サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

ポイント最大500倍キャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

読むと書く 井筒俊彦エッセイ集
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.10
  • 出版社: 慶應義塾大学出版会
  • サイズ:20cm/626,113p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7664-1663-3
  • 国内送料無料

紙の本

読むと書く 井筒俊彦エッセイ集

著者 井筒 俊彦 (著),若松 英輔 (編)

初期のイスラーム研究、世界の言語、生い立ちや豊かな交流関係について綴った1939〜1990年までの著作集未収録エッセイ70篇を収録。井筒俊彦入門に最適の一冊。【「BOOK...

もっと見る

読むと書く 井筒俊彦エッセイ集

税込 6,264 58pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

初期のイスラーム研究、世界の言語、生い立ちや豊かな交流関係について綴った1939〜1990年までの著作集未収録エッセイ70篇を収録。井筒俊彦入門に最適の一冊。【「BOOK」データベースの商品解説】

初期のイスラーム研究、世界の言語、生い立ちや豊かな交流関係について綴った、1939年から1990年までの著作集未収録の文章70篇を収録。井筒俊彦入門に最適な一冊。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

井筒 俊彦

略歴
〈井筒俊彦〉1914〜93年。東京都生まれ。慶應義塾大学英文科で学ぶ。同大学文学部教授、イラン王立哲学研究所教授などを歴任。毎日出版文化賞、朝日賞受賞。著書に「意識と本質」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

著者の学問領域の広さと深さと見識に驚嘆

2010/02/06 22:07

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:萬寿生 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 新聞の書評では、随筆・エッセイとあったが、小論文集といった内容である。編纂者の解題には、「本書は、『井筒俊彦著作集』(中央公論社刊)未収の論文、エッセイ、書評、追悼文、推薦文など七十編を収録している。」とある。文量にして前半分にあたる、第1章がイスラム哲学・思想・文化についての、第2章が言語学の、第3章が哲学に関する、小論文集である。第4章から第7章と付録までの書評、追悼文、推薦文、回想なども内容はエッセイというより論文とあまり変わらないように思われる。
 これらを読むと今さらながら「井筒俊彦は智の巨人である」と実感させられる。
 以前から一般向けのその著作の二、三は読んではいる。が、昨今の世界情勢からイスラムについて大きな誤解をしないために、ある程度の知識を得ておく必要がある。そして日本人のイスラム学者の解説を読むのが、手ごろである。この本の著者である井筒俊彦は日本のイスラム哲学・思想・文化研究の第一人者である。ということで、この本も読んでみた。
 著者の学問領域の広さと深さと見識に驚嘆した。イスラム哲学・思想・文化の研究だけではなく、哲学や思想については西洋哲学、仏教哲学、インド哲学、中国哲学、さらに中近東の古代言語を含む言語学や詩まで研究している。各分野ともその実績は相当なものであるようだ。素人でもこの本を読んでそのことが実感できる。井筒俊彦の著作は更に読むべきであると感じた。そうは言っても、以前読んだ「意識の形而上学東洋哲学覚書 『大乗起信論』の哲学」がほとんど解らなかったように、本格的な論考を読むのは難しいだろう。それで、この本のような小論文を読んでいきたいと思う。この本を読んだ感想から、それだけでもイスラム哲学・思想・文化について、かなりの知識と理解が得られる、と思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/10/02 15:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。