サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. テクノカットにDCブランド

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

テクノカットにDCブランド
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.4
  • 出版社: 太田出版
  • サイズ:20cm/205p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7783-1211-4
  • 国内送料無料

紙の本

テクノカットにDCブランド

著者 みうら じゅん (著)

こんなことがいつまで続くのだろう?時代はいつ変わるのだろう?新人類ブームに翻弄され、オシャレ・イラストレーターを目指した偽りの日々。苦悩する80年代を描いた、みうらじゅん...

もっと見る

テクノカットにDCブランド

1,337(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

こんなことがいつまで続くのだろう?時代はいつ変わるのだろう?新人類ブームに翻弄され、オシャレ・イラストレーターを目指した偽りの日々。苦悩する80年代を描いた、みうらじゅんの自伝的エッセイ。【「BOOK」データベースの商品解説】

新人類ブームに翻弄され、オシャレ・イラストレーターを目指した偽りの日々…。苦悩する80年代を描いた、自伝的エッセイ。『コンティニュー』連載「あの頃、ファミコンと」を加筆修正し再編集して書籍化。〔「その昔、君と僕が恋をしてた頃」(角川文庫 2013年刊)に改題〕【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

みうら じゅん

略歴
〈みうらじゅん〉1958年京都府生まれ。武蔵野美術大学在学中に漫画雑誌『ガロ』でデビュー。イラストレーター、ミュージシャンなど幅広い分野で活躍。著書に「色即ぜねれいしょん」「自分なくしの旅」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.4

評価内訳

紙の本

青春の一番深いところ

2010/10/04 07:30

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ジーナフウガ - この投稿者のレビュー一覧を見る

青春の巨匠みうらじゅんさんが、80年代の時代の波をモロに浴びながらも、
必死に日々を乗りきっていく様子が描かれた、甘酸っぱくて、ほんのりビター風味の青春自伝。

冒頭、同伴喫茶では場馴れしてるかの様に装い大失敗し、
神様ボブ・ディランのコンサートにいった夜、念願の童貞喪失に、成功する場面が描かれている。

青くて切ない純情の空回り。いつも脳内にエンドレスで掛かるディランの歌には背中を押されたり、
逆に追い詰められたり。常に心に多くの葛藤を抱えながらも、1日中ダラダラと、

ファミコンのプレイに費やし、迫り来る日常からは目を逸らす日々の繰り返し。
それでもロックしているのか俺?を生きるテーマにしているので長髪は切ることが

出来ないままで時代の変化から大きく溝を開けられている。それだけならおとなしくて良いのだけれど、
美大のサブカル友達と連れ立って深夜の映画館へと潜り込み、

展示されていたゴジラのソフビ人形を2つ盗難して来る始末だし性質が悪く出来ている。
なんでこんなにダメダメな青春を赤裸々に綴っただけの文章が激しく胸を打つのだろうか?

特に、みうらさんが師匠と崇め、事務所に入り浸っていた糸井重里さんからの再三の
『おまえ、髪の毛、切れや』及び『それにおまえ、高円寺を出ろや』との忠告を聞けずに

ついつい高円寺の街をさ迷う【高円寺ゾンビ】な日々を送っていた時に、
糸井師匠から、愛想を尽かされ、破門されてしまう下りには、思わず自分の心臓もギュッと

締め付けられた様な気分になった。自分とは一体誰なのか?自分って一体何?
自問自答を何度となく繰り返しても答など出ない問いの重さに、いつの間にか、

自分探しではなく自分なくしの道を歩き出すみうらさん。
自分の人生は『青春ノイローゼ』だと言い切れる態度に潔さを覚えた。

ずっとコンプレックスを抱いていたロックにもバンドブームの時代、イカ天出場を果たした事で、
敬愛していたバンドのメンバーたちから祝福の電話を貰い、

ようやくコンプレックスを消す事が出来たと述べているし、特筆すべき点として、
自分の伝えたい事を渾身の力で描いたという傑作漫画『アイデン&ティティー 』においては、

初めて師匠糸井重里さんに『やればできるんじゃん』との賛辞の言葉を得ているのだ。
読んでいて思わず鳥肌が立った。『やったね、みうらさん!!』拍手を送りたい位感動した。

この作品には、悩みや不安、葛藤と言った物が『これでもか!』と詰まっている。
でも、内容の全てがみうらさんが実際に感じたであろう本音に溢れているので、不思議な説得力がある。

タイトルの『テクノカットにDCブランド』と言う通り、目に見える変化や、
成長ばかりが求められていた時代に、不器用ながらも真っ正直この上ない、

生き様で通して来た人だからこその魅力であろう。現在、
自分の生き方に迷っている人にこそ読んで欲しい傑作です!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/11/11 14:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/17 18:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/06 11:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/12 08:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る