サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

世界時計と針の夢 下(C★NOVELS FANTASIA)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

世界時計と針の夢 下 (C・NOVELS Fantasia)

著者 諸口 正巳 (著)

世界は異形のものとなり、現実化した妄想が人々を襲い始めた。猶予は僅かだ。元一級時計士シリルは、世界をもとに戻すため、壊れてしまった“世界時計”を直すことを決意する。だが、...

もっと見る

世界時計と針の夢 下 (C・NOVELS Fantasia)

972(税込)

ポイント :9pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

世界時計と針の夢 下

648 (税込)

世界時計と針の夢 下

ポイント :6pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

世界は異形のものとなり、現実化した妄想が人々を襲い始めた。猶予は僅かだ。元一級時計士シリルは、世界をもとに戻すため、壊れてしまった“世界時計”を直すことを決意する。だが、足りない部品は生物の体内にまで飛び散っていた。シリルは町兵アンスルの助けを借りて時計の部品を集め、運命の地・北鳥天文台を目指すが!?【「BOOK」データベースの商品解説】

妄想が現実化した異形の世界で、元一級時計士シリルは、世界をもとに戻すため、壊れてしまった「世界時計」を直すことを決意する。町兵アンスルの助けを借りて時計の部品を集め、運命の地・北鳥天文台を目指すが!?【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2010/04/20 19:26

投稿元:ブクログ

主要キャラが皆好きすぎて辛い。
アンスル可愛いよアンスル。
ムカデが愛おしく感じます。(マジで)
大佐結婚してくr

2010/04/09 01:01

投稿元:ブクログ

上巻で意味不明だった単語の真実がどんどん明かされて行く。しかし「なるほど●●のことだったのか!!」という喜びではなく、読んで行くうちに自然と何のことだたのか理解できるよう構成されているのはさすがとしか言いようが無い。主人公も読者と同じくわからないことだらけの状況に陥っているので自然と物語が進めば分からなかったことは分かるようになっている。
上巻の後半からこの下巻は主人公シリルとアンスルの話と言っても過言ではない。特にアンスルの成長は、話自体はシビアな内容なのにどこかほんわか和んでしまう節がある。
下巻に入りアンスルの成長により忘れがちなアンスルの元々の姿ともういちどよく思い出し、最後まで読んで欲しい。最後の最後、本当最後の一行にに起こりえなかったはずの奇跡がおこっている。
こんなにも気持ちよく読み終えた作品は久々だった。何度も読み返してしまう作品。

2011/04/30 23:03

投稿元:ブクログ

おおお面白かった…!
やっぱりこの方らしく時々ぐろかったりスプラッターだったりはするんだけど、途中から食い入るように読んでしまった。
崩壊に向かう世界の壊れ具合も凄まじいのだけど、人が虫に変わってしまうというのが衝撃の設定だったよ。アルハ・ダーリの虫に変わる理由の推察に、なんというか納得してしまった。思ってしまっては駄目なんだ。理だなあと思った。
最後がどう決着つくのが気になってたまらなかったんだけど、よかった。本当によかった。
描かれていないこの話の続きにハープ兄妹とシリルが出会えることを祈るね。

2010/05/29 12:42

投稿元:ブクログ

大人向けのラノベだと思い手に取ったのですが、想像通りの作品でした。
もっとも、ここまでグロくてドライだとは思っていませんでしたが。

物語は、スチームパンクを彷彿させる世界観に雰囲気あって魅力的なんですが、危機に直面してもハラハラするような展開にならず、淡々と物語が進んでしまうのは、勿体無い気がした。

主要人物の一人が不死だったり、世界を10年前に巻き戻すというのが、物語の目的なので、最終的に元に戻るからどうなってもいい、といえばそれまでなんですが、もっと物語に引き込まれるような吸引力があったら傑作になった気がするだけに、残念でならない。

2010/05/15 15:41

投稿元:ブクログ

さすがの世界観でした。こういうお話、この作者さんでなければ絶対読みません。私、グロい描写とか苦手ですし。
アンスルの話し言葉がちょっと違和感だったのと、(何となくもっと固い言葉遣いしそうなので)双子の弟がピッキングが得意というあたりで役割が見えてしまったのを入れても、面白かったです。
それにしても、容赦なく登場人物殺しますよね、この方も…。
「必ず殺される○○スペシャル」という煽り文句(?)を思い出してしまいました(わからないネタですみません)。
それにしても、蒸気機関とか時計とかからくりじかけとかにこれほど心惹かれるのはなぜなんでしょう。舞台にそれが出てくるだけでテンションあがります(笑)。
人間の芸術だからかなあ。
電気人間とか磁力人間とか何事かと思いましたが、面白いです。読み終わってから、冒頭の夢の部分を見返すと暗欝たる気持ちになりますが。
再会編も番外編みたいな形で読みたいなあと思います。
同じ世界観で、違う町のお話とかでも面白いかも。

2010/05/26 19:49

投稿元:ブクログ

上巻で盛り上がった物語がストン、と綺麗に胸の中に落ちてくるような感覚になりました。
ルーカス、シリル、アンスル、それぞれの成長と苦悩がよく判り、特にアンスルの成長は見ていて非常に気持ちいい。逆にシリルの苦悩もよく判り、読んでいるこちらも切ない気持になりました。

特に途中の最後(我ながら妙な日本語です)の展開は、予想できていたものとはいえ切なさ爆発。だからこそ最後の最後の展開がとても幸せだなあと胸がホッコリしました。最後の一行、最高です。

2011/02/04 22:12

投稿元:ブクログ

思ったよりキレイに終わった印象。とはいえ最後のシリルと弟くんとのやり取りはピリリと酸味が効いてて良い感じ。それを踏まえてのアンスルの行動がにくいな!

2011/04/07 20:19

投稿元:ブクログ

シリルが主人公なのですが、アンスルもまた主人公みたいな扱いでした。
二人はわりと似てないのですが、痛みや苦しみを知っている大人、シリルに比べてアンスルはまだなんだか純粋で子供のような感じです。


決して明るい話ではないです。
あと女子成分がなんかすごくすくないよ!

ラストもハッピーエンドはハッピーエンドなんだけれど、完全無欠なハッピーエンドというわけではなく、私としてはなんだかちょっともやっとする感じです。
でもそんな終わり方も余韻があってちょっと好き。面白かったー。

2011/07/30 22:59

投稿元:ブクログ

おもしろかったぁー!!
シリルもアンスルもルーカスもエイワズも大佐もアルハも好きだー!
てか、登場人物みんな好き!たまらんっ!

アンスルが段々成長していくとこがなんとも可愛いというか微笑ましいというか…!
シリルやルーカスにアンスルと呼ばれて返事していいのは自分だけとか!あああ成長したなぁ可愛い!
シリルもやっぱり時計が好きなんだよなぁ。
色々あって疲れきってるけど、またそこが素敵だった。
最後、のちょっと手前では驚愕…。
まさかあんな終わりとは…アンスルの叫びが痛いよ…。
まぁ最後の最後ではまた会えたからいいんだが。
再会編とかも書いてほしいなぁ、シリルとルーカスが出会うとことか、エイワズとカミュータが出会うとこも見てみたい!

本当にドストライク作品だった。
図書館で借りたけど、買っちゃおうかな(笑)

あ、アルハがフェードアウトせずに活躍してくれて大変嬉しかったです(笑)

C★NOVELSファンタジア ランキング

C★NOVELSファンタジアのランキングをご紹介します一覧を見る