サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

遠野/物語考 増補版
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.1
  • 出版社: 荒蝦夷
  • サイズ:19cm/372p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-904863-00-8
  • 国内送料無料

紙の本

遠野/物語考 増補版 (叢書東北の声)

著者 赤坂 憲雄 (著)

不思議な書物である柳田国男の「遠野物語」の刊行から100年。あらためて「遠野物語」とは何かという問いかけに戻って、白神・境界・色彩・黄昏・地名などの視点から新たに読み解く...

もっと見る

遠野/物語考 増補版 (叢書東北の声)

1,836(税込)

ポイント :17pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月11日(金)~
2017年8月17日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

不思議な書物である柳田国男の「遠野物語」の刊行から100年。あらためて「遠野物語」とは何かという問いかけに戻って、白神・境界・色彩・黄昏・地名などの視点から新たに読み解く。新原稿を収録した増補版。〔初版:ちくま学芸文庫 1998年刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

赤坂 憲雄

略歴
〈赤坂憲雄〉昭和28年東京都生まれ。東京大学文学部卒。東北芸術工科大学大学院長。同大学東北文化研究センター所長。福島県立博物館館長。ドゥマゴ文学賞など受賞。著書に「異人論序説」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

目次

2010/01/08 19:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ビーケーワン** - この投稿者のレビュー一覧を見る

序 章『遠野物語』は百歳になった

『遠野物語』はいま◎『遠野物語』と故郷喪失の時代◎南方熊楠と神社合祀反対運動◎故郷を棄てた男たちの歌◎『遠野物語』と怪談の時代◎『遠野物語』の混沌◎「感じたるままを書きたり」ということ◎聞き書きとはなにか◎『遠野物語』と「日本昔話」のあいだ◎それは民俗学誕生の記念碑か◎文学としての『遠野物語』◎三島由紀夫と『遠野物語』◎『遠野物語』の新たな読みへ

第一章 物語考

1 『遠野物語』の現在 
2 遠野からのまなざし 
3 蝦夷・大同・オシラサマ 
4 起源としての大同 
5 原・遠野物語へ

第二章 白神考

はじめに 
1 オシラ神祭り
2 オシラサマの神像 
3 家の神、またはマキの神 
4 修験・巫女とオシラサマ 
5 遠野のオシラサマ
6 原オシラサマ信仰へ 
7 花とイナウのはざまに 
8 北へ/北からのまなざし 

第三章 境界考

はじめに
1 家の境界 軒・門口・庭木
2 集落の境界 寺門・道ちがえ 
3 水辺の境界 橋・河原・池の端 
4 山中の境界 峠

第四章 色彩考

はじめに
1 白の世界
2 黒の世界
3 赤の世界
4 青の世界
5 三原色、 その重層する世界
6 古層としての赤

第五章 黄昏考

黄昏◎語り部◎オシラサマ◎占術◎イタコ◎ザシキワラシ◎飯綱使い◎神前裁判◎ハヤリ神◎道封じ◎神隠し◎油取り◎雨乞い◎狂気◎シルマシ◎オマク◎蘇生◎橋◎幽霊◎天狗の娘

第六章 地名考その他

物語からの出立◎事実と事実譚のあいだ◎峠の語り部たち◎古層の物語へ◎アイヌ語地名をめぐって◎魔所のある風景◎遠野の『遠野物語』へ

第七章 柳田国男・樹木・言葉

柳田を読むこと、 抗うこと 
遠野物語、 樹木のある風景から 
 屋敷地/樹木のフォークロアへ◎ムラ/樹木にかたどられた神々◎里山と奥山/樹のフォークロアを求めて
言葉の現場から
 1 聞き書きの現場にて◎2 耳の言葉/眼の言葉◎3 日本語の統一とはなにか 364

あとがき
初出一覧

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

日本の民俗・文化 ランキング

日本の民俗・文化のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む