サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 鉄道と乗り物の読書生活 ~8/26

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 暮らし・実用の通販
  4. ペットの通販
  5. 扶桑社の通販
  6. 迷子のミーちゃん 地域猫と商店街再生のものがたりの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.7
  • 出版社: 扶桑社
  • サイズ:19cm/175p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-594-05992-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

迷子のミーちゃん 地域猫と商店街再生のものがたり

著者 木附 千晶 (著)

再開発が進んで寂れてしまった、日本のどこにでもあるような商店街に住み着いていた地域猫のミーちゃん。ところがある日、ミーちゃんは行方不明になってしまいます。いなくなってから...

もっと見る

迷子のミーちゃん 地域猫と商店街再生のものがたり

税込 1,320 12pt
40%OFF

【期間限定価格】迷子のミーちゃん

08/27まで通常550

税込 330 3pt

【期間限定価格】迷子のミーちゃん

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS XMDF 782.0KB 無制限
Android XMDF 782.0KB 無制限
Win XMDF 781.5KB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

再開発が進んで寂れてしまった、日本のどこにでもあるような商店街に住み着いていた地域猫のミーちゃん。ところがある日、ミーちゃんは行方不明になってしまいます。いなくなってからわかった、小さな存在が私たちに教えてくれたこと…。【「BOOK」データベースの商品解説】

再開発が進んで寂れてしまった、日本のどこにでもあるような商店街に住みついていた地域猫のミーちゃん。ところがある日、ミーちゃんは行方不明になってしまい…。静かな涙があふれる、感動の実話。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

木附 千晶

略歴
〈木附千晶〉IFF CIAP相談室カウンセラー。子どもの権利オンブズマン委員。『子どもの権利モニター』編集長。共著に「「こどもの権利条約」絵事典」「お笑い裁判傍聴記」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

地域で猫が生きていくということ。

2009/08/03 00:22

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wildcat - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、岩槻駅前(さいたま市岩槻区)の商店街に暮らしている
三毛猫のミーと商店街の人々との関わりを描いている。

  白地に茶と黒のはっきりした毛色がめずらしい、かなりの美人猫。

  正面から見ると頭の部分にV字を描く黒のラインがあり、
  ティアラのよう。

  なんだか高貴な印象を受けます。

  目鼻立ちもはっきりしていて、
  グリーンがかったアンバーアイズも魅力的です。

  商店街の人々や通行人がゴハンをあげ、
  雨宿りの場所を提供し、避妊手術をし、
  かれこれ十数年、商店街で暮らしています。

  いわゆる「地域猫」です。

ミーがどういう毎日を過ごしていたのか、
この十数年で、再開発で、
商店街の様子や商店街の人々の暮らしがどう変わり、
それがどうミーの生活に影響したのか、
ミーが行方不明になって、戻ってきたこと、
そして、二度目の行方不明で戻ってきていないこと。

著者・木附千晶氏は、カウンセラーであり、
子どもと家族をめぐる問題を中心に社会・心理学的視点から
臨床・執筆活動を行っている。

本書も、地域猫活動のみならず、ミーと人々の関係性や
ミーが怪我をしたり行方不明になったりした事件から
人の心理や社会にも切り込んでいく。

再開発で関係性が希薄になった人々が、
ミーをめぐって交流を深めていったこと。

行方不明と発見を通して、
著者は、ミーのおかげでたくさんの人が
幸せな気持ちになれていたことに気づいていく。

大勢の人が、ミーに励まされ、癒されて、力をもらっていたことを知り、
「小さな小さな存在が、何気ない日常のなかに喜びのタネをまき、
商店街に笑顔の花を咲かせていたこと」を知ったという。

そして、ミーの見方が逆転するのである。

それまでは、「猫好きの人たちに助けられ、
世話をされていなければ生きられないかわいそうな存在」だと思っていた。

ミーの側が、「ただ一方的にゴハンや寝る場所を
与えてもらっている」のだと思っていた。

だが、事実は、「一見、世話を焼き、守ってあげているかのように見えた
人間のほうが、はるかに多くのものをもらって」いたのだ。

これは、親子関係、介護関係、介助関係でも、
同じことが言えるのではないか。

一見与えていると思う側がこれに気づくことによって、
虐待行為がなくならないものかと切に願うのである。

十数年の間に、大きく様変わりし、
ねぐらになるような街の隙間、人々の懐の深さ、
小さな者と共に生きようとする雰囲気も薄れつつある中、
だからこそ、商店街にはミーが必要だったのだと
著者は考察する。

商店街がはぐくみ、共有してきた「お互いさま」な文化、
小さな存在に手を差し伸べるという「助け合い」の風土を
守っていくためには、「装置」が必要だったのだと。

「エピローグにかえて」にある、
「ミーちゃんが教えてくれたこと」、「人はひとりでは生きていけない」、
「人間らしさの回復」の7ページわたる考察は、
「人間の存在の真理に迫る」考察である。

自立とは何か、自己責任とは何か、価値とは何か、幸せとは何か。

すべて、ここに集約されている。

全文引用したいところであるが、
ぜひ読んでいただきたいので、ここでは触れない。

「地域猫」という言葉は、私の中に
検索語としてしっかりとインプットされたらしい。

これは、図書館の新刊書架で出会った本を
読了してのちに書いているのだが、
書店のあまたある猫本の本棚でも、やっぱり手に取ったと思うし、
読了して、この本は、買いだと確信したのである。

「地域猫」という言葉は、実は最近知った。

たくさんの地域猫のお世話をされていた方が急に亡くなり、
猫たちの里親を探しているという活動を
知り合いから聞いたことがきっかけだった。

このテーマに興味を持ったことを知り、
児童書でこのテーマを描いている本があると紹介されたのが、
『かわいいこねこをもらってください』だった。

女の子が捨て猫のもらいうけ先を探して、奮闘する物語。

『かわいいこねこをもらってください』では、
猫の命を救うための活動は、
個人の奮闘であって、地域のものにはなっていない。

地域猫活動をされていた方が亡くなった後に
里親を探さなければならない状況も
それが個人やボランティアグループに負うており、
完全に地域の活動にはなっていないことを意味する。

本書の「エピローグにかえて」では、
地域猫活動の発祥と猫との共生の問題について、
このように書かれている。

  全国的にはもっと意図的な地域猫活動が盛んです。

  ミーちゃんのように特定の飼い主のいない猫を共同で世話をし、
  健康管理やおしっこやふんの始末をし、野良猫を増やさず、
  地域と猫の強制を目指す地域猫活動。

  それは1997年に神奈川県横浜市磯子区に住む
  猫好きの人たちの間で始まり、
  地域猫という言葉はまたたく間にメジャーになりました。

  ところが皮肉なことに、特定の飼い主がいない猫への風当たりは
  強まる一方です。

  東京都のある区では、野良猫やカラスなどに
  ゴハンをあげることを禁じる条例が施行されました。

  この条例では、「地域住民がふん処理や避妊手術などの管理を施して
  面倒を見る地域猫は対象外」としていますが、
  条例案が持ち上がったときから
  猫好きと猫嫌いの住民の溝は深まっているといいます。

  新聞では、地域猫を世話していた人が、
  脅されたり、追いかけられたりしたケースや、
  水をかけられたりした例などが取り上げられていました。

本書は、ミーちゃんと岩槻駅前商店街の人々の関係を描いたものであるが、
その向こうに、たくさんの猫と人の関係があるのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/01/17 16:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/18 20:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。