サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ 第二弾 ポイント5倍キャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫
  4. 雑学・その他
  5. 大和書房
  6. だいわ文庫
  7. 3分で読める!星と神々の物語 夜空を彩る全星座88

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

3分で読める!星と神々の物語 夜空を彩る全星座88(だいわ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.8
  • 出版社: 大和書房
  • レーベル: だいわ文庫
  • サイズ:16cm/237p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-479-30248-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

3分で読める!星と神々の物語 夜空を彩る全星座88 (だいわ文庫)

著者 石崎 昌春 (監修),造事務所 (編著)

3分で読める!星と神々の物語 夜空を彩る全星座88 (だいわ文庫)

700(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

たまには夜空を見上げてみたい。

2010/08/17 13:35

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みす・れもん - この投稿者のレビュー一覧を見る

題名に「3分で読める!」とあるとおり、本当にサクッと読めてしまう。それだけにあまり一つ一つの星座について突っこんで書かれていないのが残念。いや、突っこんで書かれている星座もあることにはある。古くから言い伝えられてきた星座というものには、ちゃんとした物語があるようで、それは大体においてギリシア神話にまつわるものなんだけれど(本書では)、そのあとの18世紀頃に作られた星座には、名付けた人の趣味が出ている。
恐らく道具好きだったんだろう。「望遠鏡座」とか「コンパス座」とか「顕微鏡座」「ポンプ座」まである。「彫刻室座」や「彫刻具座」までいくと、”たいがいにせいっ!”って言いたくなってしまう(笑)。

数ある星の中には、シリウスのようにひときわ明るく光る星もあれば、望遠鏡を使ってもかすかにしか見えない星もある。星座に使われている星って、必ずしも明るいものばかりではなくて、見えるの?っていうくらいの星だってあるわけだ。遙か彼方、人工的な光りが満ちていなかった時代には、それらの星も立派な夜空の指標になっていたんだろう。

夜になって、目印が星しかなかった時代には、星座って生活に密着したものだったのだ。だから、覚えやすいように、いろんな話になぞらえて、後生の人たちに伝えていったんじゃないかなって思う。

それにしても、ギリシアの神様って自由奔放だ。人間より人間くさいというか、生々しい感情が溢れているというか(笑)。親近感も抱いてしまう。
無類の女好きゼウスと、無類のヤキモチ焼きのその妻ヘラ。この二人が絡むとろくなことが起こらない。自分たちの痴話ゲンカの結果、残念な最後を遂げた者たちを、天にあげて星座にしちゃうって、すごいな。
ギリシア神話についても、もう少し知りたい。

星座についても、ギリシア神話の神々についても、入門書だ。サクッと読んでおいて、気になる部分を他の本なりで補足すればいいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/09/08 20:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/18 10:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

世界の神話・伝説・民話 ランキング

世界の神話・伝説・民話のランキングをご紹介します一覧を見る