サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. デュアン・サーク 2-13 導くもの、導かざるもの 下

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

デュアン・サーク 2-13 導くもの、導かざるもの 下(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2010.4
  • 出版社: アスキー・メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/258p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-868464-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

デュアン・サーク 2-13 導くもの、導かざるもの 下 (電撃文庫)

著者 深沢 美潮 (著)

ルルフェットを救うべく、テレポーテーション魔法の訓練を始めたデュアン。シドの剣を鍛え直すため、レッドドラゴンのもとへと向かったアニエスとクレイ・ジュダ。そして、闇魔打倒の...

もっと見る

デュアン・サーク 2-13 導くもの、導かざるもの 下 (電撃文庫)

572(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

デュアン・サークII(13) 導くもの、導かざるもの<下>

572 (税込)

デュアン・サークII(13) 導くもの、導かざるもの<下>

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ルルフェットを救うべく、テレポーテーション魔法の訓練を始めたデュアン。シドの剣を鍛え直すため、レッドドラゴンのもとへと向かったアニエスとクレイ・ジュダ。そして、闇魔打倒の鍵となるスペルを探してピスマイのダンジョンを探索するサヴァランと金目銀目たち。それぞれが最善の手を尽くして闇魔を討ち滅ぼそうとするが、夥しい数のモンスターに囲まれ猛攻に晒されるエベリンの危機に間に合うのか…?ついに立ち上がったデュアンとともに、物語は動き出す。闇魔との最終決戦に向けた第13巻。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2010/05/31 18:04

投稿元:ブクログ

最終エピソードの下巻。今回で完結…と思いきや続きました(^^;
ただ物語のパーツは全て揃ったと思うので次巻の完結を待ちたいと思います。

2010/04/29 11:12

投稿元:ブクログ

デュアン・サーク完結編、と思いきや終わりませんでした。
上中下編という形としてはやや中途半端な終わりなってしまっていますが、結果としてはダークイービルとの最終決戦の前哨戦までを描いている格好になっています。
ぶっちゃけ11~13巻では、主人公であるデュアンは運ばれたり教えられたりであまり活躍していません。デュアンを取り巻く人たちが懸命に彼を救うべく闘う姿を描いた一遍と言えます。
この後はいよいよデュアンの闘いになるのでしょう。

2010/06/30 21:56

投稿元:ブクログ

終わらないのかよ。って思ったけど、駆け足で終わるのも嫌だから、良かったかな。
次に前後編がでてようやく終わるくらいかな。

気がつけば、結構長いシリーズですね。

アニエスがデュアンへの恋心を自覚しちゃったら、更に泥沼じゃん。ルルフェに勝ち目がなさそうだから気の毒すぎる。。おっさん声発してるし。
先生が恋愛を語るのも面白かったです。

この巻は主要なキャラがいろんなところに居て、同時に複数の場面でストーリーが進んでいくから、1冊読んでも大して話が進んでいない^^;ようやく皆がエベリンに集まるから、次巻はぐんぐんストーリが進んでくれると思います。
最終回はいつになるんだろ

2010/04/11 00:00

投稿元:ブクログ

クライマックスに向けてのどきどきした展開となりました。気づけばデュアンも21冊出てるんですね、、、長い間に成長したものです。。

2010/05/08 18:45

投稿元:ブクログ

完結までもう少し…結末が早く読みたい気持ちで一杯だったんですが、ここまでくるとキャラに愛着が湧き、悲しくなってきました(笑)
途中に、青の聖騎士伝説のエピソードが出てきてので青の聖騎士伝説を読んでから読むことをオススメしますが、読んでなくても十分に楽しめますよ♪

2011/01/25 12:01

投稿元:ブクログ

予想通りエンディングとはならなかった今作。
今回も感情移入できないまま、けれども第三者視点として感情移入せずに読めばいいやと割り切ればそれなりに楽しめるお話でした。
そしてアニエスとデュアンはいつくっつくんだろうとそればかり気にしている私がいる。ルルフェには悪いけど。
チェックが叫ぶのを我慢してる所が今作一番の萌えポイントでした。

2012/08/07 01:16

投稿元:ブクログ

私の関心事はもうデュアンがルルフェとアニエスどちらを選ぶのか、と言う一点に絞られているので、感想と言っても大したことは書けませんが。

ラノベで連載もの?一話完結でない作品の感想って難しいですね。これまで色々とレビューを書いてきましたが、ラノベが一番難しいかも。

私、最初に始めたブログがレビューブログだったんですよ。主にお菓子やコンビニグルメの。

レビューってどうしたって個人的主観、趣味嗜好が出るので、参考にしてもらう、と言うよりは自分用の記録、って感じなんです。自分の趣味嗜好に近い方のレビューなら参考になると思いますけど。

話は逸れましたが、本作。
中間地点と言うか、通過点なので、特別感想が無いんです(爆)

あと二冊で完結らしいので、それを読まないとまとまった感想にならないかと(^^;)
今年の三月にその完結編が出るそうですから、楽しみに待ちます。

ところでオパールってシドがその後どうなったか知らないんじゃ無かったっけ…?
長編過ぎて色々情報がこんがらがってるなあ…
色々超越した存在だからこじつけるのは簡単ですけど。

デュアンはゲイリーの元に飛んでいったのかなあ。

あと、デュアンて最初から金髪でしたっけ。何故か私の中では薄茶色ってイメージがあるんですが。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む