サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 診断士ギョーカイ用語辞典150 ストーリーで読む

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

診断士ギョーカイ用語辞典150 ストーリーで読む
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.10
  • 出版社: 同友館
  • サイズ:19cm/150p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-496-04584-4
  • 国内送料無料
資格・検定

紙の本

診断士ギョーカイ用語辞典150 ストーリーで読む

著者 福島 正人 (編著),黒川 如 (編著),木伏 源太 (編著)

診断士の世界を知るには、まず言葉を知ること。実務補習から出張相談、飲み会まで、さまざまなストーリーを通して、診断士の世界を体感しながら、診断士のギョーカイ用語を学べる。【...

もっと見る

診断士ギョーカイ用語辞典150 ストーリーで読む

1,944(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

診断士の世界を知るには、まず言葉を知ること。実務補習から出張相談、飲み会まで、さまざまなストーリーを通して、診断士の世界を体感しながら、診断士のギョーカイ用語を学べる。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

福島 正人

略歴
〈福島正人〉1969年生まれ。「合同会社夢をカナエル」代表社員COO。中小企業診断士。
〈黒川如〉1978年大阪府生まれ。中小企業診断士。雑誌への執筆やインターネット検定の試験問題作成などで活躍。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2009/12/06 18:16

投稿元:ブクログ

著者のおひとり、木伏さんと某研究会でお会いした。
とても面白い雰囲気を持っていらっしゃる方だったので、本書を買ってみた。

読んでみると、診断士資格を持っているけど、企業内診断士な私は、ひそかに知らないことがいっぱいだったりして・・・役に立ちました。

特に目からウロコだったのは、「足の裏の米粒」。
よく、診断士資格について言われる、「足の裏の米粒」の意味が、「とっても食えない」の意味だったとは!!
「気づかないうちに踏まれてしまうくらい取るに足らないる資格」という意味なのかと、真面目に思っていたワタシ。

※ 私自身は、診断士資格が「取るに足らない」資格だと決して思っていません。そういう風におっしゃる人が世の中にはいる、と思っていただけです。
確かに、この資格をとれば仕事が保証されている、という資格ではありませんが、ビジネスに関する広い教養を修得できる、良い資格だと思います。

新人診断士、ヒロシの診断士としての成長ストーリーにあわせて、ストーリー中に出てきた専門用語を解説していく、というスタイル。
読み始める前は、このスタイルは読みにくいかもなぁ、と想像してたけど、ストーリー展開も、解説も両方とても面白く書かれていて、読み進めるのに全く問題なしだった。

診断士受験生は、こういう本を読んでも、モチベーションがあがりそう。

【本書で印象的だった箇所(本文からの引用させていただきます)】
・ (SWOT分析に関する解説で)売れっ子コンサルタントは、自分の強みを最大限に発揮して活躍している。逆に、自分自身の強みもわからないようなコンサルタントには、怖くて仕事を依頼できない。
→ 温厚そうだった木伏さんがこの文章を書いたかと思うと、ハイ、その通りです。がんばります。という気になった・・・

・ (POSについて)単品管理による売れ筋・死に筋分析はメリットの典型例だが、実現はなかなか難しい。POSでできるのは、死に筋の排除であって、売れ筋をつくることはなかなかできないからだ。しかし、顕在化している売れ筋だけを並べていても、客には飽きられてしまう。
→ POS導入については、診断士試験の定番だけど、正直、「POSって、現場で使いこなしてるのかなあ」という疑問があった。この解説を読んで、やっぱり、と納得。

2010/01/17 16:44

投稿元:ブクログ

内容(「BOOK」データベースより)

MC?米粒?カバン持ち?診断士のオモテとウラがわかる本。
目次
1 受験校合格祝賀会
2 実務補習
3 スプリングフォーラム
4 研究会
5 商工会セミナーの講師
6 出張相談
7 再生支援
8 顧問契約
9 診断士の飲み会

2011/02/27 22:48

投稿元:ブクログ

中小企業診断士になろうと決めて、一番最初に読んだ本。中小企業診断士として独立して働きたいと思いが増して来た。中身の濃さはなんとも言えないけど、なにも知らない自分が読むにはちょうどよかったな。

経営学・企業 ランキング

経営学・企業のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む