サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー プレゼントにお困りですか?クリスマスに届けたい一冊 ポイント5倍キャンペーン(~12/25)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

毎月新聞(中公文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 75件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2009/09/01
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公文庫
  • サイズ:16cm/316p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-205196-6
文庫

紙の本

毎月新聞 (中公文庫)

著者 佐藤 雅彦 (文と絵)

毎日新聞夕刊紙上で、月に一回掲載された日本一小さな新聞、その名も「毎月新聞」。その月々に感じたことを独自のまなざしと分析で記した、佐藤雅彦的世の中考察。人気の3コマまんが...

もっと見る

毎月新聞 (中公文庫)

756(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

毎日新聞夕刊紙上で、月に一回掲載された日本一小さな新聞、その名も「毎月新聞」。その月々に感じたことを独自のまなざしと分析で記した、佐藤雅彦的世の中考察。人気の3コマまんが「ケロパキ」に加え、文庫オリジナルの書き下ろしも収録。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー75件

みんなの評価4.5

評価内訳

紙の本

枠組みをとっぱらった発想、自由なものの見方、考え方が素晴らしいですね。脳みそがもみほぐされる好著でした。

2010/01/04 21:34

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:東の風 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 1998年(平成10年)から2002年(平成14年)の四年間にわたって、毎月一回発行のミニ新聞という体裁で、著者が感じたこと、考えたこと、問題意識を持ったこと、疑問に思ったことを書きとめていった文章の数々。枠にとらわれない新しい見方やものの考え方に「おっ!」となる、斬新かつ刺激的、とても面白い授業に参加している気分で読んでいくことができましたね。

 『毎月新聞 第1号』に載っている、<自分のまわりを見渡すと、長く愛用しているものは単機能のものばかりである。単機能は使う目的がはっきりしているからである。(中略)「なんでも使える」は「なんにも使えない」に通ずるのだ。>という文章あたりから、「うんうん、言えてるなあ、それ」と共感させられながら、著者の視点の新しさ、面白さに引っ張り込まれていきました。

 なかでも印象に残った考察は、次の五つ。

 『第6号 日常のクラクラ構造』 ゴミ袋をめぐって、それまで外側にあったものが内側にとりこまれてしまう“逆転の構造”、その妙味に目からうろこがポロリ。私もクラクラっとなりました。
 『第9号 おじゃんにできない』 <せっかく始めてしまったことをおじゃんにして、一からやり直すことにとても抵抗がある>人間心理の面白さ。「一度立ち上げた機械の運転は、確かに停めづらいんだよね」と、職場の仕事を思い浮かべてみれば、頷くこと何度も。
 『第13号 質問ができない』 <素晴らしい質問ができた時、その先に素晴らしい答えが用意されていると言ってもいいほどである。> この言葉、すとんと腑に落ちました。いい質問あってこそ、素晴らしい答えが導き出されるのだなあと。
 『第17号 入試の心得』 風に舞い上がった一枚の受験票が、受験生たちの気持ちを自由な地平へと解き放った爽快感。時は移り、立場は変わっても、変わらずにある「自由な心の持ちよう」の大切さ。心に響く文章に、乾杯!
 『第40号 オレンジの皮』 身動きのとれない閉塞的な状況が、一個のネーブルオレンジの干からびた皮から亀裂が入り、打開されることの鮮やかな驚き。2002年2月20日発行の新聞にあった、<未来のみえない閉塞状態にある日本も、小さな問題をきちんと解決することが、この流れを変えるきっかけになるかもしれない。>との言葉は、まんま、2010年の今に通じるのではと、ハッとさせられました。

 カエルの子供が主人公の三コマ漫画『ケロパキ』。「ああ、あの頃はこんな出来事や事件があったのか」と感慨深いものがあった『この月の出来事』。本文の余白に収められた連載アイテムも楽しく、興味深かったですね。

 枠組みや制約をとっぱらう、しなやかでやわらかなものの見方、考え方が、凝り固まっていた脳みそをもみほぐしてくれた、みたいな。

 新年早々、ハッと目が覚めました。予想外の面白さに、星は五つ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/02/02 20:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/16 00:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/10 00:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/15 23:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/02 18:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/07 23:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/10 20:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/01 22:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/24 14:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/03 10:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/13 22:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/06 23:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/10 22:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/11 01:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る