サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 行方不明者 Takizawas Walk Away

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

行方不明者 Takizawas Walk Away(文春文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.9
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/376p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-745110-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

行方不明者 Takizawas Walk Away (文春文庫)

著者 折原 一 (著)

埼玉県蓮田市、黒沼の畔に建つ二つの名家で起きた一家惨殺事件と失踪事件。ライターの五十嵐みどりは取材を通じて四人家族の闇を浮き彫りにしていく。一方、戸田市では謎の連続通り魔...

もっと見る

行方不明者 Takizawas Walk Away (文春文庫)

720(税込)

行方不明者

720 (税込)

行方不明者

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

埼玉県蓮田市、黒沼の畔に建つ二つの名家で起きた一家惨殺事件と失踪事件。ライターの五十嵐みどりは取材を通じて四人家族の闇を浮き彫りにしていく。一方、戸田市では謎の連続通り魔事件が発生。売れない推理作家の「僕」は、小説の取材にと容疑者の尾行を開始する。二つの事件が交錯する驚愕のサスペンス。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

点を結んでいけば消失点になる。そしてそこに驚きがある

2009/09/23 20:56

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mayumi - この投稿者のレビュー一覧を見る

 沼のほとりにたつ2つの家で、一家惨殺事件と、その5年後に一家失踪事件がおきる。
 女性ライターは失踪事件を追い、売れない推理小説家は通り魔事件を追う。
 交錯する視点は結びつき、いつか消失点を浮かび上がらせる。

 ひきこまれて、読みすすんで、最後に驚愕する。
 折原一は、すごいテクニシャンだと思います。

 うん、絵画で消失点が複雑かつ処理が上手いと、うーんってなってしまうような、それに近い感覚かもしれない。
 そして、物語の消失点は決してぶれていない。

 ああ、これは神の視点なんだ。

 枠からはみ出たゆるぎない視点。
 そこから描かれる物語だから、揺るがないし、読んでるほうはただただ翻弄されるだけなのだ。
 そうやって揺らされることの快感。

 そこが面白いんだろうと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/10/03 23:00

投稿元:ブクログ

一家失踪事件と連続通り魔事件という一見関係のない二つの事件が並行して語られていき、最後はひとつに繋がっていくというミステリー作品。

いわゆる、叙述トリックを使った作品は好きですが、この作品に関しては、複雑すぎて途中でわからなくなってしまいました。
たぶん、通勤途中に、少しずつ読み進めていったのが原因・・・この手の作品は、一気読みした方が面白さが増すと思います。
そういう意味では、結末に向けて、読者を引っ張っていく力がある作品なので、まとまった時間が取れる時に、読み始めることをお勧めします。

ところで、最後の結末は、少し唐突で、強引な気がします。
悪い人ばかり・・・?
そんなところも加味して★3つ。
今度は、一気に読み切りたい!

2013/11/30 10:21

投稿元:ブクログ

【No.222】吉澤家と滝沢家、2つの名家で起きた一家惨殺事件と失踪事件の話。ちょっといろんなことが入り込みすぎてわかりにくかった。

2012/05/23 00:08

投稿元:ブクログ

いつも平均点以上の折原作品に、死角はない。

ただし本作品については、正直あまり残らなかった。

物語はいつも通りの凝った構成。
一見、まったく関係のなさそうな2つのストーリーが進んでゆく。

1つはとある家族の失踪事件。
もうひとつは痴漢疑惑を押し付けられたことをキッカケに、
連続通り魔事件に巻き込まれる僕の物語。

最後にぴたっとパズルの挟まるカイカンはいつも通りなのだが、
なんとなくこの作品は、最後にあまりにするっと終わってしまった感が。
うーん、なんとなく寂しい物足りなさが。。

2016/08/03 12:44

投稿元:ブクログ

実際の事件をモチーフにして書いているけど、実際の事件は結局どうして行方不明になってしまったのだろうか。
これって関係者に文句言われたりしないのかな、って気になるのだけど。

2010/06/25 21:22

投稿元:ブクログ

 沼のほとりにたつ2つの家で、一家惨殺事件と、その5年後に一家失踪事件がおきる。
 女性ライターは失踪事件を追い、売れない推理小説家は通り魔事件を追う。
 交錯する視点は結びつき、いつか消失点を浮かび上がらせる。

 ひきこまれて、読みすすんで、最後に驚愕する。
 折原一は、すごいテクニシャンだと思います。

 うん、絵画で消失点が複雑かつ処理が上手いと、うーんってなってしまうような、それに近い感覚かもしれない。
 そして、物語の消失点は決してぶれていない。

 ああ、これは神の視点なんだ。

 枠からはみ出たゆるぎない視点。
 そこから描かれる物語だから、揺るがないし、読んでるほうはただただ翻弄されるだけなのだ。
 そうやって揺らされることの快感。

 そこが面白いんだろうと思った。

2010/10/09 14:22

投稿元:ブクログ

久しぶりに折原一を読んだ。特に驚くようなストーリーじゃなかったけど久々に著者の作風に触れられてちょっとだけ楽しめた。

2013/03/26 19:40

投稿元:ブクログ

折原さん…とまりません。

わたしには少しグロいお話しだった。
少しずつしか読めなかったけど…5日でfinish。

全く関係のない話が終盤に近づくにつれて交わって…
そうきたかーと最後はすごい勢いで読んじゃった。

でも、途中の取材はけっこー関係なくて。
だから、なんだか無駄な感じがした。
普通のミステリーなら、無駄なところはないから…。

こういう本読んでると、
殺したのは無意識、って可能性がある気がして、
ちゃんと読めなくなっちゃう。
ミステリーがさ、意識がないときに殺人してるっていう落ちだったらさ、
それって無茶苦茶つまらなくない?
そういう本にこの間出会ってから、ミステリーを読む目が変わってしまった…しょぼーん…

そんなミステリーは数少ないと信じて。
これからもミステリーを読みます。

…でも白夜行からの行方不明者、さすがに疲れた(笑)
次は宮本輝にチャレンジするのだ。
(休憩になるかしら…笑)

2010/08/21 17:56

投稿元:ブクログ

一家惨殺事件と通り魔事件、二つの舞台が平行して進み、最後にひとつに。ストーリー展開がトリッキーで面白さはあるものの、被害者への感情移入とか、犯人への憎しみを共有する感覚は薄い。物語の組み立てを楽しむ感じかな。

2010/07/26 22:50

投稿元:ブクログ

どうしても納得いかないところが1箇所あって、
色々ネットサーフィンしてたのですが、

どうやら、
あんまり評価高くない作品やったらしい・・・。

折原作品初めて読んだんですが、
色々とがっかりしました。

一家全員が、朝食の途中で忽然と姿を消すっていう、
実際の事件をモチーフとした始まりは
とても良かったんですけど、

なんだかとにかくおもしろくなかった気がする。
残念。

2010/10/23 23:16

投稿元:ブクログ

この作者特有の「パズルがきっちりはまった」と感じる
作品ではなかったような気がする。
最後まで読んでから序盤に戻り読み返したが、いまひとつ
すっきりしなかった。
複数の視点が交錯する中、最後は一本になるあたりは面白い。

2012/01/22 08:48

投稿元:ブクログ

 一家失踪事件と連続通り魔事件。二つの事件をそれぞれの観点で追う。そして二つの事件が交錯する時、驚愕の真相が・・・。
 

2014/08/16 23:46

投稿元:ブクログ

黒々した水面からはそこの見ることの出来ない黒沼のほとりの2軒の名家に、時間を越えて起こった殺人事件と、一家4人失踪事件。。。


さっきまでここで生活していた後を残したまま、一家4人が忽然と行方不明になる。


時間を越えた二つの事件は平行して進んでいきますが、最後に同じ事件へとつながっていたのです。。。

予想できない結末に、モヤモヤしてしまいました。。。

2011/07/26 22:58

投稿元:ブクログ

世田谷一家殺人事件と岡山の一家失踪事件を使っているようだ。モデルになった事件を想像しながら読むのが「者」シリーズの楽しみ。なかなかよくできた話だった。結末の意外性もグッド。

2012/04/19 09:02

投稿元:ブクログ

埼玉県蓮田市、黒沼の畔に建つふたつの名家で起きた一家惨殺事件と失踪事件。ライターの五十嵐みどりは取材を通じて4人家族の闇を浮き彫りにしていく。一方、戸田市では謎の連続通り魔事件が発生。売れない推理作家の「僕」は、小説の取材にと容疑者の尾行を開始する。ふたつの事件が交錯する驚愕のサスペンス。