サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『言葉の往復を楽しむ ~対談・会話・手紙をめぐって~』 ポイント5倍キャンペーン ~7/27

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクションの通販
  4. ノンフィクション・ルポルタージュの通販
  5. 吉備人出版の通販
  6. 岡山人じゃが 2009 特集◎倉敷チボリ公園はなぜ閉園に追い込まれたかの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.8
  • 出版社: 吉備人出版
  • サイズ:21cm/189p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86069-240-7

紙の本

岡山人じゃが 2009 特集◎倉敷チボリ公園はなぜ閉園に追い込まれたか

著者 岡山ペンクラブ (編)

平成20年12月31日に閉園した倉敷チボリ公園。「緑と花と安らぎの公園」はなぜ11年半という短い期間で閉園に追い込まれたのかを特集する。ほかに、岡山をめぐる6つの記事を収...

もっと見る

岡山人じゃが 2009 特集◎倉敷チボリ公園はなぜ閉園に追い込まれたか

税込 1,100 10pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

平成20年12月31日に閉園した倉敷チボリ公園。「緑と花と安らぎの公園」はなぜ11年半という短い期間で閉園に追い込まれたのかを特集する。ほかに、岡山をめぐる6つの記事を収録した、地域総合文化誌第5弾。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

岡山人の底力を感じる一冊!

2009/09/07 10:58

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木 なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

毎週木曜日に放送中の「秘密のケンミンSHOW」が面白くてたまらない。
日本の北の端から南の端まで、よくぞこれほど違った暮らし方や風習や食べものがあるなんて!住めば都と言うけれど、それぞれ地元の皆さんが、自分たちの暮らし方を当然のごとく全国でも同じよう行われていると、疑うことなく信じているという、その自信。それがとても頼もしいというか、嬉しいというか…。郷土愛しみじみ。意外に知らない郷土の秘密や偉人を知った時も、また嬉しいものですよね。

こちらは岡山人の底力を知ってほしいと、岡山ペンクラブの皆さんが手がけている地域総合文化誌。この八月に「岡山人じゃが」シリーズ第5集が誕生しました。

今回の特集は「倉敷チボリ公園はなぜ閉園に追い込まれたのか」。
チボリ・ジャパン社最後の社長の苦悩の二年半が数々のデータや写真などを織り交ぜて、語られていました。わが家は娘が小さい頃に倉敷チボリ公園に何度も通い、たくさんの楽しい思い出があるだけに、閉園が残念でなりませんでした。それだけに、どうして?という思いをいまだに持っていたので、とても興味深く読みました。閉園を決定した後の記者会見の詳細、学識経験者による「在り方検討委員会」の存在など、私としては初めて知ったことも多く、いろんな思いが渦巻いていたことを改めて感じました。

ほかには『五・一五事件への軌跡 それをめぐる新聞論調』
『津山城跡の石垣守った 旧会津・米沢藩士』
『前略 三玲の少年時代ですが』
『モスクワに死す ~革命家の娘たち~』
『横溝正史はどこまで岡山弁に堪能だったか? 金田一耕助の「岡山もの」から探る』
『岡山・地域出版覚書 手帖舎・岸本徹さんと装丁家・宮園洋さんのこと』の六編。いずれも岡山の新聞社、放送局、出版社で活躍されたOBや現役編集長など文筆活動にかかわる岡山ペンクラブの皆さんの力作ばかり。郷土誌、歴史好きにはきっとたまならい、読み応えのある読みものです。

『横溝正史は~』は横溝正史の数々の著書の中から、セリフを引き出して岡山弁チェック。これが実に面白く岡山弁講座のようで、思わず音読したくなるほどでした。最後には横溝正史の岡山弁の評価判定もありました。さて、評価はいかに…。
『岡山・地域出版覚書~』は「岡山人じゃが」発行・吉備人出版の誕生からをふり返っての15年史の一端。「自分自身が手にとって読みたくなるような地域の本を作りたい」という誕生当時の想いがひしひしと感じられ、また二人の出版人との宝石のような想い出になんだか胸が熱くなりました。特に装丁家・宮園洋さんとの関わりはまるで小説の一編を読む思いがしました。

全編を通じて感じたのは郷土愛。まさに岡山の底力を感じる一冊、でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。