サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 悩んだら本を開こう ポイント5倍キャンペーン  ~11/25

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 小説の通販
  5. 小学館の通販
  6. 金子みすゞ きょうの私にさよならしましょ。の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2009/11/25
  • 出版社: 小学館
  • サイズ:20cm/125p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-677211-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

金子みすゞ きょうの私にさよならしましょ。 (永遠の詩)

著者 金子 みすゞ (著),矢崎 節夫 (選・鑑賞解説)

彗星のように現れて消えていった天才童謡詩人、金子みすゞ。いのちの尊さや宇宙の真理をうたい永遠に輝きつづけるその童謡詩を、現代仮名遣い、鑑賞解説付きで収録。【「BOOK」デ...

もっと見る

金子みすゞ きょうの私にさよならしましょ。 (永遠の詩)

税込 1,320 12pt

永遠の詩01 金子みすゞ

税込 660 6pt

永遠の詩01 金子みすゞ

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.2MB 無制限
Android EPUB 6.2MB 無制限
Win EPUB 6.2MB 無制限
Mac EPUB 6.2MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

永遠の詩 8巻セット

  • 税込価格:10,56096pt
  • 発送可能日:購入できません

永遠の詩 8巻セット

  • 税込価格:10,56096pt
  • 発送可能日:購入できません

永遠の詩 8巻セット

  • 税込価格:10,56096pt
  • 発送可能日:購入できません

永遠の詩 8巻セット

  • 税込価格:10,56096pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

彗星のように現れて消えていった天才童謡詩人、金子みすゞ。いのちの尊さや宇宙の真理をうたい永遠に輝きつづけるその童謡詩を、現代仮名遣い、鑑賞解説付きで収録。【「BOOK」データベースの商品解説】

大正末、彗星のように現れて消えていった天才童謡詩人、金子みすゞ。いのちの尊さや宇宙の真理をうたい、永遠に輝きつづけるその童謡詩を、現代仮名遣い、鑑賞解説付きで収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

彗星のように現れて消えていった、天才童謡詩人、金子みすゞ。わたしたちのこころに永遠に生きつづけるその童謡詩を金子みすゞ記念館館長・矢崎節夫による鑑賞解説付き、現代仮名遣いで収録。【商品解説】

著者紹介

金子 みすゞ

略歴
〈金子みすゞ〉1903〜30年。山口県生まれ。大正末の童謡界に彗星のように現れ、西條八十に「若き童謡詩人の中の巨星」と称賛された。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

色鉛筆でなぞりたくなる詩集

2010/07/07 08:38

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 詩集というのはもっとも電子書籍になりにくいかもしれない。単に詩を読むのではなく、詩集を読むということで。
 詩を読むことは言葉のつらなりを、言葉のありようを感じることだが、詩集を読むということは、本としての手触り、ゆるやかな重さ、活字の大きさ、詩の配列といった詩にまつわる諸々を感じとることのような気がする。
 だから、同じ詩人の同じ詩であっても、編まれた詩集によって、その感じ方は変わってくるのではないだろうか。

 小学館から刊行された「永遠の詩」シリーズ全八巻を手にして、いい詩集だなと気分が少し弾んだ。
 有山達也と中島美佳による、表紙のデザインもいい。表紙にかかげられた詩の一節も目をひく。詩があって、その鑑賞解説がページの下段にあるのも親切だ。数枚の写真がはいった年譜も詩人の人生をたどるにはちょうどいい。
 こういう詩集があれば、ゆっくりと珈琲をのみながら読んでみたくなる。読むというより、味わうという方が適切だろうか。

 全八巻シリーズの最初が「金子みすゞ」である。
 いまや詩集のシリーズ化からははずせない人気詩人といっていい。
 金子の詩は「鈴と、小鳥と、それから私、/みんなちがって、みんないい」(「私と小鳥と鈴と」)に代表されるように、そのまなざしはやわらかく温かい。何度読んでも、ほっとする。
 色鉛筆で言葉のつらなりをなぞれば、もっと素敵になるだろう。鈴には何色を、小鳥には何色を、そして私、そう金子みすゞには何色が一番似合うだろうか。そんなことを想いながら、詩集を読むのも楽しい。

 ちなみに、表紙の「きょうの私に/さよならしましょ。」は「さよなら」という詩の一節である。

 ◆この書評のこぼれ話は「本のブログ ほん☆たす」でお読みいただけます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

きょうの私に さよならしましょ。

2010/06/21 22:26

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サムシングブルー - この投稿者のレビュー一覧を見る

『永遠の詩』シリーズ全8冊の最初は金子みすずさんです。
表紙には『さよなら』の一節が書かれていました。

  きょうの私に さよならしましょ。

本書は、金子みすずさんの童謡詩を甦らせた矢崎節夫さんが選・鑑賞解説をしています。
『さよなら』の解説に、
 「目で活字を追うのだけでは、この作品は見えてこない。声を出して読むと、見事に絵になって見える。」と、ありました。
声を出して読んでみました。
すると、大切な人の思いを素直に受け入れられなかったことを思い出しました。
そして金子みすずさんの代表作『私と小鳥と鈴と』の一節
「みんなちがって、みんないい。」をも、思い出しました。
大切にしたいのに、相手を受け入られない。
そんな私は嫌いです。
『私と小鳥と鈴と』の解説に
「自己中心から自他一如にならない限り,『みんなちがって、みんないい。』は生れない」と、ありました。
私は自己中心でした。

金子みすずさんは26歳のとき、自らの命を絶ちました。
最後の年譜に娘・ふさえと母・テル(みすず)は、同じ黒曜石のような深い瞳をしていました。
彼女の遺した512篇の童謡詩は、これからもずっと私たちの琴線に触れ、永遠に輝き続けることでしょう。

  鈴と、小鳥と、それから私、
  みんなちがって、みんないい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/07/13 19:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/12 15:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/03 20:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/24 11:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/27 18:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/19 00:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/08 16:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/17 20:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/08/23 08:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。