ち中年になってもその味が忘れられず
妻にリクエストするのだが、
妻はそれを食べたこともなく、つくりかたを知らない。
しかも材料自体が年々手に入りにくくなってくる時代のこと。
ますます鯨肉への思いは募るばかりである。
木津が鯨肉の思い出を簡単に忘却できないのは
母とふたりきりで食べた鍋の味に、
亡くなってしまった母への思い。
もう三十年以上も顔を見ていない父への思い。
それらが密接に絡み合っているからである。
ラストでは、思いがけない形で
木津がほんとうに食べたかった鯨肉の料理を
食べられる運びとなる。滋味あふれるシーンである。

全編をとおして、食べものの好みが合う人と
おなじものを美味しく食べられる幸せが綴られる。
パターンとしては、妻と食べものの趣味が違う夫たちが
趣味の合う女性と食事をする、というものが多いが、
それは、食べものの趣味の一致がどれだけ大切なのかを
効果的に描く方便でもあるのだろう。
登場する夫たちは、ほんとうは、じぶんの家で
好物を妻と美味しく食べたいと願ってやまないのだ。
描かれてはいないが、そんな感情が伝わってくるのである。

そして、ここに出てくる大人たちは、
食べものを選択するとき、
食べものそのものの味や評判だけではなく、
どうすればより美味しく味わうことができるのかを
考えているんだなぁ、と、気づいた。
時間の重みを、無意識に大事にし始める。
そういう年代ならではの、甘さとしょっぱさが入っている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

食と恋にまつわる短編集

2016/12/20 16:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:katu - この投稿者のレビュー一覧を見る

食と恋にまつわる短編集。主人公は大体中年男性で、それぞれお好み焼きやらたこ焼きやらうどんやらにこだわりを持っている。しかし、そのこだわりが妻や母などに理解されず、たまたま出会う食の趣向が同じ女性といい感じになるのだが、結局は上手くいかないという話が多い。
とにかく食べものの描写がとても美味しそうで、読んでいると食べたくて堪らなくなる。大阪弁もまたいい味を出してるんだよなあ。ずいぶん久し振りに田辺聖子読んだけど、やっぱりいいねえ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/06/28 16:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/22 16:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/26 11:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/23 22:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/11 16:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/27 19:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/29 12:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/11 09:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/24 23:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

講談社文庫 ランキング

講談社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。