サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0223)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

恋の話を、しようか(ガガガ文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2009.6
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: ガガガ文庫
  • サイズ:15cm/287p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-09-451143-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

恋の話を、しようか (ガガガ文庫)

著者 三上 康明 (著)

地方都市の冬。高校生の桧山ミツルは、予備校で顔も知らない三人の生徒たちと同じ部屋になり—テスト中に停電が起きた。なんでもない、一度きりの偶然のトラブルをきっかけに四人は出...

もっと見る

恋の話を、しようか (ガガガ文庫)

637(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

恋の話を、しようか(イラスト簡略版)

324(税込)

恋の話を、しようか(イラスト簡略版)

ポイント :3pt / 紙の本より313おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

恋の話を、しようか

637(税込)

恋の話を、しようか

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月17日(金)~2017年2月23日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

地方都市の冬。高校生の桧山ミツルは、予備校で顔も知らない三人の生徒たちと同じ部屋になり—テスト中に停電が起きた。なんでもない、一度きりの偶然のトラブルをきっかけに四人は出逢い、惹かれあっていく。見上げれば灰色の空から雪…。クリスマスイブの夜、神野若葉は言った。「信じていたら、奇跡は起きるんじゃないかって…でもそれを信じていなかったら、もし起きたとしてもそれは…偶然。たった一度だけの悲しい偶然」。一生懸命未来に悩み、精一杯恋をする、十七歳。ノスタルジックな純愛ストーリー。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2009/11/03 13:19

投稿元:ブクログ

イラストにホイホイされて購入。
期待してます。
_______
思ってた展開と違う、というのと、
単に恋愛だけが描かれているわけではないというのが好印象。

普通の日常の中の恋愛なんだけど、破壊力あるなぁ
「萌える」という意味でも、「心にこたえる」という意味でも、「耳が痛い」という意味でも。

今まで「結ばれない恋愛」「結ばれてはいけない恋愛」というパターンばっかり見てきたので、この話は逆に新鮮だった。

ピュアフル文庫から刊行されててもおかしくないような気がする。
予備校青春モノ。

頑張らないことを頑張る
なんかしっくりこないのはなんでだろ...
_________

読み終わった。
してやられた感じがあるのはなんでだw


若干気になるところ、なんかしっくりこないところはあるけれど、
面白かった。
偶然を偶然のまま放置するのってもったいないかな、って思った。

かずみ萌え(マテ

2009/09/04 19:43

投稿元:ブクログ

“くるんくるんとシャーペンを回しながら、ミツルは頬づえをついて、前方の少女を見ている。だって、それくらいしかすることがない。予備校の模試。今は英語。リスニングのテストで放送が流れるまでもうすこし。試験官の教員は先ほど出ていった。
本来の試験日は明日、つまりこれは前日受験。ミツルはたまたま明日、顔も知らない親戚の結婚式に呼ばれている。この部屋にこの四人が集まったのは、ただの偶然――偶然?
そう、偶然。ただの偶然。
そしてきっと、これも偶然。
突然、部屋が真っ暗になった。停電だ、と気づくにはすこし時間が必要だった。”

親の敷いたレールを進みつつも迷いもある桧山ミツル。
絵を描くことをあきらめきれない霧原かずみ。
毒舌王女と呼ばれる男子嫌いの神野若葉。
剣道一筋でどこか冷たい市川ボナパルト。
これは、この四人が停電の日たまたま同じ教室にいたっていう、ただの偶然、ただの奇跡から展開していく物語。

最後は全部一方通行であることが明かされて、そのまま終わってしまったという雰囲気も感じられる。
でも、最後の部分を読む限りは、ドロドロしたものではなく、彼らはとても大切な仲間になっていくんじゃないかなって思う。
ただひとついうなら、若葉と姉との問題が深刻化したのにそのまま終わっちゃったっていう。
それが、少し残念。

“「奇跡はあるよぉ」
そこへ――上から、声が降ってきた。
開けられた窓。三階の高さ。かずみと、若葉の姿が見えた。
「私も……信じてないけど、あってもいいと思う」
若葉も言った。
「信じてたら、奇跡は起きるんじゃないかなって……でもそれを信じていなかったら、もし起きたとしてもそれは……偶然。たった一度だけの悲しい偶然」
「そうだよー。だからね、私たちがあの日、停電に遭ったのだって」
「……偶然、さ」
市川は答えた。
迷いのない断定。離れていこうとする市川。
「じゃ、偶然でいい!」
ミツルは走った。その背中を追った。”

2010/04/16 00:11

投稿元:ブクログ

爽やかな話。
でも、青春物ならもっとキュンキュンしたかったかも。少し物足りない感じがした。
キャラクターはベタな4人で、一方通行の恋になるのは最初からわかってただけに、もっと意外性が欲しかった。
それぞれの悩みは、共感できなくないけど、1冊でまとめるなら各章をそのキャラクター視点で書いた方がより共感できたかも。視点が所々ぶれたのが少し読みづらかった。

ただ、限られた時間の中で、真っ直ぐに恋してるキャラクターたちは、やっぱり眩しかった。若いっていいなぁと…。

ミツルいいやつだなぁ…。
個人的にはかずみが好き。
彼等の今後を想像してニヤニヤしようと思う。笑

2014/05/03 06:44

投稿元:ブクログ

全1巻完結。作品としては完結だけど、登場人物達のそれからが気になる。
作品の舞台を推測するに、空港があって大雪が降って近隣市に新幹線が通るとすると山形県庄内市だろうか。長野県松本市も空港以外は設定が外れるが街の雰囲気はこちらの方があっているような。

2011/12/14 18:28

投稿元:ブクログ

剣も魔法も出てこない、純然たる恋のお話。ラブコメではなく、ラブそのもの。
でも「エピローグ」はどう考えても不自然じゃないか。他の章題をつけた方がしっくりくるように思える。

2015/04/12 15:51

投稿元:ブクログ

地方都市に暮らすミツルは高校2年生。親の引いたレールの上をただ乗っていけばいいと思っていた。
ある日、予備校の模擬試験中に停電が起き、かずみ、若葉、市川と仲良くなるが・・・
4人のキャラクターがみんな真っ直ぐでかわいい。
ちゃんと、各自の背景もしっかりしていて、複雑な心理描写が良かった。
甘酸っぱい青春を素直に堪能できました。

2014/03/14 06:46

投稿元:ブクログ

単純で純然なるピュアで青春まっしぐらな、でもどこにでも満ち溢れていそうな人たちが送る、青春ラブコメディー。

読み始めは主人公の強引さや、矛盾した行動と思考の差異に混乱したり苛立ちを感じることもあったけど、綺麗に整えた文章が、あっさりとしていることもあってか、物足りなさを感じたり、インパクトに欠けたりするかもしれない。恋愛をメインに置きつつも、受験生の四人がメインなので、環境の変化に悩んだり、将来を不安視したり、そういった話しにも重きを置いているので、それほど中だるみもせず、暇もしなかった。そしてラストスパートに向かう頃には、最初は嫌だな、なんて思っていたキャラクターも好きまでは行かなくても、好きってことにしといてもいいや、くらいには好きになっているはず。

2012/07/03 20:30

投稿元:ブクログ

2009年7つき当時の日記転載


今月5冊目、「恋の話を、しようか」読了です。

普通の予備校生たちの、普通な日常と恋の物語。

会話が面白いのですwミツル×かずみの夫婦漫才が特にww
もったいないのが、なんとなく最後尻切れトンボみたいに急だったとこ。
「花守~」と違ってあまり余韻の残らない終わり方だと僕は感じました。
最後の1ページいらなくて、他の締め方のが良かったんじゃないかなぁ…まあ、読む人によって感じ方は違うのかな?

ガガガ文庫 ランキング

ガガガ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む