サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

修正:レビューキャンペーン(1101-30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

でかい月だな(集英社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 68件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.1
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/326p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-746527-3
文庫

紙の本

でかい月だな (集英社文庫)

著者 水森 サトリ (著)

ぼくを混乱と哀しみに突き落とし、あいつは町から消えてしまった—。中学生の幸彦は、友人綾瀬に崖から蹴り落とされて大好きなバスケができない身体になってしまう。無気力な日々を送...

もっと見る

でかい月だな (集英社文庫)

617(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ぼくを混乱と哀しみに突き落とし、あいつは町から消えてしまった—。中学生の幸彦は、友人綾瀬に崖から蹴り落とされて大好きなバスケができない身体になってしまう。無気力な日々を送るなか、目の前に現れた天才科学少年中川、オカルト少女かごめ。やがて幸彦の周囲に奇妙で不可解な現象が起こり始め…。繊細にして圧倒的スケールの青春小説登場!第19回小説すばる新人賞受賞作。【「BOOK」データベースの商品解説】

【小説すばる新人賞(第19回)】【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー68件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

被害者と加害者の

2018/05/03 11:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

奇妙な関係性が印象深かったです。単純な善悪二元論を乗り越えて、心を通わせていくふたりの少年の姿が心に残りました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

高湿度空中浮遊小説。

2017/12/27 17:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

微熱に浮かされたような物語だ。
申し訳ないが、現在のわたしのものさしでは図りきれず、
星の評価はあきらめた。

書評を書くぐらいだから、つまらない訳ではない。
しかし何かを掴もうという気持ちは起きず、
胸がかきむしられることもない。
ぽかりと自分の目の前に浮かんでいる、そんな小説である。

中学生のユキヒコが、友人の綾瀬に崖から蹴り落とされた。
一命は取りとめたが右足に大きな傷を負う。
気がつくと病院のベッドの上である。
右足の完治は望めず、バスケットボールはもう無理。

綾瀬が警察に事情聴取され、その時答えた言葉が
ユキヒコに伝えられる。綾瀬は、ただ「わからない」を
繰り返すばかりだったらしい。

母は殺してやりたいと言い、姉は殺人罪で捕まっちまえと答え、
父は黙っていた。

ユキヒコは思う。

>ぼくは少しだけ泣きたくなった。母さん、プリンはいらない。
>どうかもう悲しまず、殺したいほど憎まないで欲しい。
>────だって母さん。
>綾瀬はぼくの友達だったんだ。

P11の台詞である。
なぜこんな気持ちになるのか。
友情って何なのか。
憎しみって何なのか。

薄いガラスの向こうで、こちらとよく似た、でも何かが違う世界が
展開されている。この台詞の異質さは、物語のキモのような
気がする。

ユキヒコが学校に通うようになると、中川・かごめという世間の
常識から飛び抜けたような友人ができる。
中川の無類の優しさと温かい距離感は、夢の人物そのもの
であろう。かごめのあり得ない傍若無人さと、
はりねずみのような距離感も、奇妙さが際立っている。

世の中にはびこる、吐き出したいような優しい世界というもの。
作者はそんなものは嘘のかたまりとばかりにこき下ろし、
つばをはきかけ、ユキヒコにほろ苦い幻想を抱かせる。

ユキヒコの目に時々浮かぶ幻想や、中川の植物との対話、
かごめの邪眼の噂など、出てくる小道具も理解しづらい。
読了後、ぼうっとしてしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/01/24 04:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/23 00:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/22 15:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/07 02:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/15 13:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/06 00:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/14 23:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/23 00:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/13 14:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/28 14:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/07 22:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/28 09:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/13 09:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る