サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 銀行の法律知識 第2版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

銀行の法律知識 第2版(日経文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.7
  • 出版社: 日本経済新聞出版社
  • レーベル: 日経文庫
  • サイズ:18cm/239p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-532-11202-8
  • 国内送料無料
新書

紙の本

銀行の法律知識 第2版 (日経文庫)

著者 階 猛 (著),渡邉 雅之 (著)

預金、与信から債権回収、投資まで、銀行員が身につけておきたい法律知識を、法務部長との対話形式で実践的に解説。利益相反管理体制の構築や資金決済法について盛り込んだ第2版。〔...

もっと見る

銀行の法律知識 第2版 (日経文庫)

1,080(税込)

ポイント :10pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

預金、与信から債権回収、投資まで、銀行員が身につけておきたい法律知識を、法務部長との対話形式で実践的に解説。利益相反管理体制の構築や資金決済法について盛り込んだ第2版。〔初版:日本経済新聞社 2006年刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

階 猛

略歴
〈階猛〉東京大学法学部卒業。衆議院議員(財務金融委員会委員)。弁護士。
〈渡邉雅之〉東京大学法学部卒業。2009年8月より弁護士法人三宅法律事務所所属。弁護士。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/06/05 09:09

投稿元:ブクログ

2014年6月5日読了。銀行が固有業務・付随業務を営むに当たり関連する銀行法・金融取引法などの条文を、架空の銀行の法務部長と担当者のやり取りの形式で確認していく本。金融ビッグバンなどの金融改革により銀行関連の法律は自由化されており銀行の業務範囲も広がり収益が多様化した、というイメージはあるがその実銀行は業務遂行に当たり各種の法律でガッチガチに縛られており、銀行員は法律を頭に叩き込み、必ず法務部門のチェックを受けないと恐ろしくて新規事業などとてもできない、ということがよく分かった。銀行が子会社化できる事業・利益相反にならない取引・プリンシプルルールの解釈の難しさ、など。まあ銀行に無制限の権限を与えるわけにはいかないのは当然なのだろうが。

2011/11/06 17:41

投稿元:ブクログ

銀行法務の肝を学べる

銀行法務の肝を要領よくポイントを絞って解説している良書。
法務部長と行員の会話形式の構成なので、ストーリー性があり
法律関係の本にもかかわらず気兼ねなく読み進めることができる。

内容も、預金業務(盗難通帳の払い戻し)、金融商品販売業務、為替業務、与信業務、債権保全回収業務、その他付随業務を網羅しており、トピックスを抑えている。

入門書として最適な一冊だ。


特に気になる内容が為替業務。
為替業務は銀行だけが行うことができる業務のひとつ。
最近、送金移動業者として携帯キャリアが登録するなどして規制緩和がすすんでいるものの、基本的に銀行しか為替業務を行うことができない。

しかし、海外では銀行以外の業者も行っているらしい。
特に世界的に有名なのが、paypal社という会社。
・・・僕も使っている。
オンライン英会話の月謝がpaypal社を通して支払われているはずだ。

これは銀行法上許されることなのか?

という問いに、同社のウエブサイトは海外のサーバーを使っており、日本語の翻訳サイトはあるものの、日本の居住者向け勧誘を行っていないから、という理由でグレーながらも日本において利用できる状況であるみたいだ。

なんだか、いかがわしい無修正サイトが海外サーバーであるからOKみたいなに感じられる。(笑)

とはいっても、海外サーバー+決済はクレジットカードで行われるので送金業務とは言いがたいという見解らしい。

まあ、グレーゾーンであるには変わりないので、急に使用できなくなるとかは困りますけどね。

2011/07/23 16:22

投稿元:ブクログ

多分わかりやすい本。
ただし、一つ一つの用語がわかっていれば。
あれ、わかりにくいかも。
法律の理屈をわかりやすく解説しているので、中に出てくる用語を調べながらじっくり読めばかなり勉強になる。
結局はこの本一冊だとだめなのかも。用語集が必要か。
前半はわかりやすいと思ったのに。

日経文庫 ランキング

日経文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む