サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

ブックオフ宅本便バナー修正(2018/7/13~7/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

小沢一郎の功罪
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.1
  • 出版社: 毎日新聞社
  • サイズ:20cm/283p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-620-31968-1
  • 国内送料無料

紙の本

小沢一郎の功罪 (佐高信の政経外科)

著者 佐高 信 (著)

小沢が分からないと、民主党政権の未来は見えてこない。何を警戒すべきか? どこを評価すべきか? 日本の命運をにぎる小沢一郎の「剛腕」を徹底解剖する。【「TRC MARC」の...

もっと見る

小沢一郎の功罪 (佐高信の政経外科)

1,620(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

小沢が分からないと、民主党政権の未来は見えてこない。何を警戒すべきか? どこを評価すべきか? 日本の命運をにぎる小沢一郎の「剛腕」を徹底解剖する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

佐高 信

略歴
〈佐高信〉1945年生まれ。慶應義塾大学法学部卒業。高校教師、経済雑誌編集長を経て、評論家。著書に「タレント文化人150人斬り」「田原総一朗よ驕るなかれ」「小泉純一郎と竹中平蔵の罪」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

小沢に“功”は無い

2010/05/01 20:45

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:良泉 - この投稿者のレビュー一覧を見る

党及び鳩山首相に対する国民の支持率がいよいよ落ち込み、完全に先行き不透明状態となっている民主党に、また大きな打撃を与えるニュースが飛び込んできた。
自身の資金管理団体がからむ土地取引事件で、政治資金規正法違反容疑で告発された小沢幹事長本人に対し、検察審査会が「起訴相当」とする議決をした。東京地検特捜部が嫌疑不十分で不起訴処分とした判断を不当であるとみなしたのだ。
検察審査会とは、一般から選ばれた市民が検察官の不起訴処分の妥当性を審査するもので、まさに市民眼線からの判定するものである。市民感覚が判定を下すものである。
その中で今回示された「起訴相当」という判断は、検察審査会の下す判断の中でも最も厳しい判断なのである。
それでも小沢幹事長は「与えられた職務を淡々とこなす。」とし、党執行部辞任ましてや議員辞職などにより責任をとるつもりは一切ないらしい。
この人の口から幹事長辞任の弁を聞くのは、参議院選挙で民主党がぼろ負けするまで、まだ時間が少しかかるようだ。
全くもって昔の“自民党体質”をそのまま保持し続けている小沢一郎という男が、今では自民党の中でさえ珍しい不透明な金権体質を持ち続けているこの男が、それでも民主党の幹事長に居続けられるその理由は何なのであろう。
このような男をやめさせることさえできない、いやそれどころか次の参議院選挙でも“選挙のプロ”としてすっかりこの男に頼りきっている民主党とは一体全体どんな組織なのだろう。
やっと国民もこの党の“まやかし”に気づき始めた。もともと主義主張の全く違う者たちが、ただ単に数合わせを目的に集まったにすぎない民主党。政権がとれたのは単に自民党の取りこぼし。自民党の旧い体質が国民に飽きられ始めた頃と、たまたまタイミングが合っただけ。
自分達の“実力”を大きく勘違いしている。
中でも、この党をほとんど私物化しようとしているこの小沢一郎という化け物を、このままのさばらせておいたのでは、まちがいなく民主党は滅びる。
著者は「小沢一郎の功罪」というが、私には「小沢一郎の功」の部分など全く見えない。それだけ「罪」が大き過ぎる。
次の参議院選挙が大きな節目となることだろうが、この人はまたきっと逃げる。滅び行く母船やその上で助けを求める同僚や部下などほっといて、本当に信頼する一部の人だけを連れてきっと逃げる。それは過去のこの人のやってきたことを思い出せば容易に想像がつく。
そしてその時が、後に残された民主党が完全に滅ぶ時。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/04/05 12:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/23 16:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

時事評論 ランキング

時事評論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む