サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ティーンズラブ
  4. 海賊と姫君 Eternal Lovers

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

海賊と姫君 Eternal Lovers(ティアラ文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.8
  • 出版社: プランタン出版
  • レーベル: ティアラ文庫
  • サイズ:15cm/304p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8296-6510-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

海賊と姫君 Eternal Lovers (ティアラ文庫)

著者 花衣 沙久羅 (著)

「おまえは俺のものだ」。一族を皆殺しにされ、領地を奪われた姫君マディーナが、残された弟王子と逃げ込んだ船—それは竜のように危険な男レオンがひきいる海賊船だった!専属奴隷の...

もっと見る

海賊と姫君 Eternal Lovers (ティアラ文庫)

596(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

海賊と姫君 Eternal Lovers

518 (税込)

海賊と姫君 Eternal Lovers

ポイント :4pt / 紙の本より78おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

海賊と姫君 Eternal Lovers【イラスト付】

596 (税込)

海賊と姫君 Eternal Lovers【イラスト付】

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「おまえは俺のものだ」。一族を皆殺しにされ、領地を奪われた姫君マディーナが、残された弟王子と逃げ込んだ船—それは竜のように危険な男レオンがひきいる海賊船だった!専属奴隷の契約をさせられ、純潔を奪われるマディーナ。身体だけからはじまった関係。しかし、レオンの独占欲は真実の愛へと変わっていく…。稀代の少女小説家が渾身の力で描いた、ラブロマンス大作。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)

2010/09/18 13:37

投稿元:ブクログ

すっごい読み応えあった。展開は結構キッツイけど、レオンをはじめ海賊船の主要メンバーがいい人たちなんで、物語が終わったあとも幸せに暮らしました、がしっくりくる感じがする。
登場人物は多いけど、それぞれに個性があるからごっちゃにもならなかった。

この人の文章で、もうちょいベタベタな少女漫画みたいなのも読んでみたいかなあ。これもベタといえばベタなんだけど、ハーレクイン的なベタさなんだよね。対象年齢がなり上っていう印象だなあ。

2010/03/05 13:49

投稿元:ブクログ

海賊との恋愛!
かい先生ならではのキュンキュンが詰まってます!
すれ違いはキュンキュンの元ですね!
そして、強引なようで優しい海賊、レオンは、乙女の萌えポイントをつくキャラですよね。ガーディアン・プリンセスでもそうだったけど。
アンジェでいうとアリオスなキャラ。
強引に愛してくれるキャラが、乙女の好みなのかなあ。

2009/09/14 23:19

投稿元:ブクログ

内容(「BOOK」データベースより)
「おまえは俺のものだ」。一族を皆殺しにされ、領地を奪われた姫君マディーナが、残された弟王子と逃げ込んだ船―それは竜のように危険な男レオンがひきいる海賊船だった!専属奴隷の契約をさせられ、純潔を奪われるマディーナ。身体だけからはじまった関係。しかし、レオンの独占欲は真実の愛へと変わっていく…。稀代の少女小説家が渾身の力で描いた、ラブロマンス大作。

2013/07/22 20:57

投稿元:ブクログ

だまし討ちに遭い、家族を殺された領主のお姫様が弟を連れて、王様に嘆願するため王都に向かうお話。
うっかり海賊船に紛れ込み、最初はなんてひどい人だろうと思っていた船長に想いを寄せるようになるけど、自分には復讐という重荷があり、彼とは涙をのんでさようなら・・・。でも実は船長の正体は・・・!!って話。よくある話。
悪くはないけど、どうものめり込めないまま終わってしまったなー。
最初はレオンがグイグイ惹かれていくけど、最後はどっちもかなりお互いが好きになっててラブラブです。

2010/01/03 10:45

投稿元:ブクログ

さすがに同時に読んだ他のティアラ文庫作品より文章力は上。その分ヒロインに没頭出来なかったが、ヒーローのかっこよさは際立っていた。面白い物語だったが予定調和すぎて期待するとかたすかしをくらうかも。

2010/01/23 21:56

投稿元:ブクログ

少しばかりのエロとヒロインの可憐さ、船長の深い愛情。そして、忘れてはならないショタ系所属のヒロインの弟!
この四つがあったので楽しめた。あと、綺麗な挿絵も良かった。

ヒロインちゃんのキャラめっさおもしろいww
船長変態すぎてわろたwww

2011/09/23 06:40

投稿元:ブクログ

ティアラ文庫には珍しく、最後まで普通に読めました。
レオンの金髪碧眼はあまり好みではなかったですが、性格は好きかも。マディーナにのめり込んでいく、レオン側の気持ちが描写されていて、分かりやすかったです。

レオンの正体も最初は国王陛下かなって思ってましたけど、海軍総督だったのは、まあ納得。

舞踏会のシーンで、超ラブラブに見せつけたあと、なぜかマディーナを拒否るっていうところはよく分かりませんでしたけど、国王陛下にしかられてマディーナを迎えにいくところはなんかいいですね。

意外と面白かったので、別の作品も読んでみたいと思いました。

2011/08/04 00:00

投稿元:ブクログ

「おまえは俺のものだ」。一族を皆殺しにされ、領地を奪われた姫君マディーナが、残された弟王子と逃げ込んだ船―それは竜のように危険な男レオンがひきいる海賊船だった!専属奴隷の契約をさせられ、純潔を奪われるマディーナ。身体だけからはじまった関係。しかし、レオンの独占欲は真実の愛へと変わっていく…。稀代の少女小説家が渾身の力で描いた、ラブロマンス大作。
**********************
ヒーローのオレ様な性格とか話のテンポとかよかったです。
買って損はないけども、この作者さんどうも後半がぐだっとなりやすいというか、はしょってない?気持ちがせいて書いてませんか?みたいな瞬間が来ます。

今回はレオンが、ほぼラストでヒロインを拒否るシーンですね。
あれどういう意味でそういう心境になったのかというのがちとわかりにくい。
読者側に想像させるにしてももう少しヒントのようなものがほしかったです。

彼女に癒されてると感じてるのに、母親に殺されそうになった思い出がよみがえったのか、一度拒否られた女に再度ひざまづくとか反射的に考えられなかったのか…であれば、ダンスシーンで公衆の面前でキスしまくるとかないよなぁとか、謎を呼ぶところでございます。

2012/03/26 13:02

投稿元:ブクログ

ティアラ文庫の本の中でよくオススメされているものだったので読んでみました。確かにそんなにあからさまな描写は少なめかな。先が読める設定ですが これはこれで面白かったです。

2015/01/27 06:14

投稿元:ブクログ

【エロ注意】一族を皆殺しにされ、他の国に助けを求めるため弟と共にうっかり乗り込んだのは海賊船。
船長の女扱いを受けながらも、船が進んで行くうちに船長のレオンに惹かれていく。

エロよりも物語重視で安心して読める王道。途中敵が現れて、復讐のために着いていって、肝心なところで助けられる。ベタだけどいいですよね!

レオンがわりと紳士で男前でした!