サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ミストスピリット 霧のうつし身 1 遺されし力

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ミストスピリット 霧のうつし身 1 遺されし力(ハヤカワ文庫 FT)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.2
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 FT
  • サイズ:16cm/495p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-020509-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ミストスピリット 霧のうつし身 1 遺されし力 (ハヤカワ文庫 FT)

著者 ブランドン・サンダースン (著),金子 司 (訳)

優しい革命家は死に、その魂は若き王に継がれた。そして今、彼らの都に軍勢が迫る。全米ベストセラー、世界17カ国の読者が熱烈に支持する『ミストボーン—霧の落とし子』待望の第二...

もっと見る

ミストスピリット 霧のうつし身 1 遺されし力 (ハヤカワ文庫 FT)

972(税込)

ポイント :9pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

優しい革命家は死に、その魂は若き王に継がれた。そして今、彼らの都に軍勢が迫る。全米ベストセラー、世界17カ国の読者が熱烈に支持する『ミストボーン—霧の落とし子』待望の第二部。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2010/08/14 20:07

投稿元:ブクログ

2010年8月13日読了。

ミストボーン・シリーズ第二部の第一巻。
物語の冒頭にあたるせいか、説明が長すぎてちょっとだれちゃったかなぁ。
新しい登場人物や、変貌しちゃった登場人物など、新鮮味はあったけど。

ヴェンチャーの霧の落とし子の存在はだいぶ気になる。
それに犬になっちゃったあの人も…。

2巻目以降、物語が動き始めるのを期待してます。

2010/09/20 21:51

投稿元:ブクログ

ケルシャーが居なくなって、話がどうやって続いていくのだろうと訝しみながら読み始めた。えーと、エレンドはどうして王になってるんだ?どのキャラの能力がどれだっけ?と記憶をたどるのが大変だった。

ルサデルの都はヴェンチャー卿の軍に包囲されて大ピンチ、内政も勢力争いで不安定。政治的な話のウエイトが増え、アクションは少なめ。たもちびとセイズドは一人旅の真っ最中。

2013/01/06 01:13

投稿元:ブクログ

第2部ですね。支配王を倒したのはいいけど、支配王の秘密がまだ明らかになったわけでもない点、ルサデルをどう守るかと言う話を中心に進んでいきます。この巻では、第1部の後の各自の状況が明らかになっていきます。

2010/03/01 20:01

投稿元:ブクログ

 前3部作のミストボーンの約一年語からのお話。
 ヒロインのヴィンが成長して少し落ち着いた感じになったかな?
 ひとまずこの巻では、新たな序と言った雰囲気で、これからを期待させる所ばかりで、終わっています。
 次巻も、続巻を待ち焦がれることになるのか、3冊出てから一度に読むか… 悩むどころです。

2011/11/12 16:28

投稿元:ブクログ

すばらしい導入。
前作それほどからんでいないエレンドがストーリーに自然に絡んでいる。
ルサデルの状況からして常に緊迫した状態に置かれているので、分冊のデメリットを感じにくいところもいい。
三冊そろえてから読み始めた方がいいかも。

2011/02/09 13:49

投稿元:ブクログ

新生児がいるのに1日で読了...先が気になって置けない本でした。最初の3巻を読んでいないのですが、これまでのあらすじで話に入っていけました。少しえぐい表現もあるので★5にはしませんが、ファンタジー好きに一押し。

2010/04/19 18:14

投稿元:ブクログ

支配王を倒しても、まだスカーたちに真の自由は訪れない。この世界がよくわからないけれど、乗りかかった船なので、続けて読んでいこうと思います。

2012/02/01 17:19

投稿元:ブクログ

面白かった~( ´ ∀ ` )やっぱりこのシリーズはいいな。アクションシーンがカッコいいのなんの。合金術 使えるようになりたくなります。
二部からケルシャーがいなくなって残念に思ってたけど、魅力的な新キャラも出て来て、新しい金属も出て来て、ワクワクです(笑)
これから続きもハイスピードで読みます