サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. クシエルの使徒 2 白鳥の女王

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

クシエルの使徒 2 白鳥の女王(ハヤカワ文庫 FT)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.2
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 FT
  • サイズ:16cm/423p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-020510-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

クシエルの使徒 2 白鳥の女王 (ハヤカワ文庫 FT)

著者 ジャクリーン・ケアリー (著),和爾 桃子 (訳)

謀反人メリザンドの行方をひそかに追うため、女王イサンドルとの反目をよそおいラ・セレニッシマ都市国にやってきたフェードル。豪奢な文化が花咲くその地では、老いた統領の後継者を...

もっと見る

クシエルの使徒 2 白鳥の女王 (ハヤカワ文庫 FT)

972(税込)

ポイント :9pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

謀反人メリザンドの行方をひそかに追うため、女王イサンドルとの反目をよそおいラ・セレニッシマ都市国にやってきたフェードル。豪奢な文化が花咲くその地では、老いた統領の後継者を決める選挙を前に貴族間の緊張が高まっていた。フェードルは旧知の貴族青年セヴェリオをたより、女王の大叔父にあたるベネディクト王子、および統領に面会を図るが、やがてある危険な真実に近づいてしまう…人気シリーズ、驚愕の急展開。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2010/05/18 20:31

投稿元:ブクログ

怒濤の第2巻。第1部もそうでしたが、まさに序破急の破。
息つく暇もなく、フェードルが大活躍。早く続きが読みたいです。

2010/11/05 11:41

投稿元:ブクログ

いや〜、まさかメリザンドが出産していたとはビックリの展開でありました。
っつーかメリザンドって歳いくつよ!
ずっとデローネイと同じくらいの海千山千のオバさんだと思ってたのに、、、。
あ、そもそもデローネイの年齢も良く知らなかった!
けど現女王のお父さんとどっこいくらいだよね??
う〜む、どこかに書いてあったかな〜???
全然記憶にないよ。(;´д`)トホホ…

2010/02/19 17:15

投稿元:ブクログ

ジョスラーン!!
いや、もう、帯の煽り文句に不安を煽られつつ、読み進めました。
何と言うか、第二部からはジョスランはだめんず一直線だと思っていたんですが。まあ、今回も途中まではそうで、仲違いの上、屋敷から出て行った時には「ゴルァ!!」って思いました(笑)。でも、まさか、それがその先の重要な布石になるとは……!
たった一人、孤島の牢獄まで助けに行くジョスランはだめんずではなかったです。こういう、いざという時に張り切ってカッコいい男はダメだ……好き過ぎる。
是非とも、声は小野大輔でお願いします。(好みで)

とは言え、再会は叶わず、遠目にお互いの姿を確認しただけで再び別の相手に囚われの身になるヒロイン……。
またしても気になるところで終わっているので、第三巻の発売が待ち遠しいです。きっと、次も受難の日々なんだろうな。
ジョスランと幸せになって欲しいなぁ。

2010/09/06 13:26

投稿元:ブクログ

前作の話を引きずって権謀術数という感じでちょっと疲れた前巻と違い一気に話は怒涛のように進んで、思わず一気読み。

2011/08/28 16:51

投稿元:ブクログ

一巻の感想で「明晰な思考と、意思で抑えきれない性癖……」と書いたけど、そのせめぎあいのシーンがこの二巻で一番面白かった。
この「クシエルの使徒」では彼女の成長と孤独がよく描かれていると思う。ナーマー様のご奉仕と望まない行為との違いに、「娼婦だから(性的な奉仕は)気にしないだろう」という自分の思い込みが間違いだと分かる。神娼という存在を軽くみてはいけませんね。
そして、ジョスラン。自分と同じくらい意思が強くて志を同じくしない女性を愛して奉仕するというのは(こっちの奉仕は保護奉仕=身辺警護)本当に大変そうだ。

ところで、まだページあると思って安心して読んでたらめくったページに「テールダンジュおよび諸国の書 抄 作者不詳」と書いてあって裏切られた。ええええーっ!?