サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

8/31 honto限定!電子おまけフェア~飯田実樹『我が王と賢者が囁く』発売記念~(~9/29)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

忘れないでいてくれ(リンクスロマンス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 22件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

忘れないでいてくれ (リンクスロマンス)

著者 夜光 花 (著)

他人の記憶を覗き、消す能力を持つ清廉な美貌の守屋清涼。見た目に反して豪放磊落な性格の清涼は、その能力を活かして生計を立てていた。そんなある日、ヤクザのような目つきの鋭い秦...

もっと見る

忘れないでいてくれ (リンクスロマンス)

923(税込)

忘れないでいてくれ

900 (税込)

忘れないでいてくれ

ポイント :8pt / 紙の本より23おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 8.5MB 無制限
Android EPUB 8.5MB 無制限
Win EPUB 8.5MB 無制限
Mac EPUB 8.5MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

他人の記憶を覗き、消す能力を持つ清廉な美貌の守屋清涼。見た目に反して豪放磊落な性格の清涼は、その能力を活かして生計を立てていた。そんなある日、ヤクザのような目つきの鋭い秦野という刑事が突然現れる。清涼は重要な事件を目撃した女性の記憶を消したと詰られ脅されるが、仕返しに秦野の記憶を覗き、彼のトラウマを指摘してしまう。しかし、逆に激昂した秦野は、清涼を無理矢理押し倒し、蹂躙してきて—。【「BOOK」データベースの商品解説】

他人の記憶を覗き、消す能力を持つ清涼は、ある日、ヤクザのような目つきの秦野という刑事から、重要な事件を目撃した女性の記憶を消したと詰られ、脅される。仕返しに秦野の記憶を覗いた清涼は、激昻した秦野に押し倒され…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー22件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

キャラクターがみんな魅力的

2012/03/14 19:13

9人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はにーとーすと - この投稿者のレビュー一覧を見る

他人の記憶を覗けるという能力を持っている清涼。(受け)
攻めは一介の刑事、秦野。しかし過去には忌まわしい記憶が。
ある事件をきっかけに二人はつながっていきます。
このお話は脇のキャラたちがなかなかよい仕事をしています。
主人公を含めみんなとても個性的でアクが強くて
でもそれがとても魅力的なんです。
私は黒薔薇さんがお気に入りです。その後が気になります。
ラストはなんだかいい余韻が残って良かったです。
朝南さんのイラストも素敵でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

良かった!

2016/08/22 11:24

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Sota - この投稿者のレビュー一覧を見る

ストーリーの設定が、面白くて、話に引き込まれました。
幸田の弟は、一体どんな人物だったんだ?と、謎のままでしたが、秦野のラストのセリフ「物事をどうとらえるかは自分しだいだ」が、印象に残りました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

刑事×サイコメトラー

2018/06/08 15:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

重要参考人の女性の記憶を消したと詰られ脅され、仕返しに秦野の記憶を覗き、彼のトラウマを指摘するとキレた秦野に強姦される清涼。翌日、秦野が謝罪としてケーキと薔薇の花束を持参をした時はびっくりした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

他人の記憶を覗き、消す能力

2016/07/06 13:29

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

他人の記憶を覗き、消す能力を活かして生計を立てていた守屋清涼。ある事件の捜査をきっかけに出会った二人。重要参考人の女性の記憶を消したと詰られ脅され、仕返しに秦野の記憶を覗き、彼のトラウマを指摘するとキレた秦野に強姦される清涼。翌日、秦野が謝罪としてケーキと薔薇の花束を持参をした時はびっくりした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

トラウマ受と受を守ろうとする攻

2017/08/31 23:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

クールビューティーで意地っ張りで、強がりな受が、攻に心を開いて行く様子が良かったですね。
攻はレイプに引いたけど、傲慢かと思いきや案外実直で、そこも良かったです。
薔薇の花束と「顔が好みで〜」のくだりが可愛かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/11/05 21:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/08 23:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/28 22:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/25 15:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/11 18:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/09 16:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/01 20:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/15 06:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/13 22:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/23 09:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る