サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

会員600万人突破 大感謝祭  ~1/11

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.12
  • 出版社: 幻冬舎
  • レーベル: 幻冬舎アウトロー文庫
  • サイズ:16cm/286p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-41403-7
文庫

紙の本

レンタルお姉さん (幻冬舎アウトロー文庫)

著者 荒川 龍 (著)

レンタルお姉さん (幻冬舎アウトロー文庫)

税込 628 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ひきこもり者への対応の1つとして知っておくべき活動のことが書かれているが、不十分な記述も気になってしまう

2010/09/26 18:44

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

 すでに多くの人が指摘していることなのであまり繰り返したくはないのだが、やはり言いたくなってしまうことにこの本のタイトルがある。ノンフィクションなので、NPO法人「ニュースタート事務局」が実際に呼んでいるとおりに表現するしかないとは思うのだが、「ひきこもり」や「ニート」に関心のない人たちにはいらぬ気持ちを刺激するかのような言葉だし、そのようなことに関心のある者でもこの本を読んでいる姿を誰かに見られることがあるといちいち説明しなければならなくなる鬱陶しさがあるのではないだろうか。逆にいえばそのようなインパクトをねらって、このタイトルがつけられているのかもしれない。
「ひきこもり」者が長年続けてきた状況から抜け出させるための関わりを持つことを仕事としている主に女性たちの活動を著した本である。活動といっても仕事であり、その主体はNPO法人「ニュースタート事務局」であるが、事務局のことはほとんど出てこない。もっぱら「レンタルお姉さん(一部お兄さん)」の実際の活動に主眼が置かれているし、著者もその活動に同行取材していることが文章から読み取れるが、かなり密着して彼女らの活動が著されているのだろう。
 そこで著されている彼女らの活動には確かに教えられることが多い。彼女らの活動を医療とか保健とか福祉と言った従来の枠組みの中で語ることはむずかしいが、そのような分野で仕事をする者が試みようとして試みきれないことを現実に行っているのだから、基本的な仕事に向かう態度とかは学ぶべきだとは思う。ここで著されている彼女らは「ひきこもり」者に対して起き上がりこぼしとかパンチングボールかのように叩かれいじられしながらも何度も何度も「ひきこもり」者の前に立ち現われ、時に思わぬ動きをして「ひきこもり」者を動かしていくといったイメージが浮かんできて仕方がない。だが、そこにこそ意味があるのだとも思う。
一方、そもそもこのような活動をすることの是非について検討されていないところが気になる。社会からみれば「ひきこもり」者をその状態から引き出すことは「良いこと」であり本人のためにもなる(いずれはどうしても社会の中で生きていかなければならないはずだ、という前提があるわけだが)という認識のもとに「レンタルお姉さん」の活動が行われているという理屈なのだろうが、やや無理矢理にでも引き出すことが本当に良いことなのかどうかについては検討されていない。また、引き出すといってもNPO法人が設けている「若衆宿」に入所するか、NPO法人が関わりながら独り暮らしをすることまでしか書かれておらず、それをもって「社会復帰」と言っていいのかどうかについても触れられていない。さらに、「第6章 ニートを長期化させてしまう親たち」で、「ひきこもり」者を生み出すのは社会や家庭に問題があるかのように書かれているのも気になる。
気になりだすといろいろなことが気になってしまうのだが、この本ではいわゆる就学や就職をしていないし、限られた人間関係しか持たない若者のことを「ニート」と呼んでいるが、(日本ではそのあたりが曖昧になっているとは言え)こうした彼らのことは「ひきこもり」ではないのか。また定義上はその通りだが単に年齢の問題だけで56歳で十分な社会生活ができていない男性をわざわざ「元「ニート」」と呼ばなければいけないのはなぜなのか。
「ひきこもり」者の問題にはまだ絶対的な解答がないからこそ、「ニュースタート」の活動にも学ばなければならないことがたくさんあると思う。であるならば、せめて基本的事項についてはきちんと理解した上で著してもらわないと、せっかくの内容が変なところで貶められはしないかと思ってしまう。そしてやっぱりこの本のタイトルはインパクトはあるものの、損をしていないかと思ってしまうのだが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/07/06 11:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/19 01:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/18 03:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/07 09:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/27 09:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。