サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

恐慌論(岩波文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.2
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波文庫
  • サイズ:15cm/294p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-341511-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

恐慌論 (岩波文庫)

著者 宇野 弘蔵 (著)

恐慌論 (岩波文庫)

864(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

『恐慌論』

2016/05/31 18:40

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シエル - この投稿者のレビュー一覧を見る

2007年に浮上したアメリカ発のサブプライム金融危機は記憶に新しい所だ。
世界恐慌と呼ばれる最初のものは1857年に起こったものと言われるらしい。
本書は1953年(昭和28年)の発行で戦後まもなくと言われる時期の刊行であるが著者の先見がいかに高かったかを示すし、マルクス自身も『資本論』の中で恐慌について触れている。

資本主義社会においてはこの経済膨張=バブルと破綻=恐慌が繰り返されるようにマルクスも書いているようだがその理論をしっかり読み込んで宇野経済学は発展したのだろう。
同時に『資本論』では資本主義経済のその先を予見するような文章もあるようだがまだ『資本論』自体に手を出していないので分からない。

それにしても、こういった理論・理屈が以前から示されているにも拘らず人類はと言うか、資本主義はバブルとその後の破綻を繰り返す。
そうなるであろうことを予想できるのにヒトは少しでも多く稼いでおきたい動物であるようだ。

本書中、214頁にあるが「いうまでもなく資本主義の発生の過程も、その成長の過程も、さらにまた崩壊の過程も、個々の国々にとってはそれぞれ特殊の過程としてあらわれる。一般的には先に資本主義の発展を見た国々の経験した過程は、後に資本主義化する国々にとって基本的には同一の過程を繰り返すものといえるのであるが、そしてそれは原理が歴史的過程を通して貫徹していることを示すものともいえるのであるが、それもその資本主義化の時期によって種々異なった様相を示すのである。崩壊の過程にしても同様である。」
とある。

結構、文調が独特なのもあるが慣れると読み易いと思う。
更にその内容が殊の外理解し易いので大いに助かる感じがしている。
本書でも具体的な数字を挙げながら恐慌が発生するシステムについて詳述されているのだがそれでもまた繰り返す人類は相当アホなんだろうか?と、思わずにいられない。

こうなると資本主義のその先はどうなるのか大いに気になるけれどそれまで生きている可能性が低い。
それでも生きている間中は色々な本や著作を通じて勉強して行きたいもんだ、と思った次第。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/05/07 01:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/16 17:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/30 18:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

岩波文庫 ランキング

岩波文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む