サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

お買い物金額分全額還元キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

新書七十五番勝負
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.1
  • 出版社: 本の雑誌社
  • サイズ:18cm/285p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86011-080-2
ガイド

紙の本

新書七十五番勝負

著者 渡邊 十絲子 (著)

「教える」「伝える」「解説」する新書はもういらない。役にたたないから面白い! 新書のなかの新書、時をこえる新書を新書大好きの著者が紹介。『本の雑誌』の連載「馬の耳に新書」...

もっと見る

新書七十五番勝負

税込 1,296 12pt

紙の本をカートに入れる

ほしい本に追加

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「教える」「伝える」「解説」する新書はもういらない。役にたたないから面白い! 新書のなかの新書、時をこえる新書を新書大好きの著者が紹介。『本の雑誌』の連載「馬の耳に新書」に書き下ろし等を加えて単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

本を読むことで幸せになりたかったら

2010/04/16 08:48

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 新書好きの人だけでなく、もっとひろく本好きの人にお薦めなのが、詩人渡邊十絲子さんの『新書七十五番勝負』である。
 「本の雑誌」連載分の新書の書評に少しの書き下ろしを加え、さらに新書についての愛情こもった三つの小論文でできあがっていて、まるまる一冊、新書ばかりの本といっていい。それでいて、本の匂いが漂うようなたたずまいなのだ。

 この本の良さはたくさんあるが、まずなによりも取り上げているそのラインナップが素晴らしい。
 そのうち実際に私が読んだ新書は数冊にもかかわらず、いい新書を紹介してもらったと思わせる力が渡邊さんの書評にはある。
 それは多分、取り上げられた本たちの良さもあるだろうが、渡邊さんの書評自体に文章としての味わいがあるということだろう。

 つぎに(というより、こちらの方が素敵なのだが)、その文章が本への愛情にあふれていることだ。
さすが「暇さえあれば書店に通い、新書の棚の前をうろうろ」している著者だけあって、本に対する愛情がはんぱではない。
 「本から本へと、読書の道は鎖のようにつながっていく。そこに人の言葉が道しるべのようにあらわれる。本を読むことの幸せと不思議を思った」(57頁)なんていう文章には、思わずぎゅっとハグしたくなった。
 本の良さがわかっている人にしか書けないこんな文章が随所にちりばめられているのだ。

 本を読むことで幸せになりたかったら、この本を手にすべし。きっと満足する。

 ◆この書評のこぼれ話は「本のブログ ほん☆たす」でお読みいただけます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

表紙のデザインがぴったり。新書が好き過ぎて、ばっさり切っても憎めない。そんな書評ばかりです。

2010/05/04 09:20

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 新書だけの書評集。夏の雨さんの書評に誘われて読みました。(そちらもお読み下さい。)
 新書を書評で、書評を書評で、スパスパ切っていく。切れ味の良い鎌で切っていくけれど、憎めない。表紙の図柄がぴったりですね。いや、著者が新書を憎めない、ともいえるかも。ちょっと厚めの新書サイズですが、新書ではない、というのもなんとも楽しいです。
 文章が快調。味わっている閑もそこそこに読み進んでしまい、そのためにスパスパと切られているのが読んでいる自分自身の書評の書き方や読書法であるのにも気づかない。読み終わったら「もう、おまえは死んでいる」と言われそうなぐらい傷だらけだった、でも気持ちよかった、みたいな感じでした。
 どの本についても、楽しかったという著者の気持ち、著者の本への愛情が溢れています。だから文章も、たとえ辛辣なことを書いていても、心地よく感じるのかもしれません。「XXの書いた文章にはひどいものが多い」とあっても、「その中でもこの人のは例外だった」と良いほうをとりあげていらっしゃいます。あんまり新書が好き過ぎて、冷酷に切り捨てることができないのかも。とってもダメだと思った本ならどう書くのかも、できたらちょっとみせていただきたかった、というのがこうやって書評を書いているものとしては知りたかったところではありますが。

 新書もいろいろなタイプが出てきていますが、著者の「時を越える本」という文章には共感しました。著者的に言えば、私の「新書感」は古いタイプだと思います。「一般の人に向けて専門家がわかりやすく書いた入門書」から抜け切れていません。ですから「豊富な知識と長年の経験をもったほんものの専門家が、後の時代の人にこれだけは託しておきたい、これだけは知らせておきたいという一念で書く文章。P20」と言うタイプの「正統新書」がやはり好きです。
 「現在では、ごく短命な、射程距離の短い、いっときの消費物として流通させられている新書があまりにも多いからだ。 P23」という著者の言葉は、文庫本にも通用しそうです。「目先の売り上げをつかむことにきゅうきゅうとしている新書より、未来の日本人との出会いを思い描いている新書が読みたい。P24」に★5つ。

 取り上げられた作品の偏りや、著者の意見そのものについては異論もありますが、作風(書評風?)についてはもう★を沢山差し上げたいです。
 読者が書評を評価する方法として「良い・悪い」とかつける欄がありますが、「文章」としての評価と、「意見」の評価は違うのですよね。この本の書評の場合、中には「意見としては良いと思わない」のもありました。でもその本を読みたいと思わせくれたという点で、「良い」と評価をしたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/05/07 22:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/16 20:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/03 00:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/04 18:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/13 12:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/05/17 16:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ブックガイド・目録 ランキング

ブックガイド・目録のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。