サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「ブックツリーで読む最近の文学賞」ポイント5倍キャンペーン(~3/27)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ジーキル博士とハイド氏(光文社古典新訳文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 42件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2009/11/01
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社古典新訳文庫
  • サイズ:16cm/159p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-75195-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

ジーキル博士とハイド氏 (光文社古典新訳文庫)

著者 スティーヴンスン (著),村上 博基 (訳)

街中で少女を踏みつけ、平然としている凶悪な男ハイド。彼は高潔な紳士として名高いジーキル博士の家に出入りするようになった。二人にどんな関係が?弁護士アタスンは好奇心から調査...

もっと見る

ジーキル博士とハイド氏 (光文社古典新訳文庫)

税込 626 5pt

ジーキル博士とハイド氏

税込 540 5pt

ジーキル博士とハイド氏

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.1MB 無制限
Android EPUB 6.1MB 無制限
Win EPUB 6.1MB 無制限
Mac EPUB 6.1MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

街中で少女を踏みつけ、平然としている凶悪な男ハイド。彼は高潔な紳士として名高いジーキル博士の家に出入りするようになった。二人にどんな関係が?弁護士アタスンは好奇心から調査を開始するが、そんな折、ついにハイドによる殺人事件が引き起こされる。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー42件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

ホラー、ミステリーの古典。人物関係の謎解きと、人格崩壊の恐怖。

2010/01/12 17:32

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 映画になったり児童文学に翻訳され、よく知ってはいるけれど原作は翻訳も読んでいない「ジーキル博士とハイド氏」。新訳が出たのを機会に読んでみると、やはりいろいろな発見があった。解説は東雅夫氏。
 おおむねは予想通り、ジーキルとハイドという人物の関係についての謎を書いたミステリーであり、殺人や薬による変容の恐怖を描いたホラーであった。
 予想外に短い。だが、一番予想外だったのはハイド氏が小柄で、外見もまったくジーキル氏と違う、というところである。舞台や映画では一人二役で演ずるイメージがある。ジーキルとハイドが「一人の人物」であることを強調する演出としてはそれが最適だったのだろう。そしてそのイメージが定着したのだ。(このあたりは、東雅夫氏の解説に詳しい。)しかし、考えてみれば一人二役で外見に共通性が残っているよりも、外見も変わってしまう方が「根源的な改変」の怖さが強い気がする。小柄なハイド氏が背の高いジーキル博士の服の袖や裾を捲り上げてきている姿は滑稽でもあるが。

 短いが、細かな描写がとても丁寧である。明るい表玄関と、窓もない裏口側という建物は、解剖医ジョン・ハンターの家がモデルなのだそうだが、確かに実在した家屋の構造を知らないと描けないようなところもたくみに利用されている。ジーキルとハイドの行動が無理なく説明できるのである。
 後半、謎解きとなるジーキル博士の手紙の部分がかなり長いが、ここの描写も丁寧で、前半の不可解な人物の与える怖さとはまた違う怖さである。薬で自分の「快楽を追求する」部分を分離して楽しむうち、薬の量を増やさないと聞かなくなる、無意識に人格が変わっていることがおき始める。どこやら「麻薬」の症状を描いているような怖さでもある。著者は薬もかなりよく知っていたのだろう。

 上質な恐怖推理小説として、やはり一読の価値はあると思った。短いので是非読んでみていただきたい。もっとも「謎解き」の部分については、ジキルとハイドの関係はあまりにも知られてしまったので、出版当時の読者のように楽しむというわけにはいかないのが残念かもしれない。

 ちなみに、翻訳者の解説によると最近は「ジキル」ではなく、日本語では「ジーキル」と表記されることが一般的だそうである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/04/17 21:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/03 16:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/08 19:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/28 19:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/20 16:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/15 00:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/02/13 19:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/18 07:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/15 14:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/20 15:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/24 08:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/16 11:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/26 15:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/08 00:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。