サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー プレゼントにお困りですか?クリスマスに届けたい一冊 ポイント5倍キャンペーン(~12/25)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

天才勝新太郎(文春新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 38件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.1
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春新書
  • サイズ:18cm/303p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-660735-8
新書

紙の本

天才勝新太郎 (文春新書)

著者 春日 太一 (著)

「座頭市」と豪快な勝新伝説で知られる勝新太郎。巨匠・黒澤との決裂の真相とは…。映画製作者としての勝とその凄まじい現場をスタッフの証言を元に再現し、繊細すぎる実像を浮き彫り...

もっと見る

天才勝新太郎 (文春新書)

1,015(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「座頭市」と豪快な勝新伝説で知られる勝新太郎。巨匠・黒澤との決裂の真相とは…。映画製作者としての勝とその凄まじい現場をスタッフの証言を元に再現し、繊細すぎる実像を浮き彫りにする。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

春日 太一

略歴
〈春日太一〉1977年生まれ。東京都出身。日本大学大学院博士後期課程修了。芸術学博士。時代劇を中心にした日本の映画・テレビドラマの研究家。著書に「時代劇は死なず!」がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー38件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

純粋な映画人 勝新太郎

2010/05/15 00:47

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:rindajones - この投稿者のレビュー一覧を見る

 人というものは結局のところ誤解する生き物

もしくは

 自分にとってオサマリが良い解釈をする生き物

のようです、悲しいかな。

可哀そうなのは誤解された対象なのか、誤解している方なのか? しかし、「勝新」にとってはどちらでも良かったのかもしれない。

これは勝新太郎の伝記である。「ふぅ~ん、武勇伝なのね?」程度のものと想像するが、むしろ「ルポルタージュ」。作者の取材と分析力は素晴らしい。

特に私は勝新太郎のファンではなかった。作品もまともに見たことがない、恐らく多くの方が持たれているイメージ
・座頭市
・豪快な男
・中村玉緒の旦那

この程度であった。
更に、余計なことを加えるなら、下着に隠したコカインで逮捕されて「パンツの中に入っていたんだよ」発言。

この本でその理解は大きく変えられた。特に「豪快な男」は違うと思った、むしろ「繊細な男」かもしれない。何よりも「純粋な映画人」だったと思う。

「天才」は多くの人を惹きつけるが、その半面多くの敵も作るのでしょう。勝新もそんな「天才」だったようです。しかし、惹きつけられたその多くは深く魅了されていたようです。

「魅力的なものを易々と語られちゃ、そりゃ魅力的じゃないってことよ~」

ということで、多くは語らずにおきますが一言

 私は人間「勝新太郎」が好き

になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/02/28 20:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/11 22:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/27 11:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/10 01:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/10 18:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/26 00:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/27 08:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/12 20:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/10 12:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/29 01:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/17 07:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/13 14:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/30 15:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/21 23:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む