サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 哲学・思想・宗教・心理
  4. 神学部とは何か 非キリスト教徒にとっての神学入門

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

神学部とは何か 非キリスト教徒にとっての神学入門
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.6
  • 出版社: 新教出版社
  • サイズ:19cm/187p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-400-30000-7
  • 国内送料無料

紙の本

神学部とは何か 非キリスト教徒にとっての神学入門 (シリーズ神学への船出)

著者 佐藤 優 (著)

一見役に立たないように見えて、われわれが「いかに生きていくか」という問題と、深いところでかかわっている神学。同志社大学神学部に焦点をあてることで、キリスト教神学の輪郭を浮...

もっと見る

神学部とは何か 非キリスト教徒にとっての神学入門 (シリーズ神学への船出)

1,836(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

一見役に立たないように見えて、われわれが「いかに生きていくか」という問題と、深いところでかかわっている神学。同志社大学神学部に焦点をあてることで、キリスト教神学の輪郭を浮き彫りにする。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

神学を「虚学」と断じた上で

2009/11/09 14:52

10人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くにたち蟄居日記 - この投稿者のレビュー一覧を見る

佐藤優のユニークな経歴の原点が神学部卒業であるわけだが その「原点」の背景が良く理解できる一冊である。感想は二点だ。

 一点目。
 神学は「虚学」であると断言している点に驚いた。

 言われてみると「神とは何か」というような問いには 絶対に正解は無い。いや 佐藤の言葉を借りると「正解はあり かつ いくつも正解があり しかもその正当性は証明不可能」ということになってしまう。

 「実学」とは 大なり小なり「正解は一つである。もしくは複数の解があるにしても その正当性は証明可能」というスタンスだとする。「正解の数がいくつかある」ところまでは実学も譲歩出来るかもしれない。しかし「正当性は証明不可能」という部分にはついてこれないはずだ。

 「正当性が証明できない」なら やめてしまおうというのが普通の人間の考えかもしれない。しかし 振り返って自分を省みると 我ながらなんでそんなことを考えたりやったりしているのか 全く正当性が証明できない自分がいることに気がつかないだろうか。
 佐藤が踏ん張っているのは 「正当性が証明できない変な動物こそが人間である」という地点だ。そこで「正当性が証明できない」学問である神学を勉強することこそが そんな変な動物である人間と 人間が作った社会を理解することに大いに資すると主張している。それが本書の一つの主張だと僕は読んだ。

 二点目。
 佐藤は その著作において 非常に頻繁にフローマトカの「フィールドはこの世界である」という言葉を引用している。

 佐藤にとっての「この世界」とは何なのかを考えることは 彼の著作への理解を深めるためには死活的に重要だと僕は考える。一体 神学を修めた人間が なんで 外交という極めて ドロドロしていそうな現実の世界に突っ込んだのかという点は このフローマトカの言葉をどう理解するかに掛かっているのだと僕は思う。
 その後 外務省から 牢獄を経て 現在の論壇と 佐藤のいる地点は 変わってきている。但し おそらく佐藤にとっては 同じ場所に居続けているだけかもしれない。
 佐藤にとってのフィールドを 僕には上手に表す言葉と知見は無い。但し うっすらと見えてきているものはある。それが ここ数年佐藤の本を理解不足ながらも読み続けてきた成果なのだとふと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/12/10 22:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/12 09:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/01 18:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/08 14:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/30 00:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/16 19:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/25 00:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/11 12:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/31 23:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/18 19:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/29 12:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/20 11:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/01 11:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/07 19:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

キリスト教 ランキング

キリスト教のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む