サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 本・読書・出版・全集
  4. 豆本づくりのいろは 手で作る小さな本

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

豆本づくりのいろは 手で作る小さな本
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.11
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:21cm/95p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-27143-9
  • 国内送料無料

紙の本

豆本づくりのいろは 手で作る小さな本

著者 赤井 都 (著)

カード式豆本、アコーディオン折本、かんたん巻きもの式豆本などシンプルなものから、本格的な革表紙のソフトカバー豆本や和紙の接ぎ表紙豆本まで10種類の作り方を豊富な写真で紹介...

もっと見る

豆本づくりのいろは 手で作る小さな本

1,728(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

カード式豆本、アコーディオン折本、かんたん巻きもの式豆本などシンプルなものから、本格的な革表紙のソフトカバー豆本や和紙の接ぎ表紙豆本まで10種類の作り方を豊富な写真で紹介。手作り豆本図鑑、豪華豆本の世界も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

赤井 都

略歴
〈赤井都〉ルリユール工房入門修了。パッセ・カルトン、書籍の修理と保存受講中。豆本作家。文筆家。ミニチュアブック協会の国際的な豆本コンクールで日本人初のグランプリ受賞。東京製本倶楽部会員。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

豆本

2009/11/26 11:20

11人中、11人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:takeyang - この投稿者のレビュー一覧を見る

赤井都さんの豆本がぎゅっと詰まった、充実の一冊。

表紙は、落ち着いた木のぬくもり。
そこに、豆本とそれを作るための道具たちの姿。
落ち着いた佇まいの、でもわくわくさせるいい顔の本です。

作り方や、ちょっとしたコツ、道具、紙の目のこと、そして豆本の写真を、本の中に収められるだけ収めた、サービス精神満点な内容。
これは、豆本をこれから作りたいという初心者さんから、いま豆本を作っている作家さん、作りはしないけれども豆本が好きな人、本が好きな人、手作りのものが好きな人に見てほしい、手にしてほしい。そんな本です。

かつて凝った豆本がたくさん作られていた時代から、新しい世代に交代しつつある豆本。
文章やイラスト、写真、切り絵、消しゴムスタンプなどなど、自分で自由に内容を決めて、形も装丁も仕上げも自由に、一冊の本に仕立てて行く。
流通している本には出来ない、凝った仕掛けをつけたり、箱に収めたり。
しかも、てのひらに収まるほどの小ささで。
その魅力を伝えてくれる、貴重な本です。
最近、装丁も内容も素晴らしいのに、すぐに壊れてしまいそうな豆本を時々見かけます。「壊れない豆本を」という精神が広がるといいです。

そしてこれから、赤井都さんがさらにどんな豆本を作って行かれるのか、この本を手にしたのを機に、新しい豆本の作り手が増えて行ったら……と考えると、豆本好きとしては愉しみで仕方ないのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/02/09 11:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/21 02:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/14 17:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/14 12:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/22 02:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/19 11:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/30 18:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/08 08:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/09 01:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/17 00:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

本・読書 ランキング

本・読書のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む