サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. ソードアート・オンライン 3 フェアリィ・ダンス

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ソードアート・オンライン 3 フェアリィ・ダンス(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 92件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2009.12
  • 出版社: アスキー・メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/315p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-868193-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ソードアート・オンライン 3 フェアリィ・ダンス (電撃文庫)

著者 川原 礫 (著)

禁断のデスバトルMMO『ソードアート・オンライン』から現実世界に戻ってきたキリト。彼は攻略パートナーであり、想い人でもあるアスナのもとに向かう。しかし、結城明日奈は、あの...

もっと見る

ソードアート・オンライン 3 フェアリィ・ダンス (電撃文庫)

616(税込)

ソードアート・オンライン3 フェアリィ・ダンス

616 (税込)

ソードアート・オンライン3 フェアリィ・ダンス

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

ソードアート・オンライン (電撃文庫) 20巻セット

  • 税込価格:12,895119pt
  • 発送可能日:1~3日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

禁断のデスバトルMMO『ソードアート・オンライン』から現実世界に戻ってきたキリト。彼は攻略パートナーであり、想い人でもあるアスナのもとに向かう。しかし、結城明日奈は、あの悪夢のゲームからまだ帰還していなかった。困惑と絶望に包まれるキリト。唯一の手がかりは、鳥篭の中で佇む“妖精姿”のアスナという謎の画像データのみ。どうやら彼女は、高スペックVRMMO“アルヴヘイム・オンライン”というゲーム内に囚われているらしい。キリトはアスナを救うため、飛翔する妖精プレイヤーたちが交錯する“ALO”に飛び込んでいく…!!WEB上でも屈指の人気を誇った『フェアリィ・ダンス』編、スタート。【「BOOK」データベースの商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー92件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

現実のお姫さまを取り戻しに、ゲームの世界へふたたび

2009/12/09 17:39

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 現実世界に戻ってきたキリトが直面したのは、アスナを含む約300名のプレイヤーが、ソードアート・オンラインの世界から帰還していないという事実だった。
 眠り続ける結城明日奈に対して、何も出来ない無力感にさいなまれる桐ヶ谷和人だが、1枚の写真が彼にすべきことを示してくれた。それは、ソードアート・オンラインの技術を流用して開発された、アルヴヘイム・オンラインの世界で撮られた、捕われのお姫さまの肖像。彼女を解放し、再び傍らに立つために、和人はVRMMOの世界に向かう。

 ソードアート・オンラインは、ゲームという仮想世界の中に、死というリアルの概念を取り込んだ世界だった。一方でアルヴヘイム・オンラインの世界は、リアルでは不可能な、身一つで空を飛ぶ、というスキルを付加した世界になっている。
 前者の世界と違い、後者の世界では、アカウントという仮面を通し、現実では出来ないことを後腐れなく思い切ってやれる世界。だが一方で、ゲーム内の行動は現実の自分の精神にフィードバックされるし、ゲーム内の人格は現実世界の人格から無縁ではいられない。これを敷衍すると、上記二つの世界の違いは、設計者の思想の違いであるといえるかもしれない。

 アスナが思い切って活躍できない代わりに、キリトの妹である桐ヶ谷直葉がヒロインの座に躍り出たり、ソードアート・オンラインで登場したキリトとアスナの子供のユイが再登場したりしている。
 前巻の構成から考えて1巻で完結するのかなと思っていたのに、肝心のところはこれからというところでつづくになってしまったので、早い続巻の刊行が待たれるところです。

 現実世界で王子さまがお姫さまを助けるみたいな状況は作りようがないのかな?キリトもアスナを助けるためには仮想世界に行かざるを得ないわけだし。現実世界で力づくでことを進めたら、出てくるのが弁護士、では笑い話にもならない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

痛恥ずかしい

2009/12/12 17:59

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

新たな世界へと移行
これまではプレイヤー=キャラクターという構図でしたのでそれほど問題はなかったのですが、今回はあくまでゲームキャラクターという形なのでリアルに考えると痛恥ずかしい台詞がちょこちょこありますね
根本的にかっこいい、というかかっこつけたオンラインゲームという時点で恥ずかしいですし、敵役もかなり恥ずかしい
主人公キリトもいきなり強くなりすぎで、プレイ開始時点で最強状態
前回からのデータを引き継いでいるといっても装備は大したものではないのだから、強い相手と戦うならそれなりに戦い方を考えてきちんと盛り上げてほしかった

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/09/03 20:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/26 11:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/03 06:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/11 12:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/07 10:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/26 10:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/01 10:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/08 21:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/18 20:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/01 01:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/14 12:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/09 21:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/04 19:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む