サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

バイブルDX
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.3
  • 出版社: メディアファクトリー
  • サイズ:20cm/341p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8401-3264-0
  • 国内送料無料

紙の本

バイブルDX (ダ・ヴィンチブックス)

著者 真藤 順丈 (著)

聖書は多くの人びとの聖典であり、世界最大級のベストセラーである。聖書をこえる雑誌を創刊する!という大言壮語なプロジェクトに参加した編集者のわたしは、先輩のセンジュとともに...

もっと見る

バイブルDX (ダ・ヴィンチブックス)

1,404(税込)

ポイント :13pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

聖書は多くの人びとの聖典であり、世界最大級のベストセラーである。聖書をこえる雑誌を創刊する!という大言壮語なプロジェクトに参加した編集者のわたしは、先輩のセンジュとともに取材に飛びまわる。巷にあふれる雑誌のなかから、奇蹟の端緒をつかんで、あらたな雑誌の核となるキリスト候補者を追い求め、密着する。世界を覆すような奇蹟はおこるのか。わたしたちにとってのキリストとはどんな人物なのか。はたして、雑誌は無事に刊行できるのか。【「BOOK」データベースの商品解説】

「聖書をこえる雑誌を創刊する」という大言壮語なプロジェクトに参加した編集者の“わたし”は、先輩とともに取材に飛びまわり、「キリスト候補者」を追い求め、密着する。はたして、雑誌は無事に刊行できるのか?【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

真藤 順丈

略歴
〈真藤順丈〉1977年東京都生まれ。「地図男」でダ・ヴィンチ文学賞大賞を受賞し、デビュー。「RANK」でポプラ社小説大賞特別賞、「東京ヴァンパイア・ファイナンス」で電撃小説大賞銀賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (3件)
  • 星 1 (0件)

現在を切り取り、聖書だった雑誌へのオマージュ

2010/04/08 17:06

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かつき - この投稿者のレビュー一覧を見る

2008年、ダ・ヴィンチ文学賞、日本ホラー小説大賞、
ポプラ社小説大賞特別賞、電撃小説大賞銀賞と
信じられない受賞経歴を並べた真藤順丈の
受賞後、初の単行本です。

彼の小説に共通する、常人には理解しがたい、
思い込みによる自分の仕事への情熱や
それに対する切迫感を、今回も感じます。

本書では、キリストのごとく「奇蹟」を起こす人々を集めた
いわゆる「聖書」にも匹敵する雑誌を立ち上げるべく、
選りすぐりの編集者、フリーライター、カメラマンが集められます。

その中心に君臨するのは、アカデミックからサブカルまで網羅する
博識の思想家、翻訳家、文化評論家の顔を持つ「先生」(ボス)。

ボスが冒頭、言います。
「すべての雑誌は誰かの聖書(バイブル)」

確かに80年代まで、雑誌はバイブルでした。
文学も批評も広告もファッションも文化も
音楽も映画もサブカルも海外情報も
すべて雑誌がいちばん早く、美しく見せてくれる媒体で
何かに興味を持てば、人は雑誌を手にしていました。

それが今やネットに変わり、雑誌の求心力はありません。

しかし、本書では雑誌に賭ける編集者やライターの姿を
泥臭く、しかしカッコよく描いていきます。
雑誌へのオマージュを感じます。
著者は77年生まれで、
ギリギリ雑誌のよさを体験しているのでしょうか。

語り手は、大手出版社の編集者「わたし」。
大きなミスをやり、クビを覚悟したところを
ボスが拾ってくれます。

「聖書プロジェクト」と名付けられたキリスト(奇蹟)探しでは
センジュという奇蹟フェチともいえる特異体質を持つ
先輩とともに、日本中を駆け巡ります。

まずは団地に住む3歳児のタクちゃん。
人ばかりか動物、植物までも惹きつける魅力的な幼児。

次に、脅威の営業成績を残すサラリーマン・ゴダイ。

さらに、大阪の中州で一人暮らしをしている8歳の浮浪児ボン。
汚染された環境の中で、恐ろしい適応能力を身につけています。

さらに彼らは世界へと飛び出していきます。
その奇蹟とともに、登場する雑誌は実際にあるもの。
いつの間にか雑誌は、セレブや芸能人よりも
普通に暮らす、すごい人が主役となっていますね。
もしかしたら、このように雑誌に登場することは
その人の人生をキリストのように祀るようなことかもしれません。

しかし、物語は一転、プロジェクトは空中分解を余儀なくされます。
それでも「わたし」は「奇蹟の雑誌」に取りつかれています。
ポカをする編集者から、プロの編集者へ。
雑誌が「現在」を鋭く切り取る力を持っているように
彼女が切り取った「現在」は、力をはらみつつあります。

現実の雑誌がそれほど力を持たないからこそ
このバイブルはファンタジーとなり、生き続けるのかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/05/17 18:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/16 21:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/11 11:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/23 13:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/23 16:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/28 21:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/26 13:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/12 22:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/08 14:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/21 21:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/18 14:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/21 12:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/18 19:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/24 21:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む