サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

思考する豚
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.11
  • 出版社: 木楽舎
  • サイズ:20cm/358p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86324-017-9
  • 国内送料無料

紙の本

思考する豚

著者 ライアル・ワトソン (著),福岡 伸一 (訳)

豚は人を対等に見ている−。脳が最大の武器である生き物「豚」に光を当てた、ライアル・ワトソンの個人的調査の記録。野豚と家畜の豚にまつわるあれこれを集め、豚に対する間違った認...

もっと見る

思考する豚

2,700(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

豚は人を対等に見ている−。脳が最大の武器である生き物「豚」に光を当てた、ライアル・ワトソンの個人的調査の記録。野豚と家畜の豚にまつわるあれこれを集め、豚に対する間違った認識に異を唱える。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ライアル・ワトソン

略歴
〈ライアル・ワトソン〉1939〜2008年。アフリカ・モザンビーク生まれ。動物行動学の博士号のほか、生態学、植物学、心理学など10の学位を持つ。著書に「スーパーネイチュア」「未知の贈りもの」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

どのようにしたらお互いに気持ちが通じ合うことができるでしょうか。

2010/03/05 02:41

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みどりのひかり - この投稿者のレビュー一覧を見る

 福岡伸一さんが訳しているので面白いかもしれないと思って読みましたが私の期待したものとは遠いものでした。

 豚の思考を徹底して追究していく研究でもあるのだろうかと期待したのですが、そのようなものはなく、どこそこの豚はどういう特徴があって、このくらい賢い、というようなことの寄せ集めで、深く研究して書かれたものではありません。

 そういう研究でなくても、豚と豚、あるいは人間と豚との心の交流の物語とか、そういうものでもよかったのですが、そういうものでもなかったです。ただ何箇所かに豚と接した人の心のことが書かれていました。その一つを紹介しましょう。


 ブルース・チャトウィンの『暗い丘で』という作品がある。ウェールズに住む、ある農民の双子の息子たちの話だ。二人は、一腹の子豚のうち一番小さい豚を自分たちのものにして、ホゲージという洗礼名を与えた。だが父親にとってそんな子豚はどうでもいいことで、ある日、父はホゲージを処分して胴体を食料庫のフックに吊り下げておいた。
「二人とも寝るまでは涙をこらえていたが、ベッドに入ると枕は涙でびしょぬれになった」
 少年たちは子豚を処分した父を決して許しはしなかった。



 話しは変わりますが、日本では今、人は犬を食べない。弥生時代には遺跡あとに大量の犬の骨が出てくるということを、本で読みました。大陸から渡ってきた人たちは犬を食う習慣があったのでしょう。日本人が犬を食べなくなったのは、犬公方、徳川綱吉の時代以降だということが、以前教育テレビで語られていました。

 人々の考え方や習慣に宗教が影響を大きく与えているのでしょうが、もともと人間の脳にその考え方を受け入れる要素があるのかも知れません。犬を食べるということも食べないということも、人間の脳にどちらをも受け入れる要素があるのかも知れません。

 少年たちと心を通わせていた豚を、食料にするために殺した父親。いったい何を考えているのだろうと思う。
 以前読んだアメリカの女性の心理学者が書いた本の中にも、父親に、可愛がっていた兎を食べられた話(その心理学者自身の子供の頃の悲しい出来事でした)がありました。

 この「思考する豚」には、何処か、私(たち、日本人)には、なじめない動物に対するヨーロッパ、アメリカの人たちの考え方があるような気がします。
 でも、日本人もテレビで何々牛や何々豚が旨いだなんだのいう番組が増え、変わって来ているかもしれません。

 ここに金子みすゞさんの鯨法会(くじらほうえ)の詩を掲げておきましょう。(新装版 金子みすゞ全集・3_JULA出版局)


  鯨法會(くぢらほふゑ)

 鯨法會は春のくれ、
 海に飛魚採れるころ。

 濱のお寺でなる鐘が、
 ゆれて水面(みのも)をわたるとき、

 村の漁師が羽織着て、
 濱のお寺へいそぐとき、

 沖で鯨の子がひとり、
 その鳴る鐘をききながら、

 死んだ父さま、母さまを、
 こひし、こひしと泣いてます。

 海のおもてを、鐘の音は、
 海のどこまで、ひびくやら。


*****

 キリスト教圏の人の動物に対する考え方は、何か私(たち)と、決定的に違うような気がします。どちらが、いい、わるい、でなく、どのようにしたらお互いに気持ちが通じ合うことができるでしょうか。

 そのために、この詩は何か役目を果たしてくれるでしょうか。

 鯨だけでなく、増えすぎた困り者の烏を退治した役場の職員が、殺された烏の慰霊碑を建てているのをテレビで見たことがあります。そのような行為は、かの人々に不可解なことと受け止められるでしょうか。それとも何かを感じるでしょうか。


 自分の考え方もあまり合理的なものでないかもしれません。単純な脳、複雑な_私」をもう一度読み直してみようと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/02/11 23:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/22 18:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/03 16:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/07 12:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/23 09:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/02 01:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/10 13:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/17 01:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る