サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ぼくの!
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発行年月:2010.1
  • 出版社: 光村教育図書
  • サイズ:27cm/25p
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:978-4-89572-698-6
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

ぼくの!

著者 マチルデ・ステイン (文),ミース・ファン・ハウト (絵),野坂 悦子 (訳)

ふとんも、おもちゃも、くつしたも、ぜーんぶ「ぼくの!」。【「BOOK」データベースの商品解説】ある夜、小さな白いおばけが突然、女の子メレルのもとに現れた。おばけは、何でも...

もっと見る

ぼくの!

1,512(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

光村の絵本2011おすすめ新刊セットA 12巻セット

  • 税込価格:18,468171pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ふとんも、おもちゃも、くつしたも、ぜーんぶ「ぼくの!」。【「BOOK」データベースの商品解説】

ある夜、小さな白いおばけが突然、女の子メレルのもとに現れた。おばけは、何でも「ぼくの!」と独り占めしてしまう。メレルはそんなおばけにため息をつくが、おばけは少しずつ一緒に遊べるようになって…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

マチルデ・ステイン

略歴
〈マチルデ・ステイン〉1969年オランダ生まれ。児童書作家。中央イングランド大学にも勤める。
〈ミース・ファン・ハウト〉1962年オランダ生まれ。児童書の挿絵や絵本の仕事を中心に活躍。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

オバケのような大人にならないために・・・

2010/05/11 00:29

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:蒼空猫 - この投稿者のレビュー一覧を見る

なんでもかんでも「ぼくの!」と独り占めしてしまうオバケ。
ひょんなことから メレルという名前の女の子の家に紛れ込みます。
メレルのベットに勝手にはいり、靴下を帽子にし 勝手にお風呂にはいり・・・
メレルはそんなオバケに呆れながらも優しく受け入れ、一緒に遊ぼうと声をかけるのですが、オバケがなんでも独り占めしてしまうのでついに怒ります。
そこでメレルとオバケは「仲良く遊ぶ」練習をすることにしたのです。

はじめは「ぼくの!」とボールを手放さなかったのがキャッチボールができるようになり、ブランコを離さなかったのが 交代して使えるようになり・・・嬉しくなった2人はパンケーキを焼いてお祝いをします。
そこへオバケを探しにきた人は、オバケをみて「ぼくの知っているオバケによくにている」といいますがオバケがとてもいいこなので、同じオバケとは気づきません
楽しい夜をみんなで過ごした次の日、オバケはある手紙を残し帰っていきます。

言葉もそうですがコミニュケーションというのはよくキャッチボールに例えられるものです。
投げなければ返ってもこないし、練習もしなければうまくはならないでしょう。
子どもは基本的に欲しいものは、なんでも自分のモノにしたいものですが、友達との付き合いのなかで我慢することや譲ることを学び、社会のルールと共に 集団で遊ぶ面白さや思いやりに気づくものです。
一人より2人 2人より大勢で遊ぶことは発見の連続ですものね。

たまにオバケのまま大人になってしまう人もいますが、大人になりより広い世界で仲良く遊ぶことを学ぶのは難しいものです。
メレルのような優しい大人も少ないでしょう。
大人にとって当然のルールでも、子どもはすぐに自分と結びつけることはできません。
幼少期から 遊ぶ練習の機会は、色んなカタチや場面で与えていきたいものだと感じました。
ボク(自分)だけでなく、共有することでより多くの楽しさを得られることに気づいたなら きっと オバケの世界はとてもひろくなったことでしょう。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

あかちゃん絵本 ランキング

あかちゃん絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む