サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 達人に学ぶ「知的生産の技術」

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

達人に学ぶ「知的生産の技術」
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2010.4
  • 出版社: NTT出版
  • サイズ:21cm/145p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7571-2243-7
  • 国内送料無料

紙の本

達人に学ぶ「知的生産の技術」

著者 勝間 和代 (ほか述),知的生産の技術研究会 (編著)

脳科学者・茂木健一郎、ITジャーナリスト・佐々木俊尚など、現代の「知の最前線」を疾走する9人を取り上げ、彼らのポリシー、メソッド、フィロソフィーの核心に迫る。【「TRC ...

もっと見る

達人に学ぶ「知的生産の技術」

1,512(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

脳科学者・茂木健一郎、ITジャーナリスト・佐々木俊尚など、現代の「知の最前線」を疾走する9人を取り上げ、彼らのポリシー、メソッド、フィロソフィーの核心に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

すべての情報をデジタル化する 関口和一 述 3−20
維新へと向かう時代の「知」 茂木健一郎 述 21−36
独創人のすすめ 軽部征夫 述 37−48

著者紹介

勝間 和代

略歴
〈勝間和代〉早稲田大学ファイナンスMBA。経済評論家。公認会計士。株式会社監査と分析代表取締役。内閣府男女共同参画会議議員。中央大学ビジネススクール客員教授。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ワンランク上を目指す人のための、「勉強法」を越えた「知的生産の技術」

2010/07/01 14:07

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サトケン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「知的生産」にかんしては老舗といってよい「知的生産の技術研究会」は、この分野では原典となる梅棹忠夫の『知的生産の技術』(岩波新書)に触発されてできた団体であるが、その設立40周年記念の一環として、昨年出版された『知の現場』(久恒 啓一監修知的生産の技術研究会編、東洋経済新報社、2010)につづく第2弾が、本書『達人に学ぶ「知的生産の技術」』である。

 本書に収録されたの「知的生産者」たちとインタビューのタイトルは以下のとおりである。

 すべての情報をデジタル化する(関口和一)
 維新へと向かう時代の「知」(茂木健一郎)
 独創人のすすめ(軽部征夫)
 見る前に跳べ(久米信行)
 すべては一%の本質をつかむために(勝間和代)
 メディア変革期における情報発信とは(佐々木俊尚)
 本作りという知的生産の場に生きる(土井英司)
 世界の「現場」で鍛えられた発想と行動力(蟹瀬誠一)
 自分の足元を深掘りしていけば必ず新たな知見が見つかる(久恒啓一)

 前著 『知の現場』のbk1書評で、「ただ欲をいえば、新しい世代の、情報技術を使いこなして「知的生産」に従事する事例を大幅に増やして欲しかったところだ」と私は書いたが、本書はその期待に120%応えてくれるものとなった。
 とくに一般のビジネスパーソンにとっては、目標とすべき「知的生産者」たちが、従来のものと比べて、ずっと敷居が低くなったのではないだろうか。本書に登場する「知的生産者」たちは、自分なりの「知的生産」の方法論を編み出すことによって一歩突き抜けた人たちであり、けっしてもともと天才肌だったわけではない。
 いわゆるビジネス書を出版している著者も多く含まれているが、売れ筋のビジネス書の著者の発想の原点がどこにあるか知りたい人にも、大いに参考となるだろう。

 ビジネス書には飽きたらず、さらにワンランク上を目指しているビジネスパーソンが「盗み取るべきワザ」に充ち満ちた一冊である。強く薦めたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/07/01 11:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/11 19:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/12 11:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/29 20:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/12 22:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/02 17:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/15 08:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ビジネス実務・自己啓発 ランキング

ビジネス実務・自己啓発のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む