サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ジャンピング・ジェニイ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ジャンピング・ジェニイ(創元推理文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.10
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元推理文庫
  • サイズ:15cm/350p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-488-12306-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ジャンピング・ジェニイ (創元推理文庫)

著者 アントニイ・バークリー (著),狩野 一郎 (訳)

屋上の絞首台に吊された藁製の縛り首の女—小説家ストラットン主催の“殺人者と犠牲者”パーティの悪趣味な余興だ。ロジャー・シェリンガムは、有名な殺人者に仮装した招待客のなかの...

もっと見る

ジャンピング・ジェニイ (創元推理文庫)

994(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

屋上の絞首台に吊された藁製の縛り首の女—小説家ストラットン主催の“殺人者と犠牲者”パーティの悪趣味な余興だ。ロジャー・シェリンガムは、有名な殺人者に仮装した招待客のなかの嫌われもの、主催者の義妹イーナに注目する。そして宴が終わる頃、絞首台には人形の代わりに、本物の死体が吊されていた。探偵小説黄金期の雄・バークリーが才を遺憾なく発揮した出色の傑作。【「BOOK」データベースの商品解説】

〔「世界探偵小説全集 31」(国書刊行会 2001年刊)の改題〕【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

迷探偵現る!

2015/02/21 12:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:papanpa - この投稿者のレビュー一覧を見る

バークリー氏の作品は「毒入りチョコレート事件」「第二の銃声」に続き3作品目でしたが、これもまた、一筋縄でいかないミステリでした。

個人パーティーで、主催者の義理妹が殺されます。この義理妹、作中では殺されて当然の悪女のように繰り返されるのですが、そこまで悪人でないような気が・・・。

そして、パーティーの招待客の中にいた迷探偵ロジャー氏、事件解決どころか・・・!?

あとは読んでみてね。面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人生で一番笑ったミステリ

2016/12/06 22:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:休暇旅行 - この投稿者のレビュー一覧を見る

探偵役はロジャー・シェリンガム。まぎれもなく名探偵だと思うのですがそれ以上に迷探偵。『第二の銃声』でも笑わせてくれましたが、この本ではさらにグレードアップ。もはや事件解決でなく事件改竄のために奮闘している。優れたミステリにしてコメディ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

エンディングのひとひねりと併せて、何とも旨みのあるミステリ

2009/11/05 18:27

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:東の風 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 これには、まいった! 通常の犯人探しの探偵小説とは全く違うミステリ。ユーモアとウィットの利いたコメディを見ているみたいな趣って言ってもいいかな。本当に面白かった。

 名探偵ならぬ迷探偵、ロジャー・シェリンガムが活躍する作品。あちこちで、「おいおい」とツッコミを入れたくなるシェリンガムの右往左往ぶり、状況をややこしいものにする推理と行動が、とても愉快でしたね。シェリンガムったら、全くとんでもない探偵だよ!

 普通の探偵小説とは、全く違う趣向が凝らされています。それは、シチュエーションの風変わりな妙味と、被害者の死をめぐって一致団結する登場人物たちの言動の面白さにあったように思います。二転三転するシェリンガムの推理も愉快でしたし、シェリンガムをはじめ、登場人物たちの奮闘(?)は、「頑張れ~」と思わず応援したくなったくらい。エンディングのひとひねりと併せて、何とも旨みのあるミステリでしたね。

 そうそう。死体とその他の事件関係者をめぐる構図、話の展開に似た味わいがあるかなあって思い出したミステリがひとつ。クレイグ・ライスの『眠りをむさぼりすぎた男』(国書刊行会)。よろしければ、こちらもどうぞ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/08/04 07:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/02 00:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/31 13:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/11 20:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/02 21:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/16 13:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/20 16:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/03 21:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/24 09:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/09 13:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/19 15:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/06 01:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る