サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

会員600万人突破 大感謝祭  ~1/11

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 22件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2009/10/24
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/308p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-197016-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

再婚生活 私のうつ闘病日記 (角川文庫)

著者 山本 文緒 (著)

「仕事で賞をもらい、山手線の円の中にマンションを買い、再婚までした。恵まれすぎだと人はいう。人にはそう見えるんだろうな。」仕事、夫婦、鬱病。病んだ心と身体が少しずつ再生し...

もっと見る

再婚生活 私のうつ闘病日記 (角川文庫)

税込 704 6pt

再婚生活 私のうつ闘病日記

税込 594 5pt

再婚生活 私のうつ闘病日記

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 4.2MB
Android EPUB 4.2MB
Win EPUB 4.2MB
Mac EPUB 4.2MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「仕事で賞をもらい、山手線の円の中にマンションを買い、再婚までした。恵まれすぎだと人はいう。人にはそう見えるんだろうな。」仕事、夫婦、鬱病。病んだ心と身体が少しずつ再生していくさまを日記形式で。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー22件

みんなの評価3.7

評価内訳

電子書籍

普通ってなんだろうを考えさせられる

2015/08/27 21:11

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Neko - この投稿者のレビュー一覧を見る

好きな作家さんなので気軽に手を伸ばしたものの、最終的には色々考えさせられる一冊に。がんばらないっていうことはすごく難しい、がんばってる自覚もないこともあるし。うつじゃない人でも、こういう気持ちになることあるある、と思う部分がたくさんあるし、そういう症状で苦しむ人のことを理解する一助になると思った。健康に毎日を過ごすということが、実はとても難しいことなのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あなたが大切なものはなんですか?

2009/10/26 11:40

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きゃべつちょうちょ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ひさしぶりに山本文緒のエッセイを読んだ。
今回の文庫には、単行本にはない「空白の日々」の書き下ろしが掲載されている。

さて、「再婚生活」のレビューに入る前に、少し長くなるけれど、彼女の以前のエッセイ「かなえられない恋のために」から抜粋させて頂く。

<ひとりの人間が経験できる出来事はとても限られている。世の中には何ヶ国語も操り、世界を飛び回っては偉業を成している人間もいるけれど、それはごく少数の才能と体力と使命感に恵まれた人だけなのだ。
誰だって自分の手の届く範囲でしか生きていない。それは恥ずかしいことでも悲しいことでもなんでもないのだ。短い一生のうちに関わることができる、ほんの少しの人間、ほんの少しの仕事、ほんの少しの本。それをないがしろにして、なにができるというのだろう。自分の目に見えるものしか信じないとか、受け入れないとか、努力をしないと言っているのではない。あれもこれも欲張っているうちに、自分が本当に知りたいことが何であったかわからなくなってしまっていたのだ。人間ひとりが持っているバイタリティーやエネルギーには限りがある。それを漫然と使っていたら結局何も手に入らない。
自分の好奇心に正直になること。持っているものを大切にすること。
そう感じることができて、やっと私は幸せな気分で昼寝をしたり、本を読んだりできるようになった。それが、ただの時間の無駄づかいではないことを知ることができたから。
人は何事かを成すために生きてるんじゃない。何も成さなくてもいいのだ。自分の一生なんて、好きに使えばいいのだ>

もちろん、この文章を書いていたころの山本氏は現在より年齢も若く、立場的にもずいぶん違う。こんな昔の文章を引き合いに出すのは間違っているのかもしれないが、私はこれを読んだ当時この言葉を抱きしめていきたいと思った。それは今も変わらない。

単行本に対しては厳しい反響もあったようだ。「恵まれている人に病気を語ってほしくない」とか、「甘えすぎているのではないか」とか。
社会的に恵まれている立場。作者のように好きな仕事ができてお金もあって周りには優しくサポートしてくれる人間もいる。この「立場」が、人々の反感を買ってしまいやすいのだろう。
なぜ。このような「恵まれた立場」の人間がうつに陥ってしまうのか。
そのあたりの、原因に対しても赤裸々な告白があれば、もっと共感を得られるし、価値のあるものになるのではないかと、ものたりなさを感じたため★はみっつ。

「病気」ひいては「悩み」というのは、その辛さは本人しかわからない。他人と分け合えるものではない。でも、「体験記」というものには、その人自身が体と心の両方を使って得た大事なメッセージが含まれている。
本書は、「なぜ、あの人が」と思うような、身近な人がうつに陥ったときにひらけば、当事者の心理や葛藤を読み解く手ほどきとして非常に有効なのではないだろうか。

この本を読み終えたときに、冒頭の抜粋の言葉がよぎったのだ。
自分にとっての大切なもの。そしてそれに対する態度。距離感。緊張感。
改めて考えさせられたし、もっと大事にしていこうと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/06/04 15:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/09 00:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/01 14:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/12 22:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/08 19:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/16 19:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/03 14:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/06 17:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/26 12:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/24 12:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/27 19:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/13 20:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/11 09:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。