サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー -作家で探す-”はじめての”小説 ポイント5倍キャンペーン  ~2/17

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 小説の通販
  5. 文藝春秋の通販
  6. 向田邦子全集 新版 11 エッセイ 7 男どき女どき エッセイの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2010/02/24
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/257p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-641780-3

紙の本

向田邦子全集 新版 11 エッセイ 7 男どき女どき エッセイ

著者 向田 邦子 (著)

向田邦子20代、映画雑誌の記者だったころの瑞々しい文章、エッセイ「男どき女どき」、補遺、書誌一覧、年譜などを収録。向田邦子生誕80年を記念した全集第11巻。【「TRC M...

もっと見る

向田邦子全集 新版 11 エッセイ 7 男どき女どき エッセイ

税込 1,980 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

向田邦子全集 新装版 13巻セット

  • 税込価格:25,740234pt
  • 発送可能日:1~3日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

向田邦子20代、映画雑誌の記者だったころの瑞々しい文章、エッセイ「男どき女どき」、補遺、書誌一覧、年譜などを収録。向田邦子生誕80年を記念した全集第11巻。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

男どき女どき
再会 11−15
鉛筆 16−27

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

向田邦子は無名時代から文章が上手だったんだなあ、って思います。半村良についての記事で、いつか半村作品もすべて読み直したいと思ったりして・・・

2011/02/12 22:15

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

長い間読み続けてきた向田邦子全集、クリーム色の本編はこの巻で終わって、あとは別巻二冊を残すだけとなりました。全部読むとは、私自身思ってもいなかったのですが、これも向田の才能あってのこと、そして

カバー装画 上楽 藍
装丁   大久保明子
口絵写真  文藝春秋
協力  Bunko/ままや
編集協力 鳥兎沼佳代

といった面々の協力があったからでしょう。私としては以前出た分厚くて百科辞典のようだった三巻の全集を、ハンディなサイズと頁配分で組みなおした編集者と鳥兎沼佳代、それに相応しい軽めの装丁にした大久保明子、毎回、どんな猫の絵がついてくるのか期待させたカバー装画の上楽 藍、向田の素顔をそのままみせた口絵写真を提供した文藝春秋、それに協力したBunko/ままや 全員に感謝します。こんなにいい全集、作ってくれてありがとう・・・

で、です。この11巻の位置づけですが、出版社のHPの言葉を借りれば
            *
映画記者時代の文章の瑞々しさ

向田邦子20代、映画雑誌の記者だったころの瑞々しい文章、「男どき女どき」(エッセイ)、年譜などで、全集本篇は締めくくられる

向田邦子が20代、映画雑誌の編集記者だった時代に書かれた、瑞々(みずみず)しい文章のほか、「男どき女どき」よりエッセイ、詳細な年譜などを収め、好評の全集の本篇を締めくくります。編集記者時代の文章には後の向田のスタイルの萌芽がはっきりと読み取れて、ファンには読み過ごせません。(OS)
            *
となります。正直、私などは若いときの文章も、晩年のエッセもそんなにデキに遜色はないんじゃないか、なんて思います。ちなみに『男どき女どき』は、向田が航空事故で亡くなった1981年の翌年、新潮社から出版されました。単行本に収められた小説の、鮒 ビリケン 三角波 嘘つき卵の4編は、今回の全集では三巻『小説3 隣りの女、男どき女どき』に入っています。

目次を写しておきます。気になった文章には、:以下にコメント、面白かった記事には☆印をつけ、コメントをつけました。

男どき女どき
  再会 :これってエッセイじゃなくて小説じゃないのかしら・・・
  鉛筆
  若々しい女について
  独りを慎む ☆:つい、独り暮らしがだらしさにつながってしまう・・・
  ゆでたまご
  草津の犬
  花束 ☆:森重久弥はそんなにも偉大だったのか。これは、その道をめざすものしか理解できないかも・・・
  わたしと職業
  反芻旅行 ☆:いやいや行った旅行でも、思いだせばいつまでも記憶に残る・・・
  故郷もどき
  日本の女 ☆:日本の女は、っていいますが、これって日本の男の間違いじゃない?
  アンデルセン
  サーカス
  笑いと嗤い ☆:山藤章二の本は、私の宝物でもあります・・・
  伯爵のお気に入り

  花底蛇
  壊れたと壊したは違う ☆:私も父にそう叱られたことが・・・
  無口な手紙
  甘くはない友情・愛情
  黄色い服 ☆:自分で服を選ぶ、ということの責任か・・・
  美醜

映画記者時代
  「映画ストーリー」編集後記
  映画と生活

補 遺
  精神的別居 ☆:そんなに親と同居が厭だとは・・・
  せりふ
  半村良「おんな舞台」解説 ☆:大好きな半村良、早速読みなおさなければ・・・
  源氏物語・点と線 :どうも「点と線」の部分が見つからない・・・
  きず
   書誌一覧
   年譜

初出は様々な雑誌などに掲載されたようなので、今回は省略しますが、巻末の書誌一覧に詳しく載っているので、そちらをご覧ください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/04/21 23:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。